白髪は予防・改善できる?自分でできる白髪対策・セルフケア方法

白髪は予防・改善できる?自分でできる白髪対策・セルフケア方法

「白髪は遺伝だから何をしても仕方がない」「一度白くなった髪は、生涯ずっと白髪」などの白髪にまつわる噂が蔓延してますが、白髪になってしまったらあきらめるしかないのでしょうか?白髪の原因・正しい白髪ケア法を知って、前向きに白髪対策を始めましょう!

白髪の原因って何?白髪ができるメカニズム

髪は生えてくるときに、毛根でメラニン色素によって黒く色付けされるそうです。このメラニン色素をつくる仕事をしているのが、メラノサイトという細胞。メラノサイトが順調に働いてれば、問題なく黒い髪が生えてくるというしくみです。

ところがこのメラノサイトが減少すると、髪色はどんどん薄くなってくると言われています。やがてメラノサイトがゼロになれば、その毛根からは白髪しか生えてこない可能性が。髪の根本は黒いのに途中から白髪、みたいなバイカラー毛を見つけたことはありませんか?それはメラノサイトが急に休止したりまた復帰したりと、活動にムラが生じてしまっている状態です。

このように白髪を引き起こす、メラノサイト不調の原因を考えてみましょう。

第一の要因が老化と言われています。人は加齢とともに、あらゆる細胞が老化を始まるとされています。老化によるメラノサイトのバグは、完全には避けきれません。

しかし日常の生活習慣を変えることで、老化スピードを遅らせることは可能です。万病の原因となるストレスや乱れた食生活、喫煙、過度の飲酒が老化を早める要因となるのはご存知でしょう。さらに運動不足も関係します。運動不足は、体の血行不良を引き起こすからです。メラノサイトが元気に働くためには、頭皮の血行が良くする必要があります。

気になる遺伝問題にも触れておきましょう。親子で髪色や肌色が似るように、細胞の色素情報は大きく遺伝すると言われています。しかし白髪の原因となるメラノサイト細胞の遺伝に関しては、まだはっきり関係すると医学的に証明されていません。遺伝子ではなく同居する親子の似通った生活習慣が、メラノサイトの老化を助長している可能性も大いにあるからです。

つまり遺伝も含め、白髪になりやすいかどうかは個人差がある。でも白髪の原因となる老化現象を阻止できるかどうかは、本人の努力次第だということです。

自分でできる白髪の予防法4選

バランスの良い食事に適度な運動、ストレスを溜めず睡眠をしっかりとる。これだけ完璧な生活が送れたら、白髪に限らず、さぞかし理想的な健康体になれるでしょう。でも多くの人は、ここまでのストイック生活を貫くことは難しいですよね。不健康な生活をしないというのは大前提として、もっと気軽にチャレンジできそうな白髪の予防対策をご紹介します。

寝る前はスマホ・パソコンを見ない

「いきなりハードルが高い!」なんて言わないでくださいね。白髪の大きな原因は、メラニン色素をつくりだすメラノサイトの機能低下とされています。メラノサイトの老化を阻止するには、睡眠中に分泌される成長ホルモンの助けが必要と言われています。成長ホルモンは睡眠中、とくに寝入った後30分間に多く分泌されるそうです。その勝負の30分間に、いかに深く良質な眠りを得られるかが白髪対策に重要だと言われています。寝る前にスマホやパソコンを見てしまうと、強い光が脳に過度な刺激を与えます。寝る前から心身ともにリラックスした状態でなければ、睡眠の質は著しく低下します。寝る一時間前からはテレビも消して、暗い照明の部屋でゆっくりと過ごすことが大切です。

夜にチーズを食べる

メラノサイトの機能改善だけでなく、髪を黒く染めるメラニン色素自体を増やすことも白髪対策に有効とされています。メラニンの元となるチロシンという物質を十分に摂取するため、チロシンが多く含まれるチーズを多く食べることをお勧めします。チーズが苦手な人は、豆腐や大豆なでも大丈夫。一人前かそれより多い量を、できるだけ毎日食べます。髪は寝ている間に生成されます。夜食べたほうが良いのは、チロシンが血中で作用するピークの時間帯、摂取してから2時間後は睡眠中がベストと言われているからです。

生姜(ショウガ)を食べる

生姜を食べると、体がぽかぽか温まりますね。手足や頭皮など、体の末端部分を温める効果があるのは、生姜のジンゲロールという成分だそうです。ジンゲロールは加熱しない、生の生姜に多く含まれます。メラノサイトを元気にするには頭皮の血行が重要と言われていますので、食べ物で血行促進を図るのもひとつの方法です。一日に10グラムを目標に摂取しましょう。生姜一かけ(親指の第一関節から上程度)が目安です。チロシン&ジンゲロールのダブル効果を狙ったメニュー、すりおろし生姜たっぷりの冷奴がお勧めです。

頭皮を刺激する(マッサージ・ツボ押し)

頭皮の状態が今どうなっているか、チェックしてみてください。10本の指の腹で頭全体を掴み、グイグイと動かします。頭皮が頭蓋骨からずれて動くようなら大丈夫。硬くガチガチに凝り固まっている場合は、血行不良のイエローサインです。頭皮マッサージやツボ刺激など、血行を促す方法はいろいろありますが、ポイントはやってみて気持いいと感じること。どんなに優れた白髪対策も、三日坊主でやめてしまっては意味がありません。頑張りすぎない方法で、毎日続けることが大切です。

白髪になりにくいシャンプーなどが人気!白髪を予防する人気ヘアケアグッズ

白髪予防になる、頭皮の血行促進マッサージやツボ押し。無理せず続けたいなら、便利なヘアケアグッズを活用してみましょう。ものぐささんには、バスタイムで使うシャンプーなど、毎日のルーティンに組み込めるアイテムがお勧めです。

最近は白髪予防に効果的な、白髪用シャンプーが人気です。例えば「haru(ハル)黒髪スカルプ・プロシャンプー(nijito)」。頭皮にやさしい弱酸性・アミノ酸系・ノンシリコン・無添加・無着色という高スペック成分に加え、メラノサイトに直接働きかける物質ヘマチンも配合されています。「グローイングショット グラマラスケアシャンプー(POLA)」は、ジノセノサイドという血行促進作用のある成分が配合されており、白髪予防に効果的だそうです。

いつものシャンプーを白髪ケア専用に替えるだけでなく、洗い方にもこだわってみましょう。「洗う」に「ほぐす」の動作を加えて、指の腹で頭全体を大きく包み込みマッサージします。とくに頭頂部や後頭部は血行不良になりやすい場所ですから、念入りに行ってください。

洗髪時のマッサージ効果をもっと高めたいなら、シャンプーブラシを使うのもお勧めです。たくさんの突起が頭皮をやさしく刺激してくれるので、血行が促進されます。同じものが2つあればいつも通り両手でシャンプーできるので、時短かつ快適ですよ。

白髪ができてしまったら…白髪を隠す方法や白髪隠しヘアケアアイテムをご紹介

白髪は努力次第で減らすことはできますが、もう生えてきてしまった白髪をヘアケアで修復することはできません。白髪があるとどうしても老けて見られがちなので、女性としてはうまく隠したいですよね。

手軽に白髪カバーするなら、ヘアスタイルを変えてみたり、ヘアアレンジを工夫してみてはいかがでしょう。白髪が目立つ箇所は、頭頂部やサイドの生え際です。そこをうまくカバーしてあげることで、白髪の存在を目立たなくすることができます。

白髪が最も目立ちやすい髪形は、ストレートヘアのダウンスタイル。逆に不思議と白髪が目立たちにくいのは、ふんわりとしたパーマヘアです。ヘアクリップを使ってゆるいまとめ髪にしたり、流行の太ターバンやスカーフでヘアアレンジしたりすれば、若々しくおしゃれな白髪カバーが叶います。

お出かけや特別な日だけ黒髪になりたいという場合は、お手軽な白髪隠しグッズもお勧めです。気になる部分にだけブラシで溶液を塗る白髪マスカラや、ファンデーション型のパウダータイプの白髪隠しなど、様々な種類があります。その日限りの低刺激な白髪隠しだから、髪や頭皮へのダメージを気にすることなく、気軽に使えるのがメリットです。

白髪染めやヘアマスカラは髪を傷める?白髪を隠すヘアアイテムの注意点

今生えている白髪を完全に無くしたいと、白髪染めを選択する人も少なくありません。一度髪を脱色してから内部に染料を浸透させる白髪染めは、確かに持ちが良いです。ただし強力な薬剤を使用しますから、髪や頭皮へのダメージは避けられません。白髪染めを繰り返すことで、どうしても髪の質感が悪くなります。またアレルギーの可能性もありますから、サロンで施術してもらう方が安全です。ヘアカットを含め、一回あたり1万円程かかると考えると、1~2か月毎に通うのは結構な出費になりますね。

そんな白髪染めのデメリットを考えたときに代替策として選ばれるのが、白髪用ヘアマニキュアです。マニキュアは髪を脱色することなく上からコーティングするだけなので、白髪染めに比べると持ちの良さは劣ります。また白髪を黒くすることはできても、髪全体を明るくして白髪を馴染ませるというやり方はできません。しかし白髪染めに比べると自宅でできて安価だということ、また髪や頭皮へのダメージを考慮すれば、十分バランスの取れた商品だと言えるでしょう。

白髪を隠すアイテムはその他にも、先ほどご紹介した部分用の白髪隠しや、毎日の使用で少しずつ染めていく白髪染めシャンプー・トリートメントがあります。白髪染めシャンプー・トリートメントに関しては、髪質によって染まり具合に個人差があるようです。またどちらのタイプも、洗髪後タオルが染まってしまったり、汗をかいたら服を汚してしまったりといったデメリットがあります。手軽に使える白髪カバーは、それだけ色落ちもしやすいということを覚えておいてください。

まとめ

白髪の悩みを根本的に解決したいなら、毎日の生活習慣やヘアケアを見直してコツコツと白髪対策を続けましょう。白髪予防の専用シャンプーやヘアケアグッズを活用すれば、より効果的に取り組めます。白髪をカバーしたい場合は、商品の特徴をよく知って目的に合った商品を選んでくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事