うっかり浴びてしまった春の紫外線…レスキューケアで挽回しよう!

うっかり浴びてしまった春の紫外線…レスキューケアで挽回しよう!

「まだ春だから大丈夫。」とノーケアで外出したところ、予想以上に紫外線を浴びてしまった…なんて失敗を経験した方もいるのではないでしょうか?今回は、うっかり紫外線を浴び過ぎてしまった時に使える、おすすめのケア方法についてご紹介します。

春の紫外線ダメージに最適なレスキューケア〜保湿編〜

日焼けは炎症であり、やけどの一種。痛み・腫れを感じることがない軽症だとしても「今日は間違いなくたっぷり紫外線を浴びてしまった!」という日にはアフターケアでしっかり挽回していきましょう。

【うっかり日焼けのレスキューケア】

<保湿ケアが大切!>
肌が紫外線に攻撃されると、表皮を保護している角層がダメージを受けるため、肌は元に戻そうとターンオーバーの周期を早めます。ターンオーバーの周期が早くなることは、肌に良いのでは?と思う方もいることでしょう。しかし、極端に短期間になると、正常な細胞が作られず、メラニンが上手く排出されない、脂質のバリアまで少なくなる、など様々な肌トラブルを引き起こしてしまうそうです。旅行やキャンプなどの予定がある方は、日焼け止めと合わせて保湿効果が高いスキンケア用品を多めに持参することをおすすめします。

<保湿・美白パックでの注意点>
一時期流行した、きゅうりパックやレモンパック。その中には、紫外線の吸収を促す「ソラレン」という物質を含んでいるため、パックした後に外へ出かけると日焼けの原因になる可能性もあります。美白ケアの一環としてフェイスパックを行う際は、ミネラル分が豊富なクレイパックがおすすめです。メラニン色素によって定着した黒ずみや古い角質を除去し、透明感のあるお肌へ導きます。

春の紫外線ダメージに最適なレスキューケア〜インナーケア編〜

外からのケアだけでなく、体の中からのアフターケアも実践することが大切なポイントです。特に欠かせないのは、やはりビタミンC!ビタミンCには強力な抗酸化作用があることから、シミの元となるメラニンの生成を抑える効果が期待できます。

【内側から肌をケア!】

<ビタミンCの摂取方法について>
日焼けの前後には1日あたり約1,000mgを目標にビタミンCを摂取することをおすすめします。しかし、食事だけで補うとなるとかなり多くの果物・野菜を摂取しなければなりません。皮膚科で処方されるビタミン剤、もしくは薬局・ドラッグストアでも手に入りやすいビタミンCサプリを有効活用するようにしましょう。

いかがでしたか?これから益々紫外線が強くなりますので、色白美肌を維持したい女性は、是非参考にしてくださいね。

関連記事