洗顔したのに「白い角栓」が出てくる原因と正しいお手入れ方法

洗顔したのに「白い角栓」が出てくる原因と正しいお手入れ方法

肌の汚れを取り除くために念入りに洗顔をしたのに、顔を拭いてみると白い角栓が出てきたことはありませんか?この白い角栓は無理矢理取り除こうとすると肌に負担がかかってしまうため、正しいお手入れをしていきましょう。

洗顔後に白い角栓が出てくる原因とは?

洗顔後の肌を見てみると、鼻の毛穴などから白い角栓が出てきたという人も少なくないはず。この白い角栓は、水分を吸収した角栓がふやけることで白くなって現れると言われています。そのため、洗顔後・入浴中・汗をかいたときなどにも現れやすいのです。

白い角栓が気になるからと言って、無理矢理爪などで押し出したり、取り除こうとすると肌が傷ついてしまうため優しくお手入れをしていくことが大切ですよ。

白い角栓を優しくケアしてなめらかな肌にするスキンケア

角栓は、皮脂や汚れが古い角質に混じり合ってできるのですが、肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まってしまうことも原因のひとつ。ターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質が洗顔でスムーズに剥がれ落ちていきますが、乾燥や血行不良、睡眠不足や食生活の乱れなどでターンオーバーが乱れて角栓ができやすくなってしまうのです。

肌の表面に出てくる白い角質をケアするには、ホットタオルを当て毛穴を開かせてから洗顔する・酵素洗顔を使うことがポイントです。

洗顔をする前にホットタオルを顔全体に当てておくと、毛穴が開いて角栓が柔らかくなり、洗顔をしたときに角栓が取れやすくなりますよ。白い角質を取り除こうとしてゴシゴシ洗うと肌が傷ついてしまうため、洗顔中は肌に直接触れないようにたっぷりの泡を使って優しく洗っていきましょう。

またターンオーバーの乱れにより角栓が硬くなでていたり、肌がごわついていると洗顔だけでは綺麗にすることができません。週に1回程度はタンパク質を柔らかくする酵素洗顔やピーリングを取り入れて、タンパク質でできている角栓を落としていくと効果的。

角栓を取り除いたら、コットンパックやシートマスクをつけてたっぷり潤いを与えてあげましょう。肌や角栓を硬くしないためにも、毎日丁寧な保湿ケアを心がけるといいですね。

白い角栓は無理に触らず、ホットタオルと酵素洗顔で優しくケアを

白い角栓が出てくるとすぐに取りたくなりますが、ホットタオルで毛穴を開かせたあとにキメの細かい泡で優しく洗い、週に1回ほどは酵素洗顔やピーリングをしてなめらかな肌を手に入れましょう。正しいお手入れ方法や生活習慣を見直すことで自然と改善されていくはずですよ。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事