注目のスーパーフード「キヌア」をお茶で手軽に取り入れよう

注目のスーパーフード「キヌア」をお茶で手軽に取り入れよう

注目のスーパーフードである「キヌア」。サラダやご飯に入っているイメージですが、レシピを検索したり毎回茹でるのが面倒だと思っている方はお茶にしてみてはいかがでしょう?持ち運べば外でも飲めますし、美容にも良いキヌアの栄養を摂ることができます。

キヌアがスーパーフードだと言われる所以

「美容に良い」と聞くスーパーフードの「キヌア」。でも調理しないといけないし、ちょっと試すのには敷居が高いですよね。そもそもなぜ「キヌア」はスーパーフードと言われるようになったのでしょうか?

キヌアは雑穀に分類され数千年も前から南米で食されてきました。キヌアはお米とほぼ同じカロリーですが、タンパク質がお米の2.3倍、カルシウムは9倍、鉄分は6倍、マグネシウムは8.5倍、亜鉛は2.2倍、カリウムは6.4倍、そして食物繊維に至っては14倍も多く含まれているのです。その他、ビタミンB群も豊富で葉酸は緑黄色野菜に匹敵するほど含まれており、良質な脂質、体内で合成されない必須アミノ酸のバランスもとても良いのだとか。そのため健康面だけでなく美肌、美髪、ダイエットなどにも効果が期待できるということで「スーパーフード」と呼ばれるようになりました。

しかしキヌアは炊飯器で1時間炊いたり、茹でるのに20〜30分かかったりとあまり馴染みのない食材だということも加わり簡単に取り入れづらい印象も。
そんな時は持ち運びもできていつでも飲める「キヌア茶」にするのも一つの手です。

スーパーフードの「キヌア茶」の作り方

○材料
キヌア 好きなだけ

○作り方
キヌアを茶色くなるまで乾煎りする。150gずつに小分けにして涼しい場所に保管しておく。

○飲み方
キヌア150gをポットに入れ沸騰したお湯を300ml入れる。15分後、中のキヌアを茶こしなどを使って取り除いて出来上がり。

キヌアの栄養を余すことなく摂りたい方は取り除いたキヌアも食べられます。サラダに入れたり、ご飯を炊くときに白米と一緒に入れると良いです。炒ったキヌアは湿気ないように1週間ほどで使い切りましょう。食物繊維が豊富なのでお腹がゆるくなった場合は薄めて飲むなどご自身の体調に合わせて調整してください。

お茶にすれば水筒に入れて職場や外に出かける時も飲めますね。「キヌア茶」は香ばしくて美味しいのでオススメですよ。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事