食欲に打ち勝って、春の乱れがちな食生活を上手に切り抜けるには?

食欲に打ち勝って、春の乱れがちな食生活を上手に切り抜けるには?

春の環境変化などによるストレスを無意識に溜め込んで、食欲が暴れたり、重なる歓迎会などの飲み会で、体調を壊したり太ってしまったりと落ち着かない時期でもあります。そこで、コントロールの難しい暴れる食欲を抑えたいときに役立つ方法をご紹介します!

飲み物で解消!? 春のストレスが原因の暴れる食欲を抑える!

食欲をいち早く抑える簡単な方法のひとつに、飲み物でお腹を満たすことが考えられます。健康や美容に良い飲み物で、先にお腹を満たしてから食事をしたり、おやつ代わりに無塩無糖の野菜ジュースなどを口にしてみるのはいかがでしょうか。

【この飲み物で食欲が抑えられる!? 】

<硬水のミネラルウォーター>
軟水に比べるとしっかりとした口当たりで重めに感じるため、食欲減退の効果が期待できます。軟水よりもマグネシウムとカルシウムを多く摂ることができ、代謝促進、脂肪の吸収の抑制、便秘改善の効果も期待できます。そのことから、ダイエットウォーターと言われることもあります。一方で、胃腸が弱っている方が飲むと、下痢や体調不良の原因になることもあるため、注意が必要です。

<炭酸水>
ある程度の量を飲むことで、炭酸によってお腹が膨れるため、食欲を抑える効果が期待できます。しかし、少量しか飲まないでいると、逆に食欲が出てしまうとも言われているので、満腹感を感じるまで飲む必要がありそうです。

<トマトジュース>
カリウムを多く含むトマトジュースは、血圧を下げたり、むくみ解消への効果が期待できます。美容や健康への配慮としておやつ代わりに飲むにも良さそうですね。そんな時は、食塩無添加のものを選びましょう。しかし、肝臓や腎臓が弱っている時のカリウムの摂り過ぎは良くないと言われているので、その場合は控えましょう。

<ガム>
飲み物ではありませんが、噛むことで食欲を抑える効果が期待できます。キシリトール配合のガムは、お口の中もスッキリするのでより良いのではないでしょうか。

五感や身体に直接働きかけて、食欲を抑える方法!

次にご紹介するのは、身体の外から感覚や身体に直接働きかけて、食欲を抑える方法です。

【身体の働きかける方法で、食欲が抑えられる!? 】

<青色のものをみる>
青は冷静にさせる色なので、食欲を抑える効果もあると言われています。空の画像をみたり、食器やテーブルクロスなどに青を使ってみると、いつもより食が進まないなんてことがあるかも!? 知れません。

<お風呂に入る>
ストレスからくる食欲は、リラックスすることで抑えられると言われています。また、内臓に集中した血液を、血行をよくして体全体に送ることで、胃腸の働きを抑制するので、空腹になるまでの時間が長引くそうです。また、お風呂に移動して場所を変えることで、気分転換となり食欲が抑えられるかも知れませんね。

<寝てしまう>
「なんとなく食べたい」という時は、ちょっと強引ですがお風呂に入って寝てしまうことをおすすめします。寝不足の場合でも、食べすぎてしまうことがあるそうなので、お風呂でリラックスしてしっかり休みましょう。寝ることによって肥満を抑制するホルモン「レプチン」が分泌されます。抱えている食欲は、実は寝不足によるものだった、なんてこともあるかも知れませんので、睡眠をしっかり取って様子をみてはいかがでしょう。

いかがでしたか?少しばかり強引な方法もあったように思いますが、食べ過ぎ・飲み過ぎで体調を壊したり、美容に悪影響が出る前に、無理なくできそうと思える方法から、試してみることをおすすめいたします!

※記事の中には口コミで広がった使い方やライターの見解も含まれておりますので、満腹感や満足感などの感じ方は個人により異なります。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事