美乳への近道は肩甲骨にあり?朝ブラジャーをつける前にして欲しい事

美乳への近道は肩甲骨にあり?朝ブラジャーをつける前にして欲しい事

肩や肩甲骨の筋肉がコリ固まっているとブラジャーの後ろが上がり、せっかくブラジャーをつけていても脇の脂肪が逃げたり、呼吸が苦しくなったりするのだとか。体にあったブラジャーを見つけたら、肩周辺の筋肉のコリを取ってあげたいですね。

美乳に欠かせないのは「肩甲骨」の柔らかさ?

「ブラジャーをつけてしばらくするとアンダーの後ろ部分が上がっている」「夕方になるとブラジャーが苦しい」そういう方は肩が上がり、前傾姿勢になっている可能性があります。そんな姿勢になってしまうのは、首や肩、肩甲骨の筋肉がコリ固まっていることが一つの要因だと言われています。

ブラジャーのアンダーが上がると横隔膜の動きを妨げることになり、呼吸が苦しくなります。夕方になるとブラジャーの締め付けが苦しくなる方は肩や肩甲骨の筋肉を正常な位置に戻すと改善するかもしれません。

美乳の近道は「肩甲骨」にあり。筋肉をほぐし、正常な位置に戻すには

ブラジャーを正しくつけるには、肩や肩甲骨の位置が正しいことが重要です。朝ブラジャーをつける前に「肩回し」をすると肩や肩甲骨の筋肉がほぐれるそうですよ。

【肩回しの方法】
1.背筋を伸ばし肩の力を抜く
2.息を吸いながらゆっくりと両肩を上げていく
3.息を吐きながらゆっくりと肩をなるべく後ろまで大きく回す。この時肘から下の力は抜く
4.一連の動きを10回ほど繰り返す

【ブラジャーのつけ方】
1.ホックを止め、アンダーの後ろ部分を下げる
2.片手は脇の脂肪を前に持ってくるように、もう一方の手は脇のアンダー部分を持ちながら後ろに引っ張り、脇の脂肪をカップにおさめる
3.カップの上部分を整える。肩紐をなじませ、後ろ側に送る
4.最後にアンダー部分の後ろを下げる

脇の脂肪は動くとすぐに逃げるので、お手洗いに行った時に肩回しをし、その後脇の肉をカップにおさめる習慣をつけると良いかもしれません。肩甲骨のコリもほぐれ気持ちも良いですし、肩回しをする前とした後ではバストトップの位置も変わってくるそうです。

今回は、肩甲骨の筋肉をほぐすことで美乳に近づく方法をご紹介しました。肩や肩甲骨の位置をなおすと本当のバストトップの位置にもなるので、気づいた時に肩回しをしたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事