ダイエットに成功したのに肌荒れが…健やかな肌を守るためのケア

ダイエットに成功したのに肌荒れが…健やかな肌を守るためのケア

ダイエットをしていると肌が荒れてしまいがち。せっかくダイエットに成功したのに肌荒れしていると悲しくなりますよね。そこで、ダイエットをしながらでもできる、健やかな肌をキープするケア方法をご紹介していきます。

ダイエット中に肌荒れしやすい原因とは?

ダイエットをしていて肌が荒れやすいのは、栄養不足・ストレス・便秘が大きな原因です。特に無理な食事制限をしたダイエットだと、栄養が偏り便秘がちになり、ストレスやイライラが溜まって肌荒れを引き起こすため注意が必要ですよ。ダイエットをしながら肌荒れを解消して肌を守ってあげましょう。

ダイエットしながら肌荒れを解消する方法

先述の通り、ダイエット中は栄養不足・便秘・ストレスなどにより肌荒れが起こりやすいため、栄養バランスの良い食事を摂り便秘を解消させること、ストレスを溜めないことを心がけて身体の中からケアすることがポイントです。

ダイエット中はたんぱく質、ビタミンA、炭水化物が体内に不足してしまいがち。肌のほとんどはたんぱく質でできているため、たんぱく質が足りないと肌がカサついてしまいます。ビタミンAは皮膚や粘膜を保護してくれるのですが、不足していると肌のバリア機能が低下して肌トラブルの原因に…。

また、ダイエット中炭水化物を一切摂らないという方は筋肉量の低下を招いている可能性が。筋肉量が減ると代謝が鈍り、ダイエットを失敗しやすくなってしまうのです。

健やかな肌づくりには、青魚や脂身が少ない肉類、大豆製品や乳製品、レバーや緑黄色野菜などがおすすめですよ。

さらに、ダイエット中はストレスがつきもの。ストレスが蓄積されると、交感神経が刺激されて血管が収縮すると言われています。血管が収縮すると、酸素や栄養素が体内にうまく行き渡らなくなり、結果的に肌のターンオーバーを乱してしまうのです。

適度な運動をしたり、お風呂にゆっくり浸かったり、週に1〜2回は好きなものを食べるなどといったストレス解消法を見つけ出すといいですね。

それだけでなく、食事制限や一定のものしか食べないダイエットをしていると、水分や食物繊維が不足して便秘になってしまいます。便が体内に長時間留まると腸内環境や代謝が悪くなり、脂肪を燃やしにくくなってしまうので、さつまいもや豆類などの不溶性と海藻類やおくらなどの水溶性の食物繊維をバランス良く取り入れるといいでしょう。

ダイエット中はインナーケアを重視して

ダイエットに成功してつるつるの肌も一緒に得られたらとても嬉しいですよね。まずは食生活を見直してたんぱく質やビタミンA、炭水化物をバランス良く取り入れ、ストレスを溜めない生活を心がけたり、便秘解消に努めていきましょう。ダイエットをしながらぷるぷるの美肌を手に入れてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事