河北流「眉メイク」の極意①

河北流「眉メイク」の極意①

「河北メイク」における“美人印 象 ”を生み出しているのは 、何を隠そう“ 眉”。
その秘 密は 、骨格さえも美しく見せてくれる眉の形 にあるの...

「河北メイク」における“美人印 象 ”を生み出しているのは 、何を隠そう“ 眉”。 その秘 密は 、骨格さえも美しく見せてくれる眉の形 にあるのです。 顔立ちに大きく影響する眉こそ 、メイクで 一 番の“ 頑 張りどころ ”と言う、河北さん。その理由と描き方のポイントをご紹介します!  

眉を整えると骨格のバランスが整うから、結果”美人印象”に

「顔の中で、眉ほど思いのままに形をコントロールできるパーツはない。大胆に線を描くことができる、というのが大きいと思う。骨格を理想のバランスに整えてくれる眉をキレイに描くことで、“美人印象”は生まれるんだ。眉の美しい人はみんな美人。頑張れば美人の道は近い!」と眉メイクについて熱く語る河北さん。では、どこを目指して描けばいいかというと・・・。

河北さん曰く「顔に、こんなに太く線を引けるところってない。アイラインなんて眉と比べたらちょっとでしょ( 笑)。だからこそ、眉にはパワフルな“顔補整力”がある。そこをもっと丁寧に、 頑張らないでどうするの!」と。具体的に眉を描く場合、どこを注意するかというと・・・。

ズバリ、GINGER世代は地眉を生かした”太ストレート眉”を目指せ!

「自分に元々ある眉を生かすのが基本。フォルムは、目元が自然に強調される太めでストレートなラインを意識してほしい。年齢とともにまぶたが下がってくるので、眉下のラインや眉尻の位置を下げすぎないのもポイント」だそう。

そのときに気にかけたいのが・・・①両眉の高さをあわせてバランスをとる ②眉の下側は直線的なラインを心がける ②眉尻は短めにすると若見え&抜け感がでるそう。

まずは理想眉の形を鏡を見ながら、自分にとっての太眉を思い描いてみて! いつもより大げさ?と思うぐらいが、ちょうどよくて、フレッシュな顔が導き出されるはずです!

関連キーワード

関連記事