天然の安定剤レシチンで辛いPMSを乗り越えよう!おすすめの食材

天然の安定剤レシチンで辛いPMSを乗り越えよう!おすすめの食材

生理前、理由もなくイライラしたり憂鬱な気分に悩まされていませんか?このようなPMS特有の心のトラブルには「レシチン」という成分がおすすめ!安全性に優れており、補給することで穏やかな心に改善できると言われているんです。

PMSに悩んでいる女性必見!「レシチン」を含む食材

レシチンはあまり馴染みのない成分かもしれませんが、チョコレートやアイスクリームを製造する際添加物として使われているほか、イライラやストレスを緩和する効果が期待できることから昔は精神安定剤として活用されたこともあったんだとか…!また、レシチンは添加物だけでなく食材からも摂取できます。

<レシチンを豊富に含む食材>
レシチンは大豆レシチン・卵黄レシチンの2種類に分かれており、大豆レシチンは納豆やきなこなどの大豆製品、卵黄レシチンは卵黄に多く含まれていると言われています。どちらもレシチンなのでそれぞれの働きに大きな違いはありませんが、大豆レシチンが血中のコレステロールを減らす効果に優れている一方、卵黄レシチンには神経伝達物質「アセチルコリン」の元となるコリンが含まれているそうです。そのためストレス緩和や認知症・アルツハイマーといった脳に関する病気の予防については卵黄レシチンの方が勝っているようです。

【POINT】
筋肉が硬いと血流が悪くなるためせっかく栄養分をとってもスムーズに吸収されにくいです。レシチンの効果をより高めるためにも半身浴や軽い運動によって日頃からこまめに筋肉のこわばりをほぐしてあげるようにしましょう。

レシチンたっぷりの食材を使ったおすすめレシピ

卵黄レシチンやアンチエイジングに効果的なビタミンEが豊富なおすすめレシピ「たまごサラダ入りそば粉クレープ」の作り方です。ちょっぴり優雅に過ごしたい休日のモーニングタイムやおもてなし用のおやつにもぴったり!

<たまごサラダ入りそば粉クレープ>
【材料1】
・そば粉 40g
・薄力粉 30g
・塩 少々
・豆乳 150cc
・卵 1個
・オリーブオイル 適量
・サラダ菜 適量

【材料2】
・ゆで卵(細かいみじん切り) 5個 
・クリームチーズ 50g
・塩胡椒 適量
・酢 大さじ2
・マヨネーズ お好みで

【作り方】
1.ボウルにそば粉・薄力粉・豆乳・卵・塩を加え、ゴムベラで混ぜ合わせたらラップをして1時間程冷蔵庫に入れて寝かせます。
2.材料2をボウルに入れ、クリーム状になるまで全て混ぜ合わせます。
3.フライパンにオリーブオイルをひき、1の生地を弱火で焼きます。
4.両面焼けたら皿に移し、サラダ菜・卵サラダをクレープ生地の上にのせて巻いていきましょう。

いかがでしたか?生理前の辛い症状に悩まされている方は是非レシチンを意識的に取り入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事