【お悩み・年代別】まるわかり!アンチエイジング化粧品のススメ

【お悩み・年代別】まるわかり!アンチエイジング化粧品のススメ

30代を過ぎると気になり始めるアンチエイジング化粧品。40代、50代、60代と悩みの種は変わります。そんな悩みに合わせた化粧品をご紹介!おすすめの楽々オールインワン、プチプラコスメ、化粧水ランキングなど20代から取り入れたいアイテムも要チェック!

私の悩みにピッタリなアンチエイジング化粧品は?

シミ、シワ、たるみ、毛穴の開き…肌のエイジングサインはいろいろあります。たくさんのアンチエイジング化粧品が販売されていますが、そもそもどの成分がご自身の気になるエイジングサインに効果があるかご存知ですか?

まずは各エイジングサインに効果的だと言われる成分や化粧品の種類を知って、効率的にエイジングケアをしましょう!

シワには「ヒアルロン酸」「セラミド」「レチノール」「ビタミンC誘導体」

エイジングサインで、まずきになることにシワがあるのではないでしょうか。
シワには、保湿効果の高い「ヒアルロン酸」「セラミド」が効果的だと言われています。また、肌にハリを与える「レチノール」「ビタミンC誘導体」を配合している化粧品もぜひ、チェックしましょう!

シミ、くすみには美白化粧品と医薬部外品(薬用)

日焼けしてしまった過去を後悔するようなエイジングサインであるシミ、くすみ。いつの間にか気になり始めたシミ、くすみには「美白」「医薬部外品(薬用)」を表記している化粧品を選びましょう。これからできるかもしれないシミを予防し、今あるシミを薄くするには「ビタミンC誘導体」「アルブチン」が配合されている化粧品も効果が期待できます。

毛穴のたるみ・開きには「収れん化粧水」「コラーゲン」

毛穴の開きが気になるときは、毛穴を引き締める効果が期待できる「収れん化粧水」をぜひ取り入れてみましょう!このほか、「コラーゲン」「ビタミンC誘導体」も肌にハリを与える効果が期待できるので要チェックです。

たるみ、ほうれい線には「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」

老けて見えてしまうエイジングサインで厄介なのが、たるみやほうれい線。たるみやほうれい線にも「コラーゲン」や「ビタミンC誘導体」を配合している化粧品が効果的だと言われています。また、シワと同様、保湿効果の高い「ヒアルロン酸」「セラミド」も取り入れられるとベストです!

乾燥肌には「AHA」「乳酸菌由来成分」「グリセリン」

「まだ大きなエイジングサインは出ていないけど…」という方も、乾燥はさまざまなエイジングサインにつながりやすく、気をつけてケアしたいところ。少し変わったところで「AHA」「乳酸菌由来成分」「グリセリン」などの乾燥肌対策成分を取り入れて、早めにエイジング予防に取り掛かることもおすすめです◎

20代、30代、40代でもアンチエイジング!人気の化粧水ランキングは?

アンチエイジングを考えたときに、美容液やクリームに目が行きがちですが、スキンケアの土台となる化粧水からもエイジングケアをしたいものです。
年代によって水分、皮脂のバランスが変わってくるため、数あるエイジングケア化粧水の中からご自身の年代に合った化粧水を選ぶことが大切です。20代、30代、40代の各年代で人気&おすすめの化粧水ランキングを紹介します!

20代のエイジングケア

お肌の曲がり角を迎える20代。まだまだ若いといえど、早めのエイジング対策を考える方も多いのではないでしょうか?10代に比べて皮脂量が増えてくる時期であるため、肌のべたつきや毛穴の黒ずみ、大人ニキビが急に気になるということもあるかもしれません。
20代は保湿をしっかりしつつも、べたつかない化粧水がおすすめです。

20代に人気&おすすめの化粧水TOP3はこちら。
1、FANCL「アクティブコンディショニング ベーシック 化粧液」
2、FUJIFILM「アスタリフト ホワイト ブライトローション」
3、小林製薬「ヒフミド エッセンスローション」

30代のエイジングケア

30代になって、急に肌トラブルが増えてきたという方も多いのではないでしょうか?仕事もプライベートも忙しくなるなどの外的要因はもちろん、肌自体も水分量が減る一方で、皮脂量が増える時期であることもとラブの原因として考えられます。

そんな時期は「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などの高保湿成分が配合されている化粧水がおすすめです。合わせて、蒸発する際に水分を奪ってしまう「エタノール」が少ないことも選ぶ際のポイントになります。

30代に人気&おすすめの化粧水TOP3はこちら。
1、FUJIFILM「アスタリフト ローション」
2、FANCL「アクティブコンディショニング ベーシック
3、エトヴォス「バイタライジングローション」

40代のエイジングケア

30代の頃よりシワやシミ、乾燥が気になり始める40代。肌の水分量と皮脂量の両方が減少してくるため、肌をしっかり保湿して油分も与えることが大切です。

40代に人気&おすすめの化粧水TOP3はこちら。
各ブランドが、エイジングケアに特化して展開している化粧品ラインの化粧水が人気のようです!

1、DECENCIA「アヤナス ローション コンセントレート」
2、FANCL「アクティブコンディショニングEX 化粧液」
3、FUJIFILM「アスタリフト モイストローション」

年代や肌質に合った化粧水を選んで、しっかり保湿することが大事ですね!

50代、60代が効果を実感したアンチエイジング化粧品を知りたい!

エイジングケアはいくつになっても女性の永遠のテーマです!若々しい大人の女性が増えている今、50代はもちろん、60代、70代以上に向けた化粧品ブランドもたくさん展開されています。50代以上に向けた化粧品は高い保湿効果と、油分もしっかり補給できるのが特徴です。

50代、60代女性から実感の声が寄せられているエイジングケア化粧品を一挙紹介します!

●メディプラス「メディプラスゲル」
●サントリー「エファージュ モイストチャージローション」
●DECENCIA「アヤナス エッセンス コンセントレート」
●HABA「リフトアップセラム」
●ブライトエイジ「リフトホワイト パーフェクション」
●アンプルール「リフティングクリームV」
●HAKU「メラノフォーカス3D」
●SHIZUKA NEWYORK「ホワイトニングエッセンスローション」
 
肌を柔らかくして角層深くまで保湿する化粧品や、肌全体のくすみをケアする美白化粧品などが人気を集めているようです。

継続しやすい!プチプラのアンチエイジング化粧品

アンチエイジングは1日にしてならず!毎日続けていくことが大切です。ずっと続けていくにはお財布に優しいこともポイントですね。
「1カ月1500円以下!?」そんな、買って損なしのプチプラのアンチエイジングスキンケア化粧品を紹介します。

●シリーズものならこれ!
資生堂「レシピストシリーズ」
<化粧水>220ml/590円(税込)
<美容液>90g/750円(税込)

●化粧水ならこれ!
ちふれ「濃厚 化粧水」
180ml/864円(税込)

●乳液ならこれ!
菊正宗「日本酒の乳液」
380ml/907円(税込)

●スペシャルケアのプチプラアンチエイジング化粧品もたくさん!
ロート製薬「メンソレータム メラノCC 薬用しみ集中対策美容液」
20ml/1180円(税込)

マンダム「バリアリペア プライマルブースター」
75ml/1296円(税込)

クナイプ「クナイプビオ オイルローズ」
100ml/1944円(税込)
20ml/540円(税込)

トライアルセットを活用しよう!

「どんなものか分からないまま、いきなり1本丸々買う勇気がない!」という不安を感じられる方も多いのではないでしょうか?そんなときは、手軽にラインで試せるトライアルセットがおすすめです。さまざまなプランドがトライアルセットを手頃な価格で販売していますよ。イチオシのお得なトライアルセットを紹介します!

●ファンケル「アクティブコンディショニングEX」1830円(税込)
化粧液(約1カ月分)
乳液(約1カ月分)
クレンジングオイル(20ml)
洗顔パウダー(10包)
濃密もっちり泡立てネット(1個)
ポーチ(1個)

●DECENCIA「アヤナス」1480円(税込)
濃密化粧水(約10日分)
糖化ケア美容液(約10日分)
ハリアップクリーム(約10日分)
目元用アイクリーム(1回分)

●オルビス「オルビスユー」webクーポンを使って3024円(税込)
洗顔料(20g、約7日分)
化粧水本品(180ml、約3カ月分)
化粧水(20ml、約7日分)
日中用保湿液(8g、約7日分)
夜用保湿液(5g、約7日分)
ふわふわ抗菌タオル(1枚)

泡立てネットやポーチ、タオルが付いてくるなんて、お得感が余計に増しますね!

大多数の人が気に入っても、自分の肌には合わないという場合や、テクスチャーや香りが好みではないこともあります。トライアルセットも上手に活用して自分に合ったスキンケア化粧品を選んでみてはいかがでしょうか?

アンチエイジング化粧品でもオールインワンはOK!?

大事なことなので何度も言いますが、アンチエイジングは続けることが大切です。手間暇を掛けてお肌をケアしたいけれど毎日忙しくて無理!という方はオールインワン化粧品でエイジングケアを毎日続けましょう!

しかし「オールインワン化粧品はちゃんとケアできているか心配…」という方も多いのではないでしょうか?オールインワン化粧品にもメリットはたくさんありますよ。

まず、化粧水、美容液、乳液、クリーム…などのラインでそろえる必要がないため、コスパが良いという魅力があります。せっかく高い化粧品ラインを買っても、ケチケチして少量ずつしか使わなかったら意味がありません。適量をしっかり使えるコスパで、継続できることがオールインワン化粧品の大きなメリットです。

肌を触りすぎない!

また、オールインワン化粧品はさっと塗るだけであるため、肌を触りすぎないこともお肌にとって良いと言われています。
しっかり効果が出るように…!と、思いを込めて肌を強くこすってしまう、強くたたいてパッティングしてしまうことは多いかもしれません。しかし肌への負荷は少しでも軽減できる方が良いもの。オールインワンの化粧品ならば、お肌に触れる回数が少なくなるため、その点もメリットと言えるでしょう。

肌悩み別オールインワンをご紹介!

「オールインワン」と一言で言っても、商品によってアプローチする肌悩みはそれぞれです。肌悩み別のオールインワン化粧品を紹介します。

●敏感肌の方に…
メディプラス「メディプラスゲル」
アベンヌ「ミルキージェル」

●しっかり保湿をしたい方に…
新日本製薬「パーフェクトワン モイスチャージェル」
シュウウエムラ「マキシハイドラビリティ オールインワンジェル」
オルビス「Rechercher スキンハイドレーションジェル」

●たるみケアをしたい方に…
ドクターシーラボ「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX」

●シミのケアや美白をしたい方に…
ビフェスタ「未来美肌 薬用美容ジェル」
肌研(ハダラボ)「極潤 美白パーフェクトゲル」
素肌しずく「リッチ・トータルエイジング・オールインワンゲル」

●毛穴をケアしたい方に…
ドクターシーラボ「VC100ゲル」

●ハリ、弾力がほしい方に…
SIBODY「プロジェマックス モイスチャーファーミングクリーム」

オールインワン化粧品だけでも十分なケアができると言われていますが、より保湿したい方はクリームや美容オイルをプラスすることもおすすめです!

my BESTアンチエイジング化粧品でいつまでも美肌ライフを!

食べ物も気をつけて万全の対策を!

化粧品はもちろん、食事や睡眠もアンチエイジングには欠かせません。食事では老化の原因になる活性酸素を減らす「抗酸化作用」のある栄養素を日頃の食事に取り入れましょう。活性酸素は体を守るために必要なものですが、多すぎると細胞にダメージを与えてしまうため、シワやシミなどの原因になる恐れもあります。抗酸化作用のある食品は例えばこんなものがあります。

●ビタミンA
レバー、チーズ、卵、ニンジン、小松菜、ほうれん草など

●ビタミンE
ナッツ類、カボチャ、ほうれん草、イクラ、胚芽米、玄米、ひまわり油など

●ビタミンC
イチゴ、キウイ、小松菜、ブロッコリー、ジャガイモなど

●ポリフェノール
ブルーベリー、紫芋、そば、ごま、緑茶など

●カロテノイド
鮭、エビ、トウモロコシ、ほうれん草、トマトなど

睡眠時間の確保もアンチエイジングに大切?

アンチエイジングには、6~8時間の睡眠時間を確保することも大事です。お肌を再生するための成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。その“ゴールデンタイム”は、眠りに入ってから3~4時間という説が有力です。肌のターンオーバーを促して新しい肌に生まれ変わる時間なので、毎日質の良い睡眠をとりたいものです。

ゴールデンタイムをよりいいものにするためには良質な睡眠が大切です。
良い睡眠をとるためには、以下のような行動を意識してみると良いでしょう。

●睡眠の3時間前には食事を終わらせる
●睡眠の2~3時間前にお風呂に入って一度体を温め、体温が下がってきた頃に入眠する
●寝る直前にスマホやテレビなどの画面を見ることを控える
●リラックスできる服装で寝る

自分に合った化粧品を選ぼう!

一言に「アンチエイジング」と言っても、人それぞれ肌悩みのポイントは違います。シワ、シミ、たるみ、毛穴など、肌悩みごとに効果を発揮する成分を意識して化粧品を選ぶようにしましょう。

また、エイジングケアは続けることが何よりも大切だと言えるかもしれません。「高いから少量ずつ使おうかな…」「今日はめどくさいからお手入れしなくていいや…」ではせっかくのケアも、十分な効果を期待できなくなってしまいます!

手頃なプチプラコスメや手間が掛からないオールインワン化粧品など、財布や時間に優しい化粧品をうまく取り入れて、無理なく続けていきましょう。

食事や睡眠にも気をつけて、様々な角度でアンチエイジングを心がけていけるといいですね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事