目の腫れ、頭痛……うっかり泣いてしまった日のお助けテクニック

目の腫れ、頭痛……うっかり泣いてしまった日のお助けテクニック

いつも笑顔で過ごしたいけど、そうも行かないこともあります。うっかり泣いてしまったその後や次の日、目の腫れなど困った症状はありませんか? 心が動いてしまうのは仕方ない。でも、何事もなかったように過ごしたい! そんな時のレスキューテクニックをお伝えします。

とにかく目はこすらない!
泣く段階からできることもある

泣いている最中や泣いた後、つい目をこすってしまうという人も多いと思います。でも、これがまぶたをパンパンに腫らす大きな原因に。どうしても泣くのをこらえられない時も、目をこするのは絶対に避けて。涙を拭う時も、こすらずにハンカチに涙をそっと吸わせるようにするのが影響を最小限に抑えるコツです。感情が大きく動いているのに泣き方にまで気を配るのは難しいこともありますが、ここでその後のコンディションに大きな差がつきます。ゴシゴシしない! ということだけは忘れないで。

腫れやむくみはなる早で排出!
アイマスクやお風呂で血行促進

泣いてしまった後のいちばんの憂鬱と言えばパンパンに腫れたまぶたという人も多いのでは? そんな目の腫れや充血に勝つには「血の巡りをよくすること」。とはいえ、皮膚の薄い目のまわりをグリグリいじるのはよろしくありません。ホットアイマスクで目のまわりを温めると、血流アップで腫れやむくみが引き、充血して濁った白目もクリアに。さらに効くのはやっぱりお風呂。普通に入るだけでも効果アリですが、湯船につかって鎖骨近辺をマッサージしたり、首を回すと血流アップ。入浴前に白湯を飲んで発汗を促すとさらに効きます。小鼻の横をグッと押すのも、目がパッチリあくのでお試しあれ。

まぶたが腫れてメイクができない!
それなら眉とノーズシャドウでカバー

とはいえ、朝からお風呂やアイマスクの時間をとるのは難しいこともありますよね。そんな時、アイメイクでカバーするのは何かと不自然になりがちだし、目の腫れが引いた後のメイクが濃くなる原因にも。こんな時は目そのものには触らず、眉とノーズシャドウで目元全体の印象を整えておきましょう。眉は底辺をストレート気味に整えつつ描けば、目と眉の感覚が狭まるのでデカ目&小顔印象に。アイメイクを省く分、いつもより丁寧に眉頭の高さや毛流れを整えて、端正な眉を作りましょう。腫れてのっぺりした目元も、ノーズシャドウを入れればキリッとした印象が戻ってきます。あとはメガネなどでカモフラージュして、腫れが引いてからアイメイクをすれば、「昨日何かあった?」なんて詮索されることもなくなるはず。

ひそかな憂鬱……
泣いた後の頭痛のなおし方

普段は何ともないのに、泣いたあとだけ頭が痛くなる……。そんな人が多いようです。泣くことで軽い脱水症状になるのがひとつの原因だそう。白湯やスポーツドリンクなどで十分に水分を補給しましょう。また、泣いている時の興奮状態から、リラックスモードになることで血管が急に拡張し、頭痛を起こすこともあります。そんな時は珈琲やお茶など、カフェインを含む飲み物が効きます。飲み物をとること自体に利尿作用もあるので、いつもより多めの水分補給をするつもりでたっぷり飲むと、顔も頭もいつものコンディションに戻るのが早くなるでしょう。首や肩に緊張がある場合は、マッサージの他、体を動かすのも効果的。早足で歩くのも、頭痛や目の腫れを早く引かせる効果があります。目の腫れと頭痛さえカモフラージュできれば、泣いてしまっても大丈夫! なる早でいつもの可愛い顔に戻れるテクニック、覚えておいてくださいね。

関連キーワード

関連記事