高田賢三『夢の回想録 高田賢三自伝』〜世界の檜舞台で一流を築いたデザイナー〜

高田賢三『夢の回想録 高田賢三自伝』〜世界の檜舞台で一流を築いたデザイナー〜

大切にはいているギャザースカートがひとつあります。
川島屋百貨店

高田賢三

『夢の回想録 高田賢三自伝』

 高田賢三『夢の回想録 高田賢三自伝』
 精緻なジャカード織りで表現された、咲き乱れる芍薬の柄、後側が膨らんでいる優美なシルエット――世界を舞台に活躍を続けている高田賢三さん(以下、ケンゾーさん)の手によるものです。

 ケンゾーさんは1965年にパリに渡り、1970年に「ジャングル・ジャップ」というブティックを構えて「KENZO」の名でコレクションを発表。ファッションの中心地であるパリで、確固たる地位を築きました。

 ポップで艶やかな色、大胆で華やかな柄、ロマンティックでゆったりしたシルエットなど、ファッションデザインとして高い評価を得て、人気ブランドになったのです。

 70年代の後半、川久保玲さん、三宅一生さん、山本耀司さんなど、日本のファッションデザイナーがパリに進出しましたが、先んじて途を切り拓いたのはケンゾーさん。パリというファッションの本丸に拠点を置いて活躍した第一人者と言っても過言ではないのです。

 そのケンゾーさんが、自身の半生を綴ったのが「夢の回想録 高田賢三自伝」です。

 幼い頃から抜群に絵が上手、文化服装学院時代に栄えある「装苑賞」を受賞、日本のアパレルに勤めた後、パリに渡って自力でブランドを立ち上げて成功するまで――才を秘めた若者が、世に出ていくストーリーと、その背景にある1960年代から70年代にかけての日本と世界を取り巻くファッションのパワーがぐいぐい伝わってきて、惹き込まれてしまいます。

 “衣服からの身体の解放”をスタイルに、身体をきつく締め付けるのではなく、ゆったりした着やすさを重視した服を追究したこと。中国やアフリカ、日本の民族衣装を取り入れた、いわゆるエスニックファッションの先鞭をつけたこと――ケンゾーさんが生み出したファッションと、その背後にある思想は、今という時代にあっても古びるところがありません。

 それは、力あるデザイナーの仕事としての普遍性を備えているから。とともに、社会における女性の役割、世界と民族のかかわりなど、今の社会が向き合っている大きな課題と、ケンゾーさんのデザインに共通するところがあるからではないでしょうか。

「僕はいつまでも夢を追い続けたいと思っています」というケンゾーさんの言葉は、ファッションそのものが持っている大事なことと、改めて噛みしめました。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
 高田賢三
高田賢三
『夢の回想録 高田賢三自伝』
価格:900円(税別)
問い合わせ先:日本経済新聞出版社
川島蓉子 かわしま・ようこ
1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。