最近の化粧水はプチプラでも超優秀!敏感肌用や高保湿の化粧水も紹介

最近の化粧水はプチプラでも超優秀!敏感肌用や高保湿の化粧水も紹介

毎日使用する化粧水。保湿やエイジングケアができて、30代・40代になっても使い続けられるものを選びたいですよね。その上、プチプラでコスパが優秀なら言うことなし!大人の女性が安心して使用できるプチプラ化粧水の成分や選び方をご紹介します。

プチプラ化粧水って、肌が荒れそうなイメージ・・・

安い化粧水を使用していて肌がピリピリしたり、吹き出物ができて合わないな・・・と感じたとき、なんとなく価格のイメージから「安い化粧水はよくない」「プチプラの化粧水はダメージが強く、肌荒れをおこす」「若いときはいいけどシミやしわに効果がない」などと思ったことはありませんか?

価格だけで選ぶのではなく、年齢や季節、女性特有の周期の関係で日々変化する肌だからこそ、基礎化粧品である化粧水の定期的な見直しも大切なのです。
安い=肌に悪い、ではなく今の自分の肌に合ったものを選ぶため、プチプラ化粧水がどんなものなのか、化粧水選びのポイントを押さえていきましょう。

そもそもプチプラ化粧水って、どんなもの?

プチプラは、“プチプライス”という名の通り、安い・買いやすい値段の商品のことです。
ドラッグストアで購入できるものでも高価格な化粧水もあるため、一概にプチプラ=ドラッグストア製品とはいえません。

内容量に対する価格が基準となりますが、化粧水の容量は平均180~200mlなので、1本あたり1,500円以内で買うことができる化粧水なら大人の女性にとって「プチプラ」と言えるでしょう。

プチプラ化粧水って本当に安いけど、安心なの?

プチプラ化粧水だからといって「肌に悪い」「安全性がない」というわけではありません。
資生堂やカネボウ、コーセーといった国内大手の化粧品会社や製薬会社など、商品開発に力を入れている信頼性の高いメーカーも、今ではターゲット層を広くもち、薬局やスーパーなどで低価格販売できるプチプラ化粧品を多く展開しています。

また、価格が高い化粧水は、ブランド広告費やブランドイメージに合った高級感のあるパッケージの使用、デパートの販売員さんにかかる人件費などたくさんのコストがかかります。
その点プチプラのものはコストが抑えられる分、品質や効果は優秀でありながら低価格。安心できる成分の化粧水も多く販売されていますよ。

化粧水を選ぶコツは?

スキンケアの土台ともいえる化粧水選びですが、たくさんの有効成分が含まれており、何を基準に選べばいいか迷ってしまいますよね。
化粧水はスキンケアの中でも肌の調子を整える役割をしているので、あなたの肌悩みに合った保湿成分が含まれているかどうかという点を重視すると良いでしょう。

乾燥肌の人だけでなく、オイリー肌の人にも皮脂の過剰分泌を抑える役割をする「保湿」はスキンケアに欠かせません。
保湿に有効な成分のうち、特に注目したいのは「セラミド」です。乾燥対策だけでなく、敏感な肌状態を和らげたりエイジングケアにも働くため、美肌維持には欠かせない保湿成分なのだとか。

これは優秀!30代の女性におすすめプチプラ化粧水

20代に比べ肌の悩みが増えてきた30代女性におすすめのプチプラ化粧水をご紹介します!
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

●しっとり化粧水 NA (なめらか本舗)200ml 600円

肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れやすくなってくる30代以降は、不要な角質が肌表面に残りやすくなり、20代に比べ肌が硬くゴワゴワしてしまうようです。
この化粧水に含まれている保湿成分「豆乳イソフラボン」が肌に弾力を与え柔らかくしてくれるので、スキンケア全体の浸透力をアップさせてくれますよ。

●リッツ モイストローション 150ml 1270円

30代になり気になるのが肌のくすみ。その原因は加齢による新陳代謝の低下が大きいようです。
この化粧水は、セラミドを含む3種類
保湿成分や植物幹細胞由来の成分などが配合されています。くすみやむくみが改善され明るく引き締まって肌が整うと、口コミ人気も高いアイテムのようです。

40代の女性が使ってみるべきプチプラ化粧水は、これ!

しわやたるみなど、エイジングサインがでやすい40代女性。乾燥だけでなく、加齢による肌悩みを解決してくれそうなプチプラ化粧水をご紹介します。
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

●肌ラボ 極潤オイルイン化粧水 220ml 816円

化粧水にオイル!?と思うかもしれませんが、配合されているのは美肌効果の高い「植物性スクワランオイル」です。オイルの中でも酸化しにくい天然成分で、敏感肌の人にも安心してお使いいただけるようです。
また、スクワランは保湿に優れているだけでなく、肌の新陳代謝にもいい成分なので、40代女性こそ使ってほしい化粧水と言えます。

●シンデレラタイム エクストラモイストローション 高保湿タイプ 150ml 1382円

こちらは、プチプラなのにエイジングケアができる美容成分がたっぷり入っているのが魅力です。
ナノコラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸といった、肌のハリにアプローチする成分や、肌の状態を整えるのに役立つプラセンタなど、美容液並みのスキンケア成分が配合されています。

プチプラ化粧水の中でも、敏感肌におすすめなのは?

敏感肌の人は表面の角質層にあるバリア機能が低下しており、紫外線や花粉といった外気の影響だけでなく化粧水による刺激にも敏感に反応してしまいます。

そんな敏感肌の人には、バリア機能の回復につながる保湿成分がたっぷり入っており保水力を高めてくれるような化粧水がむいています。
赤みやかゆみの原因となるような、肌に負担となる刺激的な成分が含まれていないかどうかという点にも気をつけましょう。

敏感肌用の化粧水には、どんな有効成分が入ってる?

敏感肌用の化粧水には「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」といった肌に優しく保湿効果の高い成分が配合されています。

これらの成分には肌を和らげてくれるだけでなく、肌内部の水分量をアップさせ弾力のある潤った肌に整えながら水分を外へ逃がさないようにする効果もあると言われています。
何もしないでいると年齢と共に肌から減少していく成分なので、化粧水で補えるのはうれしいですね。効果の感じ方には個人差がありますが、継続して使用することで効果が発揮される確率が上がるようですよ。

敏感肌には、何が入っていない化粧水を選ぶべき?

外的刺激を受けやすい敏感肌さんにとって、化粧水に配合されている成分選びはとても大切です。敏感な肌状態を和らげてくれる、バリア機能を高める成分が入っていることも重要ですが、赤みやかゆみなどのダメージをともなう成分が入っていないかどうかにも目を向けましょう。

肌にとって刺激となり負担がかかる成分として注意したいのは「エタノールなどのアルコール成分」「ビタミンC誘導体」「香料や防腐剤」です。

エタノールは化粧水の成分の腐敗を防ぐ効果があるといわれており、化粧水に含まれていることが多いアルコールです。殺菌作用があるため、肌自体の免疫機能を低下させ、肌に必要な水分を奪ってしまうことがあるといわれているため、敏感肌の人は赤みやピリピリとした痛みを感じることがあるようです。

また、抗酸化作用が高く、くすみ・しみ・しわなどエイジングケア効果もあるといわれているビタミンC誘導体も高濃度なものは刺激の強い成分です。紫外線にも弱いので、敏感肌の場合は化粧水の成分表示をしっかりチェックしましょう。

敏感肌な方におすすめのプチプラ化粧水!

化粧水選びに慎重になりがちな敏感肌の人にも安心して使用できる、おすすめのプチプラ化粧水をご紹介します。
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

●無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ 200ml 1151円

外的刺激から肌を守ってくれるスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスが配合されており、ヒアルロン酸による保湿効果も期待できる化粧水です。
ノンアルコール・パラベンフリーなので敏感肌の人にも安心ですね。

●菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿 500ml 594円

日本酒(コメ発酵液)と保湿成分セラミド配合で、肌機能を整えながら、しっとり柔らかい肌に導いてくれる化粧水で、口コミ人気も高いアイテムです。
弱酸性・無着色で刺激が少なく、プラセンタやアルブチンといった美容成分も入っています。

ニキビができやすい女性におすすめのプチプラ化粧水は?

ニキビができやすい肌の人が、必ずしもオイリーな肌状態なわけではありません。ニキビは肌の水分と油分のバランスが崩れ、皮脂のバリア機能が働かなくなったことで毛穴が炎症を起こしてしまうため、保湿をすることも大切といえるのです。

人気のハトムギ化粧水や収れんタイプ(テカりをおさえ肌を引き締めるもの)の拭き取り化粧水のようなタイプは、抗炎症作用・老廃物をとりのぞく効果や肌の生まれ変わりを促進できる効果が期待できます。
ニキビに悩んでいる場合は、保湿しながら皮膚を整えるプチプラ化粧水を使用してみましょう。

ニキビを防ぐ化粧水に入っている有効成分は何?

ニキビの無いきれいな素肌を目指すなら「ビタミンC誘導体」「グリチルリチン酸ジカリウム」「サリチル酸」「ハマメリスエキス」といった、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌作用や毛穴を引き締める役割をする成分の入った化粧水を選びましょう。

ニキビそのものにだけでなく、ビタミンC誘導体にはニキビ跡の改善にも効果を発揮するといわれています。また、ニキビに効く有効成分には肌表面の角質を柔らかくしたり肌代謝を促す作用もあると言われています。

ニキビができちゃう女性におすすめのプチプラ化粧水は?

ニキビができた肌状態でもトラブルなく使用でき、ケアしながら潤う効果が期待できるプチプラ化粧水をご紹介します。
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

■オルビス 薬用クリアローション 180ml 1620円

肌の角層まで浸透し、ニキビや肌荒れをしやすい肌状態の改善に役立つ化粧水です。アルコールフリーで、大人ニキビに悩む多くの女性に支持されています。

■ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水) 500ml 598円

肌の免疫細胞を活性化し、抗炎症作用のあるハトムギエキス配合で、ニキビや乾燥による肌荒れ改善に役立つと言われている化粧水です。
大容量でプチプライス、ドラッグストアで購入できる人気アイテムです。

しっとり高保湿のプチプラ化粧水なら、これ!

乾燥肌に悩む人は、保湿力の高い成分が含まれている化粧水を選ぶことも大切ですが、「肌本来がもつ保湿能力を高めてあげる」ことも重要です。
保湿効果に優れた美容成分が肌に浸透するよう、角質層に届き肌を柔らかくする化粧水を選んでみてはいかがでしょうか?

また、肌に水分をため込む力が弱まっている乾燥状態の肌を水溶性成分で補うことで保水力は上がり、肌を健康な状態へ導いてくれるでしょう。

保湿力が高い化粧水には、何が入ってる?

乾燥を防いでくれる高保湿化粧水には、角質層にある成分「セラミド」や、肌を支える真皮層に存在する「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「エラスチン」といった肌本来がもつ保湿成分が含まれています。
乾燥の原因となる紫外線や摩擦などの外的刺激から守りながら水分を抱え込んでくれる効果も期待でき、乾燥によるしわを防いで美肌をキープするのに欠かせない成分と言えるでしょう。

また、コラーゲンやエラスチンは肌の弾力も左右する成分で、年齢と共にその量は減少してしまうのだとか。
化粧水からも補うことで肌のハリが保たれ、30代や40代の女性が気になる「肌のたるみ防止」にも役立つと考えられています。

乾燥肌さんにおすすめの高保湿プチプラ化粧水!

乾燥肌に届く保湿効果の高い化粧水を使う際、量を考えずにたっぷりスキンケアできるプチプラのものならうれしいですよね。しっかり潤い乾燥が和らぐ効果が期待できる、おすすめの化粧水をご紹介します。
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

■セザンヌ スキンコンディショナー高保湿 500ml 702円

プチプラコスメとして評価の高いセザンヌですが、スキンケアラインも充実しています。
セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸といったモイスト成分がたっぷり含まれているため、潤い肌が持続すると言われています。
弱酸性でお肌に優しく、大容量なのにプチプラというお財布にも優しい化粧水です。

■素肌しずく ぷるっとしずく化粧水 200ml 1058円

プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンなどといった美容液さながらの保湿成分を凝縮した化粧水で、注目を集めている「素肌しずく」。詰め替え用もあるため、惜しみなく使用できるのがうれしいですね。

シミやソバカスが気になるなら、美白化粧水を選ぼう!

いつものスキンケアをしていても、年々気になってしまうのがシミやソバカスです。肌のトーンを均一にしてこそ美肌。早めにケアをして肌老化を防ぎたいですよね。

メラニンの生成を抑えてくれる美白成分が含まれている化粧水を使用することでシミやソバカスは抑えられると言われています。20代に比べ、くすみも目立ってくるので美白化粧水を選んで肌のトーンをアップさせてあげましょう。

「美白」って書いてる化粧水には何が入っているの?

美白と商品名に記載されている化粧水は「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」、そしてクランベリーに多く含まれる「アルブチン」といった国から”美白に効果がある”と認可を受けている有効成分が含まれているものです。

肌を白くキレイに見せたい色黒な人や、くすみが目立つ肌には「コウジ酸」や「アルブチン」のような成分で、日焼けの元になる黒色メラニンの働きを抑えてあげるといいでしょう。

またシミ・ソバカスの生成を防ぐには、シミ・ソバカスを作り出すメラノサイトに働く「トラネキサム酸」や「アスコルビン酸(ビタミンC)」が有効なのだとか。
これらの成分はメラニンの働きを抑えるだけでなく、排出をサポートしてくれる効果も期待できます。肌代謝が上がり、紫外線によるたるみやしわなどの肌老化防止にも役立つみたいですよ。

目指せ美白!おすすめのプチプラ化粧水

肌のトーンをアップさせ、シミ・ソバカスを防いだ若々しい美白美肌をいつまでも保ちたいですよね。そんな方におすすめのプチプラ化粧水をご紹介します。
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

■アクアレーベル ホワイトアップローション 200ml 1220円

シミができる原因となるメラノサイトの活性化を効果的に抑える有効成分「m-トラネキサム酸配合」。美白だけでなく、乾燥を防ぎながら明るい肌に導いてくれるはず!

■なめらか本舗 薬用美白化粧水 200ml 759円

有効成分「高純度アルブチン」がシミ・ソバカスを防ぎながら透明感のある肌に整えてくれます。保湿成分として豆乳発酵液イソフラボンが使用されており、ナノ浸透処方で美白と潤いが届く化粧水です。

ドラッグストアなどで市販されているプチプラ化粧水、大丈夫?

ドラッグストアやスーパーなどで販売されている市販の化粧水を使用する場合は口コミだけにとらわれず、自分に必要な肌作りに役立つ成分が含まれているかどうか見極める必要があります。
その際に合わせて気をつけたいのは、逆に、肌にとって刺激となる危険な成分が含まれていないかどうかという点です。

プチプラ化粧水は商品の品質を保つのに必要なアルコールや防腐剤が含まれていることが多く、デリケートな肌に使用するとバリア機能が失われ、乾燥やシミ、肌荒れの原因になることもあるようです。
ドラッグストアやスーパーで購入するときはエタノールの他に、「PG(プロピレングリコール)」と呼ばれる保湿剤や「フェノキシエタノール」「パラベン」といった防腐剤、殺菌剤や着色料に注意しながら選びましょう。

どこでも買える!市販でおすすめのプチプラ化粧水

化粧水は毎日使用するスキンケアアイテム。買いやすい場所で販売されている市販のものだと尚うれしいですよね。ここでは市販でどこでも買えるおすすめの化粧水をご紹介していきます。
※価格は2018年3月12日現在のAmazonの相場です。

■ちふれ 化粧水しっとりタイプ180ml 1120円

スーパーの化粧品コーナーでもよく見かける「ちふれ」は、プチプラ人気が高く、長年愛され続けているブランドですよね。
ちふれの化粧水のおすすめポイントは、成分表示だけでなく“何%含まれているか”という配合率が表記されているという点です。
ヒアルロン酸配合で潤い効果が高いのもうれしい化粧水です。

■キュレル ローション 220ml 1404円

「潤浸保湿セラミド」配合で敏感肌にも使用できると評判のキュレルシリーズですが、このローションは低価格で全身に使用できるシンプルなタイプです。
アルコールフリーで無香料・無着色なのでたっぷり肌にのせても安心できるのも魅力のひとつですね。

肌に合ったものなら、プチプラだからってあなどれない!

30代、40代と歳を重ねていくうちにプチプラのスキンケアは肌に良くないというイメージが浮かんでいたかもしれませんが、最近はプチプラでも高い美容成分・保湿成分が含まれている化粧水がたくさん販売されています。

大事なのは自分の肌悩みに応じた化粧水を使用することです。デパートブランドの高いスキンケアラインに比べ、美容効果をすぐに実感できなくても続けやすい価格なので惜しみなく使えるということが、プチプラの最大の良さ!

化粧水は自分に合った適量を守ることも美肌への近道といえます。肌にとってダメージになる成分が含まれていないかをチェックしながら購入し、スキンケアを楽しんでくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事