すぐに試してみたい!ダイエットに役立つコーヒープラス××のまとめ

すぐに試してみたい!ダイエットに役立つコーヒープラス××のまとめ

コーヒーを飲むと胃液の分泌が促されたり、アドレナリンが出ることなどが影響して、食欲が減り食べ過ぎ防止が期待できるそうですが、その他にもダイエットに役立つ飲み方があるそうです。何をプラスすると、より効果が期待できるのか、ご紹介いたします。

コーヒー自体にもダイエット効果が期待できます!

コーヒーに何かをプラスしてダイエットに活用することが流行っていますが、コーヒー自体にもダイエット効果が期待できます。しかし、飲み過ぎは胃に負担がかかることもありますので、気をつけましょう。

【コーヒーの持つダイエット効果とは】
<カフェイン>
眠気をさます「カフェイン」には脂質を分解する「リパーゼ」が含まれているため、脂肪を燃やしやすくしてくれるのだそうです。

<クロロゲン酸>
体内に脂肪が蓄積されるのを防ぐ作用がある「クロロゲン酸」も含まれています。

<利尿効果>
利尿作用があるため、むくみ予防が期待できます。

<食欲を抑える>
コーヒーを飲むと胃液の分泌や、アドレナリンが放出されることによって、食べたいという欲がおさまる方も多いのではないでしょうか。食べ過ぎ防止になりますね。

コーヒーは運動する30分前に飲むと、より脂肪燃焼効果を得られると言われているため、朝食時に飲んで出勤や通学するのがおすすめですね。

コーヒープラス××で、更なるダイエット効果を期待!

それでは、コーヒープラス××の飲み方についてご紹介します。

【コーヒープラス××はどんな効果が期待できる?】
<ココナッツオイル>
オイルコーヒーでおなじみの、コーヒー+ココナッツオイル。ブラックコーヒーにココナッツオイルを大さじ1杯入れて、ミキサーで白っぽくなるまで混ぜるだけです。ミキサーがない場合は、泡立て器などでよく混ぜましょう。乳化させることによって消化酵素の働きを高めることができるのだそうです。

<バター>
「完全無欠コーヒー」の名前で有名になった、バターコーヒーです。ブラックコーヒーに無塩バターを10g入れ、ミキサーで乳化するまで混ぜます。バターコーヒーを朝食の代わりにとることで一般的な朝食の摂取カロリーよりも抑えることができ、腹持ちも良いので、昼食の食べ過ぎも抑制できることから、ダイエットに向いているそうです。普段、朝食を摂らない方はバターコーヒーを試してみるのも良いかもしれませんね。最近ではコンビニでも買えるので、家にミキサーがない方は購入するのも良いですね。

<シナモン>
シナモンには血糖値を下げる働きがあり、体を温めてくれる効果も期待できます。ホットのブラックコーヒーにシナモンスティックで香りづけするのですが、シナモンパウダーを適量入れても良いそうです。コーヒーショップにシナモンパウダーが置かれているお店もあるので、ホットコーヒーを買ったらトッピングしてみるのも良いですね。

いかがでしたか?オイルやバターコーヒーは、口の周りにオイルがつくので、ご注意ください。どれも簡単にできるプラス××なので、ぜひお試しください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事