髪は乾かし方でこんなに変わる?!髪を傷めない正しい乾かし方を紹介

髪は乾かし方でこんなに変わる?!髪を傷めない正しい乾かし方を紹介

髪をサラサラに保つには、髪が傷まない正しい乾かし方を意識することが大切です。また、ショート、ボブ、ロングヘアによってドライヤーの使い方を変えることで、前髪をふんわりさせる、くせ毛をはねないようにすることも!?早くて髪に優しい乾かし方をご紹介します。

髪が傷むのはドライヤーのせい?早い乾かし方でやってはいけない2つの事

タオルでこする

まず早く乾かすためにやってはいけないことをご紹介する前に、髪がどのように構成されているかをご紹介します。

髪はその1本が全て同じ構造から成っていると思われる方も多いかもしれません。しかし髪は3つの違った部分からなっています。

「メデュラ」と呼ばれる部分は髪の一番内部にあり、中心部の芯となる部分です。「コルテックス」という部分は真ん中に位置していて厚みがあります。そして、その表面を薄い層が覆っているのですが、その部分を「キューティクル」と言います。この3つの部分で一番なじみがあるのはキューティクルという部分ですよね。

キューティクルは毛小皮や毛表皮とも呼ばれています。このキューティクルはその別名のように皮のようなイメージで、髪の表面を覆っています。キューティクルは外の刺激から髪の内部を守るための部分で、無色透明で硬く、髪のツヤを出している部分だと言われています。

内部に存在する「コルテックス」は、水分とたんぱく質が含まれています。そのため、キューティクルは髪の水分やたんぱく質が損なわれないように、まるで魚のウロコのように根元から毛先に向かって重なり付いています。

表面についているキューティクルを傷めてしまうとそのウロコが剥がれてしまい、髪の内部への穴が開いて、髪の内部の栄養素が損なわれてしまうと言われています。

早く乾かしたいからとタオルで髪をこすり合わせていると、穴が開いている部分から刺激が与えられ続けて水分が抜けやすくなり、たんぱく質も傷んでしまいます。
パサパサしたまとまりにくい髪になってしまう原因は、キューティクルが剥がれたことによって髪がもろくなってしまうことにあると考えられています。

濡れたままくしでとかす

「ドライヤーをかける時間を短くして髪の傷みを防ぐ」といった理由から、入浴後などの濡れた髪をくしでとかしてからタオルでふくという髪の乾かし方があるそうですが、これは実は避けるべき方法です。

濡れた髪というのは、とても傷みやすい状態だと言われています。
肌も濡れるとふやけますよね。それと同様に、髪表面にあるキューティクルも、肌と同じ成分のケラチンを主成分として成り立っています。

キューティクルは摩擦に弱くはがれやすいため、目の細かいくしでとかしてしまっては、さらに髪を傷めることになってしまうのです。くしでとかすことによってキューティクルが剥がれてしまった髪は、ダイレクトにドライヤーの熱によるダメージを受けてしまいます。

髪の表面にあるキューティクルを大切に守るためには、くしでとかさずにまずは優しくタオルドライすることが大切です。

ボブ、ロング、ショートなど髪型に合わせて!傷まない正しい乾かし方でサラサラヘアー

基本のブロー方法

●準備
まず、ドライヤーを使う前にしっかりタオルドライをします。
その際に、髪はこすり合わせないようにしましょう。
髪ではなく、頭皮の水分をふくようなイメージで水分を取っていきます。
そして、毛先は最後にタオルでそっと挟み、こすらず押さえるようにして水分を取りましょう。

しかしポタポタと水が落ちるようだとドライヤーをあてる時間が長くなってしまうため、毛先の水分もしっかりとタオルドライで取ることが、早く正しい乾かし方につながります。

●トリートメント
髪の傷みが気になる方は洗い流さないトリートメントを付けるのがオススメです。
髪をドライヤーの熱から保護するためには、効果的だと言われています。
また、商品によって乾かした後の髪の質感なども変わります。

洗い流さないトリートメントを使用する場合は、商品ごとの使用量をしっかり守って、一度手のひらに出してよく伸ばして馴染ませ、髪全体につけます。
こうすることで全体にムラなくつけることができるはずですよ!
ムラが気になる方は、髪全体に付けた後に、少し粗目のコームなどでとかせば、よりムラなくつけられるでしょう。

●ドライヤーを使う!
ここからドライヤーを使って髪を乾かしていきます。
まずドライヤーを髪から10cmほど離して当てます。最初に髪の根元、次に前頭部の辺りから後頭部あたりに向かって、最後に襟足やこめかみといった部分を乾かしていきましょう。
この順番で髪を乾かし、全体の8割程度乾かしたら、仕上げのトリートメント剤やヘアオイルを使ってまとめていきましょう。


基本のブロー方法はこのようなやり方です。
慣れないうちはここまで乾かすのに時間がかかってしまうかもしれません。しかし、慣れてくれば自然とこの流れで乾かすことができるようになるため、時間がかからなくなりますし、習慣づけることによって髪のツヤもよくなり、サラサラヘアーを手に入れられると言われています。

トリートメントにお金をかけなくてもブローに気を使うだけで美髪には効果的だと考えられます。
そのため、基本的なブロー方法をしっかり守ることが大切です。

●くせ毛の対策に
髪を乾かす時のポイントを押さえておきましょう。
ドライヤーで乾かす順番は前述した通り、前髪の根元、頭全体の根元、毛先という流れです。こうすることによって、効率的でキレイにブローすることができます。

さらに、前髪以外の部分で気になるくせが出やすい部分は先に乾かしておくといいでしょう。
くせがあるところは、濡れている状態が一番直しやすいと言われています。乾いてしまうと直しにくくなってしまうため、できるだけ早く直すようにしましょう。
はねない髪にするために、自分のこだわりのある場所、くせが気になる場所などを一番初めに乾かすのがおすすめです。

そして、根元や前髪などを乾かす時は、指で根元をこすったり左右にゆすったりしながら髪を乾かしていくといいでしょう。
こうして乾かせば、根元にあるくせが出にくくなる、髪がふんわりと乾きやすいというメリットを感じられるはずですよ!

前髪がパカっと割れて困っている方や、分け目を無くしたいと思っている方は、濡れているうちに指でくせを消すように、髪を左右に振って根元からクセをなくすように乾かしていきましょう。

この工程はヘアスタイルを保たせるうえでもとても大切なので、しっかり行いましょう。
根元が完全に乾くまでしっかりと乾かすことが大事です。

●ドライヤーの温度
また、ドライヤーから出る温風はメーカーによっても違いますが、平均すると110℃にもなると言われています。そのため、早く乾かそうとして頭皮に近づけすぎると頭皮や髪もやけどしてしまいます。ドライヤーは頭皮から20cm位離して当てるように注意しましょう。

髪型によっての乾かし方のポイント

●ストレートロングヘアのブロー方法
まずは、基本のブローと同じように根元からドライヤーをあてていきましょう。ロングのヘアスタイルをサラサラのストレートに仕上げるためには、ブロー前には髪は濡れていた方が良いでしょう。

ブローに使用するブラシは、なるべく毛がたくさんついている獣毛ブラシなどを使用するのがおすすめです。

ブラシでとかしながら、上から下にブローしていきましょう。
髪の毛の内側はブローしなくても大丈夫です。毛先はヘアブラシで形を固定して冷風を当てます。少しだけ内側になるように整えるとキレイな印象に仕上がりますよ!

●ボブヘアのブロー方法
ボブヘアも、基本はロングヘアと同様です。
ロングヘアよりも乾かす範囲が狭く、ブローの仕方がスタイルを美しくできるかに大きく影響します。基本のポイントをしっかりおさえて、ブローしていきましょう!

●ショートヘアのブロー方法
ショートヘアはロングヘアよりもブローの仕方が難しいとされています。もちろん、ただ乾かすだけならショートヘアの方が早く乾きますが、正しいブロー方法をしたいと考えている場合にはロングヘアとは違うやり方が必要になります。

ショートヘアのブロー方法はドライヤーの一番強い風量で後ろから風を当て、髪全体を乾かしていきましょう。軽く手で髪をほぐしながら後ろから前に、左右の髪もブローしていきます。
根元をしっかりと乾かすようにして、8割程度乾かします。

次は前髪のブローに入ります。全体をブローした時に前髪に変なくせがついてしまっていたら右からドライヤーの風を当て左に流れるようして、反対側からも風を当てます。これを行うことによって前髪の変なくせが解消できると言われています。
最後に冷風を当てて髪全体をまとめ上げれば完成です。

くせ毛で悩んでいる人必見!髪質を変化させる!?髪がはねない乾かし方

「ポイント」を押さえよう

くせ毛で悩んでいる人が絶対にしてはいけない事は「濡れたままにしておく」ということです。

髪が濡れている状態だと、キューティクルは開いています。そのままにしてしまうと、髪の中にある水分が損なわれてしまうのです。
一見すると、潤いのある髪に見えてしまいますが、これは間違いです。
さらに髪同士がくっつくことによって摩擦が起こりやすくなります。
キューティクルが開いた状態でさらに摩擦が起こると髪を傷めてしまうため、くせ毛がよりひどくなると考えられます。

そのため、髪を洗ったらすぐにタオルドライして乾かすことが大事です。
くせ毛の方は、内側から乾かすようにするとくせ毛を落ち着かせることができます。
髪を内側から手で持ち上げるようにして根元にドライヤーの風を当てるようにしましょう。
また、ドライヤーの風は広範囲にあたるようにします。一か所に集中して当ててしあうと、その部分が傷んでしまうためです。

さらに、ドライヤーの距離が頭皮に近すぎると火傷してしまうので、程度に離して使うようにしましょう。
くせがあまりない人は、基本の方法を守ればドライヤーだけでしっかりくせ毛をおさえられる言われています。

乾かし方の手順

1、こすらないように注意しながらタオルドライをします。
2、温風のドライヤーの風を髪の内側から、根元を中心に乾かします。
3、最後に冷風を当てて髪を冷まします。
といった流れになります。

最後に冷風を当てるのがポイントになります。
開いていたキューティクルが、髪が乾くことによって閉じてくるので髪にツヤが出て来るはずですよ!
この状態の時に冷風を当てれば、よりキューティクルが引きしまり、ツヤ髪サラサラヘアーを手に入れることができると言われています!

ふんわり前髪を作りたい!髪の乾かし方でおしゃれにもできる

前髪をブローする時のコツ

前髪はとてもクセが付きやすい場所なので、髪全体をブローする場合でも、まず前髪を乾かすことをおすすめします。

前髪の乾かし方は、根元や生え際をしっかり乾かすことが大切になります。
そのため、まずは指先で軽くこすりながら前髪の根元にドライヤーを当てていきましょう。
手で触りながら乾かせば、根元がしっかり乾いているかを確認できますね。

前髪がパックリ分かれてしまうくせがついている場合は、毛の流れとは逆の方向に軽く引っ張りながら乾かすと、くせをおさえやすくなります。
前髪がしっかりと乾いたら、頭全体もくせがついてしまわないうちに乾かしていきましょう。

流し前髪

流し前髪のように流れをしっかりと保ちたい場合には、根元からしっかりと乾かし、流れを作ることが大切です。

前髪を上下で2つに分け、ブロックごとにブローしていきましょう。
まずは下ブロックから乾かしていきます。
下のブロックは、ブラシで髪の中間から毛先にかけて巻き込み、3秒ほどドライヤーを当ててクセをつけます。

次に上のブロックをブローしていきましょう。
上のブロックの場合、ふんわりとしたクセを根元に付けたいので、ドライヤーを当てながら、ブラシで根元部分を斜め上に上げて、引き上げるようにしながらブラシを毛先に向けて滑らせていきます。
上下の髪を合わせて、ブラシでとかしなじませましょう。

ストレート前髪

まず、前髪を軽く濡らしてコームなどでしっかりとかしておきます。
ヘアコームで前髪を右に引っ張りながらドライヤーを5秒程度当てましょう。次に左側も同じように行います。
最後に、前髪を手ぐしでまっすぐに下ろしましょう。それで完成です。

かきあげ前髪

まずは前髪を軽く濡らしましょう。この時にかきあげながら行い、大体の形を決めておくのがおすすめです。

ドライヤーは逆毛を立てるように当てていきましょう。根元が立ち上がるように意識して乾かしていきます。
下から上に向かって温風を当て、温風である程度まで乾いて形が決まったら、冷風を当てて形をキープしましょう。

しっかりキープする方法

せっかく作った前髪、一日中キープできるのに越したことはありません。その場合には、ヘアスプレーを使用するのがおすすめです。
しかし前髪をしっかりキープするにはワックスやヘアスプレーの使用は必要不可欠とも言えますが、つけ過ぎるとベタっとして重さが出てしまい、逆にキープできなくなることもありますよね。
スタイリング剤はできるだけ必要な量だけ付けるように、適量を心がけましょう。

髪の乾かし方をマスターして綺麗な髪を手に入れよう

ブローの手順のポイントを簡単におさらいすると以下の通りです。

髪の内側から手を入れて持ち上げ、根元から乾かす!
ドライヤーは1カ所にだけずっと当てるのではな、く全体に風が当たるように!
最後に冷風で仕上げ!

髪の正しい乾かし方をマスターできれば、髪が傷まない、サラサラになる、ボリュームをおさえることができます。さらにはくせ毛を直すこともできるようになり、扱いやすい髪質にすることもできると言われています。

見た目にも美しく、理想の髪質を手に入れるためには、ドライヤーの使い方をしっかり覚えて毎日正しく乾かすことがとても大切なのです!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事