妊娠中に美容室ってアリ?パーマやカラーが与える体への負担とは?

妊娠中に美容室ってアリ?パーマやカラーが与える体への負担とは?

みなさんはどのくらいの頻度で美容室に行きますか?月に1度、多いと月に2度行く人もいると思います。普段は問題ないのですが、妊娠中はどうでしょう?髪質のみならず、体調を崩しやすい時期なのでパーマやカラーなど影響がないのか気になりませんか?

妊娠中のパーマやカラーはOK?赤ちゃんに影響は?

妊娠中は、普段なんでもないささいなことでも、体に影響や負担を与えてしまうことがあります。もちろん美容室に通うのも一苦労でしょう。

妊娠の時期にもよりますが、安定期に入る前や、つわりの辛い時期に美容室へ行くのはやめたほうが健全でしょう。パーマ液やカラーリング剤の匂いで気分が悪くなるなど、少なからず影響が出てくる可能性も大きいです。

妊娠中はお肌が敏感になるケースがありますので、地肌がかぶれたりかゆみが発生することがあるので、パーマやカラーリングには注意が必要です。オーガニックのカラーリング剤などを使用できれば、幾分症状が和らげるかもしれません。

これらが赤ちゃんに影響を与えるかどうかは、医学的に証明されていないそうです。そのため、もちろん妊娠中のパーマやカラーリングは禁止されているということもありません。

ただし、市販のカラーリング剤を使ってのセルフカラーリングはお肌についてしまうリスクもあるので、避けておいたほうが良いでしょう。

妊娠後期の美容室でやっておきたい髪のケアと注意点

産後は、赤ちゃんの世話で忙しい毎日を過ごすことになりますよね。そうなると美容室へ行く時間も余裕もなかなか作れません。なので妊娠後期に美容室に行っておく人も中にはいると思います。

まずは予約のときに、妊婦OKか確認をして、自身のコンディションもしっかり見極めましょう。お腹が大きいと同じ体勢で座り続けるのは大変ですから、体調がすぐれない時や、やたらと混雑するお店や時間帯を外すことも大切です。

言わずもがな、出産間際のギリギリのタイミングは体調管理も難しいので、オススメできません。また、カラーリングやパーマで気分がすぐれない時は、無理せず美容師さんに伝えましょう。

また、しばらく美容室にいけないことを考えると、こまめなメンテナンスをすることは難しいでしょう。あまり派手なカラーは避けたり、髪の毛も短めにしておいたり、お手入れをしやすいようにカットしてもらうと、産後も安心ですよ。

妊娠中の美容室は、無理せずコンディションをしっかり見て行きましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事