この一手間で、美まつげに!マスカラクレンジングの選び方とケア方法

この一手間で、美まつげに!マスカラクレンジングの選び方とケア方法

まつげを長くして目を大きく見せてくれるマスカラですが、間違えたクレンジングをしているとまつげが切れたり、目元の色素沈着などにつながってしまいます。デリケートなまつげをしっかり守りながら、まつげにも肌にも優しいクレンジングをしましょう。

落ちにくいマスカラ、しっかり落とせていますか?

汗や水に強いウォータープルーフマスカラや、まつげを長く太く見せるボリュームタイプのマスカラなど、落ちにくいマスカラがたくさん売られていますが、しっかり落とせていないと、まつげや目元の皮膚に大きな負担がかかってしまいます。

マスカラを早く落とそうとして、アイシャドウなどのアイメイクと一緒にゴシゴシ擦ると肌に摩擦が加わり、シミやくすみ、色素沈着の原因になりかねないので注意が必要です。

マスカラクレンジングの選び方と、優しい落とし方とは

マスカラを落とすとき、どのようなクレンジングを使っていますか?ベースメイクなどの顔の広い範囲に使うクレンジングと同じものを使うと、マスカラやアイシャドウなどのアイメイクに含まれている濃い色素が、顔全体に広がってしまい、肌トラブルを招いてしまう可能性があります。肌とまつげを守るためにも、マスカラはポイントリムーバーを使って落としましょう。

ウォータープルーフマスカラは、メイクの中でも特に落ちにくくできているため、通常のマイルドなクレンジングでは洗浄力が弱くメイク汚れが残ってしまいます。顔全体用のクレンジングをする前に、アイメイクを落とせるポイントリムーバーを使って確実に落としていくことがポイントです。ポイントリムーバーは、マスカラと同じメーカーのものを選ぶとよりスムーズに落とせます。

そして、マスカラの落とし方ですが、コットンにたっぷりのポイントリムーバーを含ませて、まつ毛をパックするように密着させ、リムーバーとマスカラを馴染ませます。コットンをまつげの根元にも優しく押し当てて、根元から毛先に向かってさっと滑らせるようにすると簡単に落とすことがき、まつげへのダメージが軽減されます。さらに、鏡を見て目尻やまつげとの隙間にマスカラが残っている場合は、綿棒にポイントリムーバーを含ませて、優しく毛流れに沿いながら拭き取りましょう。

また、マスカラを落としたあとのまつげは敏感になりがちなので、まつげ美容液を塗って栄養を与えたり、目元をホットタオルで温めてからアイクリームで血流を促すマッサージをしてケアしましょう。

マスカラを優しく落として、健康な美まつげに!

アイメイクとベースメイクを分けてクレンジングするのは少し面倒なようでも、ポイントリムーバーでマスカラを優しく落としてあげることで、美しいまつげを保つことができます。この一手間が、健やかなまつげをキープするコツです。是非、お試しください。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/

関連記事