知っておいて損はない!標準・美容体重、美容サイズの計算式

知っておいて損はない!標準・美容体重、美容サイズの計算式

健康的に生活できる体重を「標準体重」、見た目がモデルさんのように美しい体重を「美容体重」というのはなんとなく聞いたことがある方も多いかと思います。それに加えて、女性の各部位ごとの美しい体型(美容サイズ)がわかる計算式もあるのだとか。

女性の標準・美容体重の計算式とは?

自分ではもっと痩せたいと思っているのに、健康診断などで痩せているという結果がでるのは、自分の理想の体型・体重とのギャップがあるからかもしれません。

【標準体重の計算方法】
標準体重とは、最も健康的に生活できるとされる理想的な体重のこと。

身長(m)×身長(m)×BMI値(22)=標準体重
(例)身長150cmの場合
1.5×1.5×22=49.5kg

【美容体重の計算方法】
美容体重とは、スリムなプロポーションを意識した体重のこと。

身長(m)× 身長(m)× BMI値(20)= 美容体重
(例)身長150cmの場合
1.5×1.5×20=45kg

自分の「標準体重」や「美容体重」を知っておくと、理想の体重の参考になるかもしれません。

女性の各部位の美しい体型、美容サイズの計算式

体重はあまり気にせずに体型を一番気にしているという方も多いのでは?体重は軽いのに体型が理想と違う…ということもありますよね。

そんな時に役立つのが各部位ごとの美容サイズの計算式です。

【ウエストの美容サイズの計算式】
身長(cm)×0.37〜0.39=美容サイズ
(例)身長150cmの場合
150×0.37〜0.39=55.5〜58.5cm

【ヒップの美容サイズの計算式】
身長(cm)×0.53〜0.54=美容サイズ
(例)身長150cmの場合
150×0.53〜0.54=79.5〜81cm

【太ももの美容サイズの計算式】
身長(cm)×0.29〜0.31=美容サイズ
(例)身長150cmの場合
150×0.29〜0.31=43.5〜46.5cm

【ふくらはぎの美容サイズの計算式】
身長(cm)×0.2〜0.21=美容サイズ
(例)身長150cmの場合
150×0.2〜0.21=30〜31.5cm

【足首の美容サイズの計算式】
身長(cm)×0.12=美容サイズ
(例)身長150cmの場合
150×0.12=18cm

いかがですか?美容サイズはかなり細いですね。私はここまで細くなくて良いので、健康的で少しこの美容サイズに近づけたいなと思います。自分の身長で計算してみてぜひダイエットの参考にしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事