永富千晴発【オンナ目線の化粧品ブランド学】より表情が美しく個性が導かれるコスメデコルテの進化版

永富千晴発【オンナ目線の化粧品ブランド学】より表情が美しく個性が導かれるコスメデコルテの進化版

最新の技術と成分を採用したスキンケアやヘアケア、そしてシーズンごとに流行と気分が反映されたメイクアップコスメ。化粧品業界からは日々、数多くの製品...

最新の技術と成分を採用したスキンケアやヘアケア、そしてシーズンごとに流行と気分が反映されたメイクアップコスメ。化粧品業界からは日々、数多くの製品が発売されています。そのなかからアラサー世代に本当に必要な化粧品、そして信頼のおけるブランドを美容ジャーナリスト永富千晴が紹介します。

生きた光で表情美を輝かせて

GINGER1月号で田中みな実さんの“ここだけ話 ♥”にも書いてあったけれど「生きにくさ」を感じている女性は想像以上に多いのでは ないかと思う。取り繕うのも上手だし、造り笑顔も完璧。だけど、理不尽に感じていることも多いから表情が乏しくなりがち。 だから、反対にいま、美人とかかわいいとか関係なく、人を温かな、安心させる表情 や表現をする女性に目を奪われてしまうの だと思う。

そんな時代背景も逆手にとれば、記憶に残る女になれる可能性だってまだある。そんな一筋の希望の光を与えてくれるのが、メイクアップラインをすべて刷新した新生「コスメデコルテ」。まるで光が生きているかのように輝く〈ヴァチュリアスパウダー〉を配合し、“見る人の記憶に残る表情美”を生み 出すというコンセプトだ。
 
例えば、目を際立たせる濡れ艶アイカラ ー、肌を明るく美しく魅せるふっくら濡れ艶ルージュ、オイル艶の上質な輝きで立体感を生み出すクリームチーク。そして、写真にはないけれど、理想的な骨格に整えるノーズシャドウ入りのコントゥアリング効果のあるアイブロウパウダーなんかも優秀。どれも発色や質感の美しさに息を呑む程。光、影、透明感を操り、輝きのグラデーションで表情美をさらに引き立ててくれるから、 苦手なコミュニケーション力を高めるきっかけづくりとしても、最高のメイクアップラインだ。
 
表情はいくつになってもその人の印象として残る、大事なシグネチャー。だからこそ自身のシグネチャーとなる運命の一品が 見つかるはずだ。

〈上から時計回りに〉爆発的ヒットとなったアイカラー〈アイグロウ ジェム〉 で人気のあのコスメデコルテのメイクアップラインが刷新。パッケージもぐっとモダンでエレガントに。 運命の1色を見つけたい新感触のクリームチーク。クリームブラッシュ RD450、 PU150 各¥3,500、ザ ルージュ RD453 ¥3,500、 より軽やかに肌に溶け込む濡れ艶アイカラー。アイグロウ ジェム PK881 ¥2,700/すべてコスメデコルテ

※プライスはすべて税抜です。

撮影/国府泰(スタジオカレント) 
文/永富千晴

関連キーワード

関連記事