メラニン色素は肌や髪にどう影響する?メラニンを増やす・減らす方法

メラニン色素は肌や髪にどう影響する?メラニンを増やす・減らす方法

メラニンと聞くと、まず肌のシミを連想して悪いイメージを持つ人が多いかもしれません。でも髪にとっては、メラニンがなくなると白髪になる可能性があります。「メラニンは増やした方がいいの?減らした方がいいの?」と混乱してしまいますよね。メラニンとはいったい何者なのでしょうか?

メラニン(メラニン色素)とは?

メラニン(メラニン色素)と呼ばれるのは総称で、じつは2種類のタイプが存在します。遺伝によってその比率が決まっており、髪の色、肌の色に影響を与えるとされています。

・「ユーメラニン」
「黒色メラニン」とも言われ、黒い髪、黒い肌を作ると言われています。黒人のメラニンは、ほぼユーメラニンです。私たちアジア人も多く持っています。

・「フェオメラニン」
別名「黄色(肌色)メラニン」は、透明感のある白い肌を生み出すと言われています。フェオメラニンだけでユーメラニンをほぼ持たない白人は、肌は透けるように白く、髪は金髪に近くなります。

私たちアジア人はユーメラニンとフェオメラニンを両方持っている混合型なので、肌は黄みがかっており、髪は黒から茶色の人が多いんですね。

メラニン不足で白髪になるメカニズムは、どちらのメラニンタイプとも同じです。しかし紫外線などの刺激から肌に黒いシミを作り出すのは、ユーメラニンだけ。フェオメラニンはシミを作りませんが、皮膚がんの原因となる炎症を起こすとされてます。

私たちがシミの原因と認識しているのは、ユーメラニン。一方皮膚がんを引き起こす危険性があるのは、フェオメラニンだそうです。両者の特徴を踏まえた上で、メラニンの働きとメラニン生成のメカニズムについて掘り下げていきましょう。

メラニンの働きやメラニン生成のメカニズム

肌に紫外線が当たると、肌の内部で活性酸素が発生すると言われています。活性酸素は増えすぎると、体にとって悪影響を及ぼす可能性があります。そこで肌の表皮にあるメラノサイト(メラニンを作り出す細胞)が伝達物質からの危険信号を受け、メラニンを作り始めます。(詳しく説明すると、メラニンの生成経路は「シロチン」というアミノ酸の一種が、酵素「チロシナーゼ」に酸化された後、ドーパ、ドーパノキンと変化をたどり、ユーメラニンもしくはフェオメラニンとなるのです。)

ここで生成されるメラニンがユーメラニン優勢の場合、黒色で紫外線を自ら吸収し、細胞へのダメージを軽減するそうです。メラニンは悪者のイメージが強いかもしれませんが、本来は活性酸素から細胞を守ってくれる救世主なのです。

むしろ問題なのは、紫外線に弱いフェオメラニンです。フェオメラニンは紫外線を吸収するどころか、さらなる活性酸素を作り出してしまう可能性があります。細胞はダメージを受け、赤く腫れて炎症を起こし、最終的には皮膚がんを発症するリスクが高まる可能性があります。

日本人はユーメラニンとフェオメラニンの混合型タイプなので、日に焼けて黒くなるか赤く腫れるかは個人差が大きいと言われています。

メラニン生成のきっかけは、紫外線による刺激が最もよく知られていますね。他にも摩擦や炎症がきっかけで、メラニンが生成されることもあります。例えばサイズが合わない下着を着ていたら、肌が黒ずんでしまったことはありませんか?また自転車のサドルに当たる部分や、ひじ・ひざの関節部分も摩擦が起こりやすい箇所です。炎症による刺激は、虫刺されやニキビ、ムダ毛処理による毛穴の炎症などがあげられます。日常的な摩擦や炎症が原因で部分的にメラニンが増え続けると、やがてシミのような色素沈着を起こすこともあるのです。

メラニンは肌やシミや髪にどう影響する?

肌内部でメラニンが生成された後、本来はターンオーバー(新陳代謝)の流れで皮膚内部から表皮まで上がってきます。ユーメラニンで黒くなった部分も、正常にターンオーバーが行われれば、最後は古い角質となってすべてはがれ落ちるそうです。シミとして残ってしまう場合、それは何らかの原因でターンオーバーがスムーズに行われていない状況の可能性が。メラニンが排出されず肌内部に残り、シミという形で肌に黒いポツポツが出てきてしまう場合もあるそうです。

メラニン自体は悪くありません。黒色のユーメラニンは紫外線を吸収して、活性酸素によるダメージから細胞を防御してくれるとされてます。黄色(肌色)のフェオメラニンは紫外線には弱いものの、透明感のある美しい肌を作ってくれるとも言われています。メラニンが悪者のように感じてしまうのは、ユーメラニンの黒が正常にターンオーバーされない状況、または、フェオメラニン型の人が許容量以上の紫外線を浴びてしまう状況のどちらかを作ってしまう環境が原因の可能性が大きいのです。

むしろ健康な人が日中の紫外線をすべてシャットアウトしてしまうと、体内でビタミンDが生成されず、骨粗しょう症や認知症のリスクが高まると言われています。とは言っても、顔周りに過剰なメラニンが生成されると、常にシミが出るリスクと隣り合わせですから、場所への配慮は必要ですね。

次は、メラニンが髪にどう影響するかを見ていきましょう。

髪に含まれるメラニンは、毛穴のメラノサイトで作られていると言われています。出来上がったメラニンは、同じく毛穴にある「毛母細胞」に運ばれ、有色の髪が生えてくるとのこと。ユーメラニンは黒髪、フェオメラニン金髪になり、両タイプを持っている場合は、その中間色となる可能性があります。老化などの理由でメラノサイトの働きが低下し、髪のメラニン量が不足すると白髪が生えてくると言われています。

ここでメラニン生成のメカニズムから推測すると、「頭皮も紫外線を浴びれば、肌みたいにメラニンが作られて白髪を防止になるのでは?」という考えが浮かんでくるかもしれません。頭皮の日光浴で白髪防止になれば、一番手っ取り早いですからね。

でも残念ながら、日光浴では白髪は防止できずらいと言われています。肌のメラノサイトは、紫外線の刺激により表皮細胞から伝達物質を受け、メラニンの生成を促すと言われています。しかし髪の場合、メラノサイトの元となる色素幹細胞が紫外線でダメージを受け、メラニンの生成をストップしてしまう可能性があるのです。

白髪の原因は、加齢やストレスによるメラノサイト機能の低下、またはメラニンの素となるシロチンというアミノ酸の不足が考えられます。白髪防止を目指すなら、紫外線以外の方法でメラニンを増やしていく努力が必要です。

メラニン色素を減らす方法

話は肌のメラニン対策に戻ります。シミの原因となるメラニンをむやみに増やさない方法として、まず日常的な紫外線対策が肝心です。とくに顔周りへの紫外線刺激を避けるには、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを利用しましょう。UVケア商品のラベルを見ると、「SPF」と「+」の二種類の表示が見られますね。重要なのは、「PA」と呼ばれる「+」の数です。「+」から「++++」まで4ランクあり、「+」の数が多い方が、紫外線カット率が高くなります。「SPF」はUV効果がどれだけ持続するかの数値であって、SPF20であれば約6時間になります。SPF50など数値の高すぎるものは持続効果を過信して、汗や皮脂で落ちてしまった後の塗り直しがおろそかになることも。肌への刺激も気になるので、日常使いをするならSPF表示が低めのタイプを選び、マメに塗り直すことをお勧めします。

すでに生成されたメラニンは、きちんとターンオーバーで排出されれば、シミとして残る心配はないと言われています。つまりターンオーバーが正常に行われるような、規則正しい生活習慣が需要になります。また新陳代謝は、全身の血行を良くすることで高まります。そのために適度な運動、血行を良くする栄養素の摂取を心がけましょう。

肌の乾燥はターンオーバーを乱す原因となるので、シミ予防のためにもきちんとケアしましょう。洗顔でメイク汚れ・皮脂汚れを落とし、基礎化粧品で十分な水分と栄養を与えるスキンケアが基本です。肌コンディションを見て、たまに古い角質を除去するピーリングのスペシャルケアを取り入れると、くすみやシミ予防に役立ちます。

メラニン色素を増やす方法

白髪予防のためには、髪のメラニン色素を増やしたいですよね。でも髪の場合、メラニン生成のプロセスが肌とは違うため、日光浴による紫外線刺激は期待できないとされてます。別のアプローチでメラノサイトの活性化、メラニン量アップを目指すことをお勧めします。

メラノサイトの働きが悪くなる原因は、ストレスや偏った食事、睡眠不足などの悪い生活習慣と言われています。他にも血行不良を招く運動不足や、喫煙などもメラニン生成に悪影響を与える可能性があります。どれか当てはまるものがあれば、ただちに止め、健康的な生活を送ることを心がけましょう。

血行不良の改善には、血行促進効果の高い生姜がお勧めです。生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、手足や頭皮など体の末端部分を温める効果があると言われています。頭皮の血行を良くする生姜は、白髪だけでなく薄毛予防にも効果的なので、毎日意識して摂りたいですね。

頭皮の血流が良くなると、頭皮のメラノサイトの働きが活発になるそうです。全身運動に加え、頭部の血流を増やす頭皮マッサージを施すことも、手軽な白髪予防としてお勧めです。頭皮マッサージをする際は、爪を立てて頭皮を傷つけないように注意しながら、気持ちいいと感じる強さで揉みこんでください。頭皮マッサージと相性の良いスカルプオイルや天然の椿オイル、ホホバオイルを使用すると効果がアップします。またシャンプーブラシを使って、洗髪時のマッサージ効果高める方法もお勧めです。

メラニンの素となるアミノ酸の一種、シロチンが不足し、白髪が進行するケースもあります。その場合はシロチンを直接摂取することで、メラニンの生成量アップを図りましょう。シロチンはチーズや大豆などのタンパク質食品に多く含まれており、摂取してから2時間後に血中濃度が最高値になると言われています。髪が作られる時間帯は就寝後すぐなので、シロチンを含む食品を夕食時に食べるとメラニン量アップに効果的です。

肌のためにメラニン色素を減らして、白髪対策のためには増やしたい。どうしたらいい?

メラニン(ユーメラニン)自体は、紫外線刺激から細胞を守ってくれる救世主と言われています。でも増えすぎた後、ターンオーバーがうまくいかないとシミになってしまう。だから肌のメラニンは必要最低限に抑えて、シミになるリスクを減らしたい。そして髪は、白髪になりたくないから、メラニン量を増やしたい。美しい色白肌と健康な髪に憧れる私たちとしては、これらの理想を同時に叶えたいんですよね。

そこで具体的な対策を考えてみましょう。まず紫外線によるメラニン生成は、できるだけ避けた方が無難です。ユーメラニンは運が悪ければシミになり、フェオメラニンは皮膚がんの原因になると言われています。日差しの強い夏だけでなく、曇り空の日も紫外線対策は必須です。紫外線の当たりやすい顔や首、手の甲などはマメにUVクリームを塗り直し、紫外線対策を徹底しましょう。さらに日傘や帽子をプラスすれば、頭皮への紫外線対策に有効です。

ただ先述した通り、健康を維持するために必要なビタミンDは、サプリメントで摂取するよりも、日光浴で体内生成させる方法が推奨されています。ビタミンD合成に必要な日光浴の時間は、一日あたり10分から15分ほど。紫外線量がまだ少ない、午前9時までの日光でも十分な効果があると言われています。また紫外線を浴びる場所は、体のどの部分でも大丈夫です。シミが気になる顔周りは避け、脚や腕などを軽く露出して散歩するだけで効果が期待できます。

シミ抑止・白髪防止対策として、日々の食事も気を付けたいところです。髪のメラニン量を増やすため、夜はシロチンを含むタンパク質食品を摂ることが効果的と言われています。朝に食べた方が良い食べ物は、抗酸化力の高い「リコピン」を多く含むトマトです。とくに完熟トマトを使用したホールトマトなどのトマト加工品は、生のトマトより多くリコピンを含んでいます。朝食はトマトを使った料理を食べて、体内の抗酸化作用を高めておきたいですね。日中肌が紫外線ダメージを受けても、万全の戦闘態勢で対応できます。

逆に朝食にふさわしくない食べ物は、ビタミンCを多く含むレモン・オレンジなどの柑橘類、セロリ・パセリなどの香味野菜です。紫外線への反応が過敏になる「光毒性」があるので、メラニンの過剰生成が懸念されます。ですがビタミンCは、日焼けした後の肌回復には効果の高い栄養素と言われています。紫外線をたくさん浴びた日の夜は、ビタミンCを多く含むフルーツと野菜をたっぷりと摂って、メラニン排出を試みましょう。

まとめ

時にはシミの原因となるけれど、活性酸素から細胞を守ってくれるメラニン。また白髪防止に欠かせない物質でもあります。メラニンの特徴をよく知ってメラニンとうまく付き合っていくことが、美肌&美髪を維持していくコツですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事