大人のキラキラ☆メイク 木部明美の「おとなメイク」実験室

大人のキラキラ☆メイク 木部明美の「おとなメイク」実験室

いつもと違う服でおしゃれして出かけるのに、メイクがいつも通りじゃつまらない。大人だって、たまにはハジけたおしゃれをしたい! でも派手とかギャルっ...

いつもと違う服でおしゃれして出かけるのに、メイクがいつも通りじゃつまらない。大人だって、たまにはハジけたおしゃれをしたい! でも派手とかギャルっぽいとか思われたくない・・・そんなワガママを叶えるメイク、知りたくありませんか? 今回の「キベラボ」では、ヘア&メイクアップアーティストの木部明美さんに、大人に似合うキラキラメイクを教えていただきました。

撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY)
動画編集/武田孝太(mashroom design)
 読者モデル/松井亜衣
取材・文/GINGERweb編集部

大人だって、キラキラしたい!

使うコスメはこちら!

1. フェイスパウダー(Killawatt Freestyle Highlighter/FENTY BEAUTY BY RIHANNA)
2. チーク(ジェン ヌード パウダー ブラッシュ ベージュ フォー デイズ/ベアミネラル)
3. アイカラー(アイグロウ ジェム/コスメデコルテ)
4. マスカラ(ラッシュ パワー フラッター トゥー フル マスカラ ブラック オニキス/クリニーク)
5. アイライナー(ラスティング ジェルアイライナー/コスメデコルテ)
6. グロス(オーマイ グロス/リンメル)
7. リップ(MATTEMOISELLE/FENTY BEAUTY BY RIHANNA)

FENTY BEAUTY BY RIHANNAとは、世界の歌姫 リアーナがプロデュースするコスメブランド。海外コスメならではのきらめきを使って、思いっきり華やかに仕上げていきます!

STEP① キラキラフェイスパウダー

ベースメイク後、キラキラのラメが入ったフェイスパウダーを乗せていきます。

「ちょっと大きめのブラシで軽くとって、まずは髪の生え際からぐるりとフェイスラインに沿って馴染ませます。こうすることで、顔色がパッと明るく見えるんです。頬にも優しくつけてください」

STEP② ブラウンチーク

次にチーク。大人っぽいブラウンで引き締めます。

「筆にとり、手の甲でなじませてから使います。頬骨から斜め上に向かって、ササッと」

STEP③ 赤味ブラウンのクリームシャドウ

次にアイメイク。ラメのきらめきが華やかな、赤みブラウンのクリームシャドウを使います。

「指で乗せていくと自然とまぶたに馴染みます。目頭側から、黒目のちょっと外側くらいまで。まぶた全体には入れずに、真ん中だけに入れるイメージです」

「下まぶたにもほんのり入れていきます。こちらも黒目の内側くらいまで赤みが入ることで、うるんだ色っぽい瞳に」

STEP④ パープルブラックのアイライナー

アイラインは、パープルブラックのライナーで。

「黒目の上あたりから、少しずつ斜め上に向かって、3mmから5mmくらいはみ出るように。必ず付属のチップでぼかして」

STEP➄ マスカラ

ホットビューラーでまつ毛を軽く上げたあと、さらっと軽くつける程度にマスカラを。

STEP⑥ ブラウンリップ

最後にブラウンのリップで仕上げ。

「軽くとんとんと色を置いから、指でぼかします。つけすぎてしまうと、こっくりと強くなりすぎてしまうので、色づく程度に」

グロスでツヤを足します。

「一度、んぱっ、としたあと、最後に真ん中だけ重ね塗りをすると、立体感でるのでおすすめです」

完成!

顔全体がぱあっと輝く、つややかでシャイニーな仕上がりに。ブラウンベースだから落ち着いて見えるのに、どんな照明の下でも最高に華やかにきらめきます。大人のキラキラメイク、ぜひ試してみてくださいね。


関連キーワード

関連記事