美人度を下げるメイクはもうしない!「メイクしたのにヘンな顔」予防テクニック

美人度を下げるメイクはもうしない!「メイクしたのにヘンな顔」予防テクニック

「メイクしてないほうがいいよね」と言われたことはありませんか? それは単に「薄いメイクが似合う」という意味ではないかもしれません。美人に見せるためのメイクが、むしろ美人度を下げているケースも。失敗しやすい鼻筋、涙袋、眉メイクをナチュラルにキレイに見せるコツをまとめました。

角度を変えるとホントの陰影がわかる!
ノーズシャドウは鏡を見下ろして

手っ取り早く美人になるのは眉に凝ることですが、顔全体の完成度を左右するのは「鼻」! 生まれつき高く通った鼻筋がなくても、メイクで印象を変えられるって素晴らしいですよね。ただし、入れかたを間違ってしまうと一気に違和感のある顔立ちになってしまうのがノーズシャドウの怖いところ。本来の顔立ちで影のできないところに描くと「あのコは鼻がコンプレックスなんだな」と周囲にばれてしまうかも。失敗しらずの入れ方は「鏡を見下ろした状態で入れる」ことです。正面から鏡を見てもわかりにくいけど、鏡を見下ろすと、眉の付け根に三角形が出現します。そのエリアに影をつけるようにノーズシャドウを入れれば、自然に彫りの深い顔立ちに。石原さとみさんのような細い鼻梁に見せたい時は、内側まで影をつけるのではなく、鼻筋に入れるハイライトの幅を細くする方がずっと自然です。

生まれつきに見える涙袋はこう作る!
顔をしかめて形を見きわめ

可愛い・美人と言われる人の顔には高い確率であるのが「涙袋」。アイドルの顔の涙袋を画像処理で消すと、別人のようになるほど顔の印象が変わるパーツです。これさえあれば、自然にタテの目幅を稼げるうえに、頬の長さまで目立たなくしてくれるので、ない人は作るのが得策。メイクで簡単に作れる涙袋ですが、生まれつきのような仕上がりにするには小さなコツがあります。それは「筋肉の動きに沿って作る」こと! 涙袋は、眼輪筋と呼ばれる目のまわりにある筋肉のふくらみ。表情筋の発達した芸能人にはみんな涙袋があるのも納得ですよね。この筋肉を強調するように光を乗せてあげるのが自然でかわいい顔のコツです。涙袋がない人も、顔をしかめると涙袋がうっすら現れます。この時、高くなるところにパールベージュやピンクのアイシャドウをなじませ、その下に薄いブラウンで影をつければ表情を元に戻しても自然な涙袋が出現します。表情の動きにフィットするので、やりすぎ感はゼロ。「どこまで描けばいいの?」と迷っていた人はぜひ試してくださいね。

静止画以外でも美人でいたいなら
眉カットは眉を動かしながら

眉の形にはトレンドがあります。眉の形を変えるだけで別人のような気分を楽しめますよね。でも、うっかりカットに失敗すると、見る人の心をざわつかせる不自然な眉毛になることも。眉をカットする時は、眉を動かしてまわりの筋肉の動きを確認するのが失敗しないコツ。特に、目を見開くように眉をあげたときに出現する眉の筋肉の上側をカットしすぎると、眉毛と表情がちぐはぐな、ある意味怖い顔になってしまいがちです。並行眉、困り眉に近づけるため、このエリアもざっくりカットしてしまっている人をよく見ますが、正面からの無表情ならOKでも、表情に動きが出ると一気に不自然顔に。眉に力を入れ、ぐっと持ち上げたときに見える筋肉より下の毛は、抜いたりカットしないのが自然な美眉のポイントです。平行に近づけたいときは、眉頭の上側をパウダーで足して、相対的に眉尻方面を下げて見せましょう。

変顔は美人のモト?
三面鏡ゲットもオススメです!

鼻筋、涙袋、眉……これらのパーツが顔の印象を大きく左右するのは、骨格や筋肉と連動する部分だから。その動きに沿ったメイクは表情を魅力的に、美人に見せる効果があると思います。自分の顔に触ったり、正面以外の角度からも鏡を見て、筋肉の動きや骨格を観察するのが美人度爆上げのコツ。ひとりの時は鏡の前で変顔をしてみるのも、自分の筋肉の動きや表情のクセが分かって楽しいですよ。三面鏡や合わせ鏡も美人になれるアイテムと言えそう。ひとつ手に入れてみては?

関連キーワード

関連記事