デオドラントってどういう意味?デオドラントの効果と種類や選び方

デオドラントってどういう意味?デオドラントの効果と種類や選び方

汗ばむ季節になると気になるが体臭や汗の匂い。春や夏になるとそんな匂いのケアをするデオドラント商品を目にする機会が多くなるのですが、デオドラントの本来の意味はご存知でしょうか?デオドラントと制汗剤の違いや正しい使い方を知って、汗ばむ季節を快適に過ごしましょう!

デオドラントの意味とは?デオドラントの基礎知識

そもそもデオドラントは、防臭剤・脱臭剤という意味です。それなので体臭ケアに限らず、洗濯用やルーム用のデオドラント剤もあります。

体臭を抑えるデオドラント剤は、お手軽な体臭ケア用品としておなじみですね。わき汗のにおいが気になる場合は、まずポピュラーなスプレータイプやロールオンタイプのデオドラントを試してみる人が多いでしょう。デオドラント剤には他にも、クリームタイプやシート状など、様々な種類のものが販売されています。香り付きがあったり無香料があったりと、選択肢がありすぎてどれを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

体臭ケアアイテムを選ぶとき気になるのが、デオドラント剤と同じように扱われている制汗剤という製品。汗を抑える体臭対策ということはなんとなく分かるのですが、詳しい効果や基準については、あいまいではありませんか?デオドラント剤と制汗剤は、実際どのような違いがあるのでしょうか?

デオドラントと制汗剤の違いは?正しいデオドラントの使い方

デオドラント剤は、雑菌の繁殖を防いで、いやなにおいを抑えることを目的としています。最近では、有効成分として銀イオンなどが有名ですね。一方、制汗剤は汗の量を減らすために使用する製品です。体臭の原因となる、汗自体を減らしてしまおうというのがコンセプトです。

制汗剤で汗が抑えられるしくみは、塩化アルミニウムなど「収れん剤」の効果によるものと言われています。「収れん剤」と汗の成分とを反応させて、汗腺を塞ぐ働きをするとのことです。塩化アルミニウムは皮膚科で多汗症の治療にも使われることがありますが、肌への刺激が強く、とくに皮膚の薄いわきに使用すると炎症を引き起こすことも。また汗の出口を塞ぐことで、汗と一緒に排出されるべき老廃物の排泄を妨げてしまうため、余計に汗が濃くなり、においがきつくなってしまう場合もあります。

このようにデオドラント剤と制汗剤は、本来異なるアプローチの体臭ケア製品です。しかしながら最近は、においを防ぐ抗菌成分も配合された、複合タイプの制汗剤も多く販売されているので、区別がつきにくくなっています。

成分をよく把握せずに、リフレッシュ目的でデオドラント剤、制汗剤を多用することは、肌トラブルの元になる可能性があります。制汗剤は、必ず効果や注意点をよく認識した上で使用しましょう。また汗量ではなくにおいだけをケアしたい場合は、抗菌作用のみのデオドラント剤を選ぶことをお勧めします。

デオドラントの効果と種類や選び方のポイント

実際にデオドラント剤を選ぶ際のポイントを、製品タイプ別に見ていきましょう。

クリームタイプ

最近人気なのが、抗菌成分を患部にしっかり塗り込むことができる、クリームタイプのデオドラント剤。汗をかいても流れ落ちにくいのがメリットです。肌が乾いた状態でないと塗りにくく、毎回汗をきちんと拭き取ってから使用するため、より効果が高まると言われています。

ジェルタイプ

クリームと同じく、手のひらで直接塗り込むタイプ。オイルフリーのデオドラントジェルは使用感がさらっとしているので、べたつきが苦手な人にお勧めです。チューブ入りタイプなら、容器内に直接手を触れないので衛生的です。

スプレータイプ

パウダー入り制汗剤によく見られる、スプレータイプのデオドラント剤。わきだけでなく体の広い範囲にも使いやすいですが、肌への密着度が低いため、直に塗り込むタイプに比べ効果は劣ります。冷却効果による気持ち良さと、気になるときにサッと使える手軽さは魅力。ただし、汗を拭かずに香り付きのスプレーを使うと、汗と混ざり合っていやなにおいの原因になるので気をつけましょう。

ロールオンタイプ

ボールをコロコロ転がして中の溶液を塗る、スティック状のデオドラント剤。クリームタイプ、ジェルタイプに近い肌への密着度と、スプレータイプと同じく手を汚さなくてもいい手軽さを両立したタイプです。ただし直接肌につけるので、衛生面には注意が必要。一度開封したものは、あまり長期間使い続けないほうが無難です。

シートタイプ

ウェットティッシュの形状で、汗の拭き取りとにおい対策が一枚で済ませられます。外出時、気になったらスムーズにケアできるので便利です。一枚ずつの使い捨てタイプで衛生的。パウダー入りのものは、サラサラ感が持続します。さっぱり感があって気持ち良いですが、有効成分を汗と一緒に拭き取ってしまうので、においの抑制効果は低めです。

ストーンタイプ

アルム石と呼ばれる、天然由来の硫酸アルミニウム結晶です。金属イオンが汗と反応して、殺菌・消臭効果を生み出すと言われています。また収れん作用による、制汗効果も期待できます。市販されているものは、ケースに入ったスティック状がポピュラー。少量の水で先端を濡らして使用します。お風呂上がりなど、清潔な状態の肌に使用すると長時間いやなにおいを防いでくれますが、男性でもわき毛処理が必要なこと、また使用後に水分を拭き取る手間が面倒なことなど、扱いづらさが弱点です。

デオドラント商品使用の注意点

どのタイプのデオドラント剤も、清潔な肌への使用を基本としています。手軽に使えるものほど間違った使い方をして、逆ににおいを発生させてしまうケースも。商品の注意書きをよく読んで、正しく使用しましょう。また柑橘類の香りやソープの香りなど、フレグランス付きのデオドラント剤も人気ですが、体臭と混ざってさらに悪臭と化してしまう場合があります。強すぎる香りで食事の席など周囲に迷惑をかけることのないよう、香り付きタイプを選ぶ際には注意が必要です。
体臭ケアのデオドラント剤は、わき以外に使うこともありますね。体の部位別に、お勧めのデオドラント剤をご紹介します。

足のデオドラント

一日中靴を履いたままの状況だと、どうしても足のにおいが気になります。雑菌を繁殖させないよう足や靴を清潔に保つことが大前提ですが、デオドラント剤を併用することで、消臭効果はアップします。足に使うものですから、外出先でいちいち靴下を脱いで何度も塗布するタイプは不便です。足用デオドラント剤は、長時間効き目の続くタイプを選びましょう。

お勧めは患部に有効成分をしっかり塗り込むことのできる、クリームタイプのデオドラント剤です。きれいに足を洗い、水分をよく拭き取ってから、蒸れやすい指の間を念入りに塗布しましょう。パウダー入りのものはサラサラとした使用感で、汗のかきやすい時期に快適です。

体全体のデオドラント

汗量が増える夏場や、スポーツ後のにおいが気になるという場合は、ミョウバン水スプレーがお勧めです。作り方は、精製水と漬物用など食品添加物としても使用される粉末ミョウバンを、30:1の割合で溶かすだけ。ストーンタイプのデオドラント剤に似たしくみで、消臭、収れん効果が期待できます。

いつものボディソープを体臭対策用の薬用石けんに替えてみるのも、体全体のにおい対策に効果的です。抗菌力の高い薬用石けんは、肌が弱く、デオドラント剤で炎症を起こしやすい人にも効果が期待できます。ゴシゴシこすり洗いをすると肌を傷めてしまうので、ボディタオルや泡立てネットでたっぷり泡立ててから、やさしく丁寧に洗いましょう。

ワキガがひどい場合はどうしたらいい?

市販のデオドラント剤をいろいろ試してみても、いまいち効果が実感できない場合は、もしかするとワキガかもしれません。ワキガの原因は、汗の種類に関係しています。まずは、わき汗のしくみについて説明しましょう。

わき汗には、2種類のタイプがあります。ひとつは比較的肌の表面から近い、真皮の「エクリン腺」から出る汗です。「エクリン腺」はわきだけでなく全身に存在し、この汗自体にいやなにおいはありません。かいた汗と肌表面にある古い角質・雑菌がまざり合うことで、においが発生すると言われています。

「エクリン腺」からの汗は比較的におい対策がしやすいのですが、厄介なのは皮下組織にある「アポクリン腺」という毛穴から出る汗です。タンパク質や脂質など多様な成分を含んだ濃くて粘っこい汗なので、雑菌と反応しやすく、においも強烈です。いわゆるワキガは、この「アポクリン腺」からの汗が原因とされています。「アポクリン腺」が存在するのは、わき、外陰部、外耳道(耳の中)など、体の限られた箇所のみです。外陰部の「アポクリン腺」が発達している場合、すそワキガが疑われます。

じつは「アポクリン腺」は遺伝により、持っている人とそうでない人に分かれるとされています。耳垢が乾いているか、湿っているかがひとつの判断基準です。(湿っていると外耳道に「アポクリン腺」があり、ワキガの可能性大と言われています)黒人は100%、欧米人で約80%有しており、日本人は10%程度が「アポクリン腺」保持者だと言われています。なので「アポクリン腺」保有者が多い国では、日本のようにワキガは悩みと扱われません。むしろ「アポクリン腺」からは粘っこい汗だけでなく、異性を惹きつけるフェロモンも放出されると言われているので、国によっては好まれる場合もあります。

とは言っても、ワキガのにおいに苦しんでいる人にとっては、一日も早く解放されたい悩みですよね。市販のデオドラント剤でなかなか効果が出ないという場合は、勇気を出して皮膚科や外科の診察を受けてみることをお勧めします。最近は保険適用での「アポクリン腺」除去手術も可能になってきました。またメスを入れないレーザー治療による「アポクリン腺」除去や、わき汗を抑えるボトックス注射などの選択肢もあります。

まとめ

人には話しづらい、においの悩み。デオドラント剤でのにおい対策は、効果や使用方法をよく調べてから、最適なデオドラント製品を選んでください。深刻なワキガが疑われる場合は、一度専門家の診察を受けてから対処法を考えましょう。最近はニーズに応じたにおい対策が多様にあるので、一人で深く悩まないでくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事