メイクをしても目立つ「頬の毛穴」をきゅっと引き締めるコツ

メイクをしても目立つ「頬の毛穴」をきゅっと引き締めるコツ

頬の毛穴がぽっかり空いていたり、黒ずんでいるとファンデーションをつけてもうまくカバーしきれませんよね。そこで、頬の毛穴を目立たなくしながら、ざらついた肌をなめらかにする、おすすめのスキンケア方法をご紹介します!

頬の毛穴がぽっかり目立つ、3つの原因とは

頬の毛穴が目立つ原因は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、乾燥によるもの。 潤いで満たされている肌はキメが細かく、ふっくらとしているため毛穴が目立ちにくいのですが、乾燥しているとキメが乱れたり、毛穴周りの細胞が緩むことで毛穴が開いてしまうと言われています。

2つ目は、毛穴の詰まりや角栓によるもの。毛穴には古い角質やメイク汚れ、ほこりや分泌された皮脂が詰まりやすく、放置していると角栓が毛穴に蓋をしてしまいます。さらに、角栓が酸化することで毛穴の黒ずみとなり、なにもせずに放っておくと毛穴の中にアクネ菌が繁殖して、ニキビになることもあるので注意が必要です。

3つ目は、加齢などのたるみによるもの。肌には潤いや弾力を与えるコラーゲンやエラスチンが含まれていますが、加齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少していきます。すると、肌の弾力がなくなり肌がたるみ、頬の毛穴をきゅっと引き締める力も弱まるため、毛穴が雫状に垂れ下がり目立ってしまうのです。

頬の毛穴を目立たなくして、肌をなめらかにするスキンケア方法とは

頬の毛穴に詰まった皮脂汚れなどを根本的に取り除こうとして、爪で押し出したり、洗浄力の強いクレンジングや洗顔を使うと、肌に必要な皮脂や潤いまで洗い落としてしまいます。皮脂が少なくなると、肌本来の備えられた防衛本能により、余計に皮脂の分泌が促されてしまうため、落としすぎないクレンジングや洗顔が大切。

洗顔をするとき、洗顔フォームはしっかり泡立ててたっぷりと肌に乗せてから指の腹で優しくマッサージするように洗ってくださいね。決して力を加えずに、キメの細かい泡で汚れを浮かし取るイメージです。

洗顔後は、頬の毛穴にたっぷりの潤いを与えます。化粧水を手のひらに適量出して、頬、おでこ、鼻、口の周りに均等に伸ばします。擦らずゆっくりと化粧水を肌に送り届けるように、優しく押さえながら馴染ませましょう。肌がひんやりと感じるまで、これを3〜4回ほど繰り返します。

頬の毛穴が気になる部分には、タオルやガーゼで包んだ保冷剤を当てて毛穴をきゅっと引き締めるのも効果的です。朝のメイク前に行うのがおすすめ。仕上げに乳液やクリームを薄く伸ばして油分を補えば、お手入れ完了です。

また、肌のたるみを防ぐためにも、コラーゲンを減少させる紫外線から肌を守ったり、ターンオーバーを正常にするためにインナーケアにも力を入れていくと良いでしょう。エストロゲンを増やす豆乳や枝豆などの豆類を積極的に摂ることもおすすめです。

頬の毛穴を目立たなくしてすっぴん肌に自信を!

頬の毛穴が目立つ原因は3つありますが、目立たなくするためには保湿ケア・紫外線対策・インナーケアが基本です。地道に続けることが毛穴を引き締め、なめらか肌への近道ですので、ぜひトライしてみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事