バナナとお酢で作る、簡単「バナナビネガー」が美肌とダイエットに◎

バナナとお酢で作る、簡単「バナナビネガー」が美肌とダイエットに◎

春は環境の変化や人の動きも多く、壮行会や歓送迎会などの飲み会などもあり、体調管理の難しい季節でもあります。そんな今、お腹がスッキリしないという方へ、簡単に作れて美味!腸内環境改善や美肌効果も期待できる!? 「バナナビネガー」をオススメします。

バナナとお酢のコンビは、ダイエットや美肌づくりに役立つ!?

様々なフルーツビネガーが健康や美容に良いと言われていますが、その理由は「お酢」と「フルーツ」の力にあります。

毎日、大さじ一杯(約15ml)のお酢を飲むと、肥満気味の方の内蔵脂肪の減少や、高めの血圧や血糖値上昇の緩和などに働くのだとか。【参考(※)】

フルーツをできるだけ毎日食べて、その美容効果の恩恵を受けたいものですが、フルーツの種類や気候の影響、出回る時期によっては高価な場合もあり、毎日取り入れるのは難しいと思う方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、比較的一年を通してお財布に優しいバナナとお酢で作る「バナナビネガー」がオススメです。

バナナには、食物繊維と似た働きをもつ「レジスタントスターチ」が含まれるためスムーズなお通じを期待できますし、エイジングケアには欠かせない抗酸化作用を持つ「ファイトケミカル」や、むくみ予防の「カリウム」が含まれているのも嬉しいですね。

バナナとお酢のコラボはまさに「ダイエット」「腸内環境改善」「美肌効果」などが期待出来るということです。

【参考】
※mizkan「肥満気味の方の内臓脂肪を減少」
http://www.mizkan.co.jp/company/health/report/01.html

バナナとお酢のコラボ、簡単!美味しい!バナナビネガーの作り方

それでは、切ってレンジでチンして1日置いたら出来上がり!の、簡単に作れるバナナビネガーの作り方をご紹介します。

【バナナビネガーの作り方】

<材料>
バナナ 皮を剥いて100g(中サイズのバナナ約1本)
お酢(りんご酢・米酢・黒酢など、お好みで)200ml
氷砂糖or黒糖 100g

<作り方>
1.バナナは皮を剥き、幅2cmの輪切りにする。
2.熱湯消毒し乾かしておいた耐熱性の容器に、氷砂糖もしくは黒糖、バナナとお酢を入れる。
3.蓋やラップはせずにそのままレンジで加熱。(500w・40秒加熱、600w・30秒加熱)
4.レンジから取り出し、蓋やラップをして常温で1日置いて出来上がり。

<飲み方>
バナナビネガーを水や牛乳、豆乳で割って飲んでも良いですし、ヨーグルトにかけてもOK。筆者のオススメは、牛乳割りです。飲むヨーグルトのような風味で美味しいです!
ただし、お酢は摂取しすぎると胃が痛くなることもあるので、多くても1日大さじ3杯を目安に飲みましょう。

<保存方法>
バナナビネガーは最長1年は保存できると言われていますが、1ヶ月ほどで飲みきるようにしましょう。気温が高い時は冷蔵庫で保管し、中のバナナは2週間で取りだしましょう。取り出したバナナは、レンジで加熱すると(600w・2分加熱)、バナナジャムになります。

いかがでしたか?バナナビネガーは手に取りやすい材料で美味しく、身体に優しく、コスパも抜群です!是非、お試しください。

※当記事は一部、ライターの体験や知見、味覚を参考にした情報も含まれております。個人により、その効果や満足感、味覚などの感じ方は異なります。

(※本記事は2018年4月7日に公開したものです。一部内容を変更し、再公開しています)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事