私たちの乾き知らずの潤いリップ~GINGERリアル読者のビューティルポ~

私たちの乾き知らずの潤いリップ~GINGERリアル読者のビューティルポ~

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな...

GINGERの読者サポーターのなかでも、美容にこだわりを持つ美GINGERメンバー。彼女たち自身が使い、本当によかったものや美容法など、リアルな声とともにお届けする連載!
今回のテーマは、ポーチinマストの潤い抜群リップ。季節の変わり目である今の時季は、花粉や気温の寒暖差、自律神経の乱れ、紫外線など多くの要因が重なって、冬以上に唇が荒れやすいです。なので、保湿力の高いアイテム選びが重要ですね。理想のリップを選ぶためのヒントをお届けします。 

【國分里衣さん/写真左】使い続けてぷるぷる唇を手に入れる!

最近のお気に入りリップは、今年に入ってリニューアルされたファンケルのアクアセラムルージュb!

冬の季節で乾燥してしまい、縦じわが目立って悩んでいたのですが、このリップに出合ってからぷるぷると潤いのあるリップをキープ出来ています。本当に優秀で、初めて使ったとき、感動したんです。
他のリップとは何が違うのだろうと調べてみたら、とろける美容オイルによって、ふっくらとした立体感のある唇にみせてくれるとのこと。さらに、リップトリートメ ント成分が入っていて使い続けることで、乾燥によって縦じわになりがちな唇を潤いのある唇に導いてくれるそうなのです!

私はチェリーレッドを使っています。手元で見るとダークな色味で、一見使いにくそうな色をなのですが、つけてみると日本人の肌色に映える大人色に変身します。それも驚いたポイントのひとつです。
うるうる唇を手に入れるためにも使い続け、他の色にも挑戦したいなと思っています。

美GINGER NO.032 國分里衣
仕事にプライベートに自分らしく、楽しい毎日を送ることを心がける。同じアラサー世代の女性たちにとって身近で役立つ美容を日々探求。GINGERゴルフチーム第1期生、ランチーム1期生としても活躍。インスタグラムはこちら

【草深杏奈さん/写真中央左】溺愛リップはTHREEで決まり!

私が何度もリピ買いしているリップを紹介します。スリーのベルベットラストリップスティックです。

お気に入りポイントは、保湿成分が50パーセントも入っていて、下地がなくてもこれ1本で潤うので、外出先でサッとお直しする際にとても重宝しています。
カラーはいつも05番を必ず持ち歩いているのですが、とても自然なピンクベージュで、仕事や普段の外出にとても使いやすい色です。

もうひとつは、同じくスリーのシマリングリップジャム。

名前がとても可愛いですよね。その名の通り、ジャムのように、とてもジューシーな唇になります。
11番がお気に入りで、夜出かける時など、雰囲気を変えたいときに使っています。見た感じシックな深い赤で唇に乗せるとどんな色になるの!?と思いましたが、塗ってみると赤より少し落ち着いた色味で、肌馴染みがとてもいいです。

この2本は無くなるといつも買い足していますが、また違った色のリップにも挑戦していきたいなと思います。

美GINGER NO.033 草深杏奈
30代1児の母。忙しい毎日でもtry everythingをモットーに、美容に限らず様々なことにアンテナを張っている。シミのない肌を目指して様々なスキンケアや美容法をお試し中。

【千葉レイラさん/写真中央右】見た目もキュートなシャカシャカポンでリップメイク完成

今までリップメイクに関して正直言うと、あまり気にしていませんでした。普通のリップクリームでいいと思っていて、以前はリップメイクに全然興味がなかったんです。

ある日、私の誕生日プレゼントで友人から、ランコム ジューシーシェイカーをプレゼントしてもらい、それ以来リップメイクにハマっています!  サイズが小さく、可愛らしい見た目なのでいつも持ち歩いています。シャカシャカ振って、ぽんぽんと唇にのせるだけです。

このリップオイルは4種類のオイルが入っていて、リップクリームのように唇を潤してくれます。今のような乾燥している時期の乾いている唇にとてもよいのです。

色もとてもお気に入りで、色はベリーテールを愛用中。ナチュラルな発色で、名前のとおりベリーのような赤みのあるこの色が大好きです!  使い切ったら、リピートしたいと思っています。他の色も可愛いので、ぜひチェックしてください。

美GINGER No.018 千葉レイラ
カナダで生まれ育ち、現在は日本に移住し英会話講師として勤務。海外コスメやヘアケアに関して一家言あり。気に入ったコスメはとことん使い倒す主義。インスタグラムはこちら

【中岡志保さん/写真右】春に向けてメイクの衣替えはリップから!

春も近づいて、春色の新作コスメを見始めた人も多いのではないでしょうか? もちろん私もそのなかのひとりです。
私は春のメイクとなると、桜を連想させるような青みのあるピンクをつけたくなります。そんな私がリピ買いしている商品をご紹介します。

RMKのカラーリップグロスのローズレトロと、シュウ ウエムラのルージュアンリミテッドのBG931です。

どちらも乙女感たっぷりな青みピンクですが、このふたつを組み合わせて使うのがかなりおすすめです! 春は少し濃いめの色をつけても、明るい色合いの服が多いので、唇だけ浮くことはありません。なので、リップは思い切った色をつけても、春メイクにぴったりです。

RMKのローズレトロは青みの繊細なパールが散りばめられていて、透明感のある質感で、立体感あるぷっくり唇になります。繊細なパールの輝きがたまらなく可愛いですよ。

もちろんグロスも大切だけど、ベースにする青味ピンクの口紅がより大切です! それに必需品なのがこちらのシュウ ウエムラのBG931。

見た目は結構派手かも!と思うのですが、青みのピンクはもともと赤い唇に対してだと、思ったような色に発色しにくいのです。だから、このシュウ ウエムラのリップは、しっかり青みピンクのベースを作り、さらにRMKのグロスを重ねることで理想の色を表現できます!

理想の青みピンクにまだ出合えていない方、ぜひぜひお試しあれ♡

美GINGER No.21 中岡志保
大手メーカーの化粧品の研究員として勤務。研究員ならではの独自の目線で、コスメを熱く語る。女子力高めのコスメやグッズに夢中。インスタグラムはこちら

関連キーワード

関連記事