花粉や風邪対策に欠かせないマスク、それが肌トラブルの原因に!?

花粉や風邪対策に欠かせないマスク、それが肌トラブルの原因に!?

花粉や風邪、インフルエンザなどのウイルス対策のために、マスク姿の方を多く見かける季節ですが、合わないマスクを使い続けていると、肌がかゆくなったり、敏感になってしまうこともあります。そこで、肌に負担をかけにくいマスクの使い方をご紹介します!

花粉対策などにしているマスクが、肌トラブルを招く理由

この時期は特に、花粉や砂埃を防ぐために、マスクが手放せないという方が多いのではないでしょうか。

しかし、マスク部分やゴム紐部分に長時間肌が触れていると、話したり口元を動かしたときなどに肌とマスクが擦れて摩擦を起こし、肌トラブルを引き起こしやすくなります。しかも、そのマスクの擦れで摩擦を起こした肌が刺激を受けると、シミの元となるメラニン色素が作られて、シミやくすみになってしまう場合があるのはご存知でしょうか。

季節の変わり目だから肌の調子がよくないのだと思われている方も、それはマスクが原因だった、なんてこともあるかも知れません。

手軽に使える不織布でできた使い捨てマスクを使う方が多いかと思いますが、そのマスクの素材が自分の肌に合っているかどうかもチェックしてください。また、マスクに含まれている抗菌剤などが、肌トラブルになる可能性もあると言われています。マスクをつけ始めた時期から肌の調子がイマイチという方は、今一度お使いのマスクについて見直しすることをおすすめします!

肌トラブルを引き起こさないためのマスクの使い方

マスクと肌との摩擦を防ぐためには、まず、自分の顔の大きさに合ったマスクを選びましょう。大きすぎるマスクは、肌との間に隙間ができてその役割が十分に発揮できないので、ちょうど良いサイズのマスクを着用することが大切です。さらに肌に優しい綿や麻などで出来たマスクを選ぶのが良いですね。中でも、ガーゼマスクは手に入りやすく着用しやすいかと思います。

また、マスクを長時間着用し続けると、呼吸でマスクの中が蒸れる上に、その部分の肌の乾燥や、くしゃみや咳をしたときの唾液で雑菌が繁殖しやすくなります。マスクは1日中つけたままにせず、不要なときには外して肌の蒸れを解消してましょう。

マスクは、こまめに取り替えて清潔な状態を保つことも大切です。鞄の中にマスクを数枚入れておき、お昼休憩を終えたら新しいマスクに替えるなど、最低でも1日1回は新しいマスクに交換しましょう。

マスクを外したあとの肌は、摩擦や蒸れなどにより肌のバリア機能が弱まりがちです。肌が乾燥していると摩擦によるダメージを受けやすくなるため、マスクをつける前に、肌に潤いを与える保湿ケアを重視してスキンケアを行うことをおすすめします。なるべく、肌への負担が少ない成分で作られたスキンケアアイテムを使うと良いですね。

マスクの使い方を見直して、肌トラブルを予防しよう

マスクの選び方を見直し、着用したままにせずにこまめに取り替えたり、肌をしっかり潤わせるスキンケアをしていくことで、肌トラブルが解消されるかも知れません。マスクが欠かせない方は、ぜひ見直ししてくださいね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事