デコルテは紫外線が当たりやすい…正しいケアでツヤのある首元に

デコルテは紫外線が当たりやすい…正しいケアでツヤのある首元に

日焼け止めなどを使って顔を念入りに紫外線対策していても、デコルテ周りは忘れていませんか?実はデコルテ周りも紫外線が当たりやすく、紫外線ダメージが蓄積されると首元にシワやたるみができてしまう場合があるのです。

紫外線がデコルテにもたらす悪影響とは?

顔は化粧下地やファンデーションなどを使って簡単に紫外線対策をすることができますが、デコルテ周りの紫外線対策はうっかり忘れてしまいがち。首元は皮膚が薄く、紫外線のダメージをダイレクトに受けやすい部分。紫外線を長い時間浴び続けていると、コラーゲンやエラスチンが破壊され、肌の弾力がなくなってしまいます。さらに急激に乾燥してシワやたるみにつながる可能性も…

紫外線が当たりやすいデコルテのお手入れは慎重に

デコルテは皮膚が薄くて潤いを長時間キープすることが難しいと言われています。もちろん日焼け止めを塗って紫外線対策をすることは欠かせませんが、日焼け止めを塗る前の保湿ケアも重要です。デコルテもフェイスケアの延長として、顔と同様にたっぷりの化粧水で潤いを与えて乳液で保湿をしてあげましょう。

デコルテに日焼け止めを塗るとき、特に鎖骨との境目が塗りにくいため、伸びの良いジェルタイプやミルクタイプの日焼け止めを使うとムラを防げます。首の皮膚はとても薄くて刺激に弱いので、擦らないように優しく丁寧に伸ばしてくださいね。

また専用クレンジングが必要なものだと、日焼け止めを落とすときにデコルテに負担がかかってしまうため、石鹸で落とせるものがおすすめです。日中はスプレータイプの日焼け止めを使えば洋服も汚れにくく、簡単に塗り直すことができますよ。

夜は紫外線ダメージを軽減させるためにも、美白化粧水を浸透させたり、顔に使ったシートマスクを乾かないうちにデコルテに貼り付けるのも効果的です。オイルやクリームを塗ってリンパを流すマッサージをプラスしていけば、デコルテのむくみが取れてスッキリ!顔と同じようなお手入れを心がけてみてくださいね。

丁寧なお手入れでハリツヤのあるデコルテに

首は汗腺が多く、汗をかきやすい部分だと言われているため、柔らかいタオルやハンカチで汗を吸収して日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。顔だけでなくデコルテの紫外線対策や保湿ケアも抜かりなく行い、ツヤツヤの胸元を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事