チアシードよりカロリーが低いスーパーフードのバジルシードとは?

チアシードよりカロリーが低いスーパーフードのバジルシードとは?

バジルシードってご存知ですか?バジルの種子のことなのですが、スーパーフードで有名なチアシードよりもカロリーが低いのでダイエットに向いているのだとか。美容成分もチアシードに負けず劣らずなので、まだ試していない方は要チェックですよ。

チアシードよりもダイエット向き?バジルシードとは

スーパーフードでお馴染みの「チアシード」。ゴマよりも小さいチアの種子が水分をよく含むことから、ドリンクや食べ物に入れると腹持ちがよく、食べ過ぎ防止になると有名になりましたよね。そのほかにも、チアシードにはa-リノレン酸や食物繊維、ビタミンB群などの美容に嬉しい成分も含まれています。既にお試し済みという方も多いのではないでしょうか?

チアシードは低カロリーで栄養価も高く美容に嬉しいスーパーフードですが、それよりも低カロリーなバジルシードというスーパーフードがあるのをご存知ですか?さっそく両者を見比べてみましょう。

【チアシードとバジルシードの比較】

<チアシード>
・熱量(1g・5kcal)
・水に浸すと10〜14倍に膨らむ
・栄養素(食物繊維、脂質、タンパク質、α-リノレン酸(オメガ3)、ビタミンB群、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛)
※含まれる栄養成分は商品によっても変わります。

<バジルシード>
・熱量(1g・1kcal) 
・水に浸すと30倍に膨らむ
・栄養素(食物繊維、脂質、タンパク質、α-リノレン酸(オメガ3)、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンK、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛)
※含まれる栄養成分は商品によっても変わります。

チアシードは全9種類の必須アミノ酸のほかに18種類のアミノ酸が含まれ、バジルシードは必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれています。美容成分はチアシードの方が少し高いようですね。

それぞれ良いところがあるので、美容面が気になる方はチアシード、カロリー制限が目的の場合はバジルシードを選ぶと良さそうです。

バジルシードはどうやって摂ったら良いの?

食前30分前に水と一緒に飲むと、食べ過ぎ防止になるのだそうです。簡単な方法は、500mlのペットボトルに大さじ1杯のバジルシードを入れて、5分ほど待ちます。これを食前にこまめに飲むのだそうです。また、水で戻したバジルシードをヨーグルトなどに入れて食べるとより食べやすいそうです。

最近ではバジルシードの入った飲み物も販売されているので、まずはそちらで試してみても良いかもしれません。春の食べ過ぎ防止に役立てたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事