女性ホルモンの分泌を促す!? おすすめの運動方法についてご紹介!

女性ホルモンの分泌を促す!? おすすめの運動方法についてご紹介!

女性ホルモンの分泌を促し整えることで、心身の調子が良くなると言われているのをご存知ですか?その方法のひとつに、血液の循環を良くすることが挙げられますが、それには質の良い食事と適度な運動が必要です。今回は、その運動についてご紹介します。

女性ホルモンの分泌を促すおすすめの運動方法〜外出先編〜

血液はひと時も休まず体内を循環し続けているため、週に1度だけジムで2時間運動するよりも、毎日10分間でも良いので少しずつ続ける方が、女性ホルモンの分泌量も増えやすくなります。そこで、無理なく楽しみながら出来る運動をご紹介します。

【外出時におすすめの運動】

<ウィンドウショッピング>
歩くことは最も手軽にできる全身運動ですが「ウォーキング」と聞くとちょっぴり身構えてしまう方もいるかと思います。そこで、運動が苦手な方におすすめなのが、ウィンドウショッピング。雑貨店やコスメショップで、気になる商品をチェックしながら、いつの間にか運動ができてしまう魅力的なトレーニング方法と言われています。お店のショーケースに目移りしていたら、思った以上に歩いていた、なんてことありませんか?そんな時は、結構な運動量になっている場合もあるのです。

<ウィンドウショッピングのPOINT>
できるだけ姿勢をよくして継続的に歩くことで、より高い効果が期待できます。一方、疲れが溜まっている時に無理に運動をしてしまうとストレスが溜まり、血流がかえって悪くなることもあるので、コンディションが悪い日は控えましょう。

女性ホルモンの分泌を促すおすすめの運動方法〜室内編〜

自宅で実践できる運動方法についてご紹介します。アップテンポな音楽をかけながら運動すると脳からアドレナリンが分泌し、発汗が増えたりして、新陳代謝を高める効果が期待できます。気持ちがあがる音楽を聞きながら、ちょっと負荷のかかる運動にトライしてみてはいかがでしょうか。

【室内でのおすすめの運動】

<ぞうきんがけ>
ぞうきんがけは、思っている以上に筋肉を使う全身運動と言われています。しかし、今まで殆ど運動をしてこなかった人が、突然床拭きのぞうきんがけをすると、腰に負担がかかってしまうことがあります。そこで、体が運動に慣れるまでは、窓ふきなどの簡単にできるものから挑戦して、徐々に運動範囲を広げてみてはいかがでしょう。血の巡りがよくなるだけでなく、部屋がピカピカになれば心もすっきりすることでしょう!

<ストレッチ>
血行を良くするには、ストレッチなどの柔軟運動もおすすめです。手足をのばしたり、足を屈伸するなどシンプルな動きでも良いので、1日1回10分程を目安に毎日続けるようにしましょう。特に寝る前に行うことで筋肉の緊張がほぐれ、睡眠の質も良くなるそうです。

いかがでしたか?適度な運動で、女性ホルモンの分泌を促してバランスを整え、体の中からワンランク上の健康美人を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事