その爪の切り方は間違ってるかも!爪を傷めない正しい切り方を伝授

その爪の切り方は間違ってるかも!爪を傷めない正しい切り方を伝授

当たり前ですが、爪は放っておけば伸びていきます。そのため定期的にキレイに切らなければならないのですが、実はこの爪の切り方、正しくできていない人が多いのです。美しさは指先まで手を抜けません!爪を傷めない正しい爪の切り方をご紹介します!

あなたは大丈夫?間違った爪の切り方で指先が台無しに!

おしゃれは足元から、美しさは指の先まで。言ってしまえば足元は靴で隠せますが、指先はオープンにしていることがほとんどのため、かなり定期的なケアが求められます。

打ち合わせで使うペンを、しなやかに持つ指先の爪がボロッボロだったら?残念すぎます!隠せないところの美容は手を抜いてはいけません!

さて、みなさんは爪をどのように切っていますか?実はあまり考えず、「長くなったから切る」といったざっくり派の人も多いのだとか。

爪はその切り方によっては伸び方にも大きく影響するので、巻き爪などにならないように丁寧に切らなければなりません。言い方を変えれば、切り方次第で、キレイな伸び方にすることもできるのです!

まず深爪が好きという人はかなりガッツリ切っていると思いますが、これは危険な切り方です!肉と爪が接している「爪床」部分がむき出しになりやすいため、感染症などを引き起こす場合もあります。

そもそも爪は、爪床を守る役割があるため、ここが出てしまうのは爪の周りが化膿したり、爪の角が皮膚に刺さるなど、さまざまな爪トラブルの原因となります。

また、爪の両端の深いところまで切ってしまうと巻き爪の原因にもなりますので、この切り方も注意が必要です。

負担のかからない爪の切り方で、キレイな指先を手にいれよう!

まず、爪は端から負担をかけないよう慎重に少しずつ切っていきましょう。ど真ん中をいきなりバチンと切るのは爪に大きな負担がかかるためNGです!

切る際には、まっすぐ横に切っていきます。角は折れやすいのでやすりで丁寧に丸めていきます。こうして仕上がった爪は「スクエアオフ」という少し四角い形の爪になります。実は強度も強く折れにくい形なのです。

入浴後は爪が柔らかくなっているため、負担も少なく、爪も清潔な状態なので感染症のリスクも少なく、爪切りには最適のタイミングです。

よくやってしまいがちなのが、爪の白い部分に沿って切ってしまうこと。これは深爪や巻き爪の原因になりますので、あまり目安にしない方が良いでしょう。

キレイな指先に美しい爪は欠かせません。自身の切り方について見直してみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事