肌荒れの原因は布団のダニだった?清潔な布団でお肌を守ろう!

肌荒れの原因は布団のダニだった?清潔な布団でお肌を守ろう!

「おやすみ〜」1日頑張って疲れた体を優しく包み込むお布団。でもちょっと待って!そのお布団はキレイですか?毎晩顔をつける枕。腕や脚に触れるお布団に潜むダニが原因で、肌荒れしてはいませんか?直らない肌トラブルはそのお布団が原因かもしれませんよ!

肌荒れの原因は布団のダニ?枕カバーにも要注意!

自信を持って「わたしのお布団は清潔です!」と宣言できる人は少ないと思います。一人暮らしだと、なかなかお布団を干す機会も限られてきますが、忙しさや面倒だからといって、ついつい何日も干さずにお布団を使い続けてはいませんか?

「肌荒れが全然治らないんだよね〜」とお嘆きの原因が、その汚いお布団のダニが原因だとしたら?いますぐなんとかしたいですよね!なかでも取り急ぎ対応していただきたいのは「枕」です。

枕は寝具の中でもとりわけ汚れやすいものです。お風呂上がりに顔に塗った美容液やクリームは、あなたの顔からすりすりと枕にこすりつけているようなもの。こうした日々蓄積されたものが、汚れとして肌トラブルを招くこともあるのです。

一方で、枕は対処が容易です。枕カバーを替えたり、肌触りの良いタオルなどを枕カバーの代わりにすることで、清潔な環境を作ることができます。

布団のダニには天日干し!清潔な寝具で肌荒れにサヨナラ!

さて、布団のダニを除去するにはどうしたら良いでしょうか?一番はやはり天日干し。太陽の熱によってダニもグッタリです。しかし、天日干しでもコンディションによっては、かえってダニを繁殖させてしまうこともあるのだとか!

注意したいのは、片面でずっと干し続けてしまうこと。布団に染み込んだ汗は裏側にまで浸透していると言われていますから、しっかりと両面を干すことが大切です。

また、雨上がりや、朝方や夜など湿気が多い時間帯に干すと、湿気を布団に取り入れてしまうためダニの繁殖を助長してしまいます。

取り込んだ際はすぐにしまわず、温かくなった布団の熱を一旦冷ましてからしまうようにしましょう。

さらにオススメなのは、天日干しした布団に掃除機をかけること。こうすることで、ダニの死骸やフンを取り除くことができるので、より清潔な布団に近づけることができるでしょう。

肌荒れを治そうと色々な美容液を試している人、もしかしたら汚いお布団が原因かもしれません。今度の晴れの休日に、是非お布団を干してみることをオススメします。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事