すね・指・かかとのフットケアで、夏前までに美脚の素足を手に入れる

すね・指・かかとのフットケアで、夏前までに美脚の素足を手に入れる

これからの季節は、丈の短いスカートやパンツなどの脚を出す服装を楽しみたくなりますよね。ですが、自分の生脚に自信がない…という方も少なくないはず。すね・足の指・かかとのお手入れを念入りに行い、自信のある美脚を手に入れてみませんか?

美脚の素足になるには、フットケアが必要不可欠!

前から見ても後ろから見ても美しい脚で素足になるには、夏が来る前からお手入れを始めておくことが大切です。すねのポツポツを解消したり、足の指を清潔にして臭い対策をしたり、かかとの角質ケアをして、つるんとなめらかな美脚を目指していきましょう。

つるつるの美脚になるためのフットケアとは?

脚のケアというと、普段見せない膝の黒ずみを解消させることに着目しがちですが、すねのポツポツや脚の臭い対策、かかとの角質ケアも忘れずに行うことで脚全体を綺麗に見せることができますよ。

すねのポツポツの原因は、ムダ毛処理をしたあとの炎症や乾燥により毛穴が目立っていることだと言われています。ナイロン製の体洗い用タオルや、硬めのタオルでゴシゴシと洗うと、肌にダメージを与えてしまうため、たっぷりと泡立てた石鹸を優しく乗せて洗っていくといいでしょう。ムダ毛処理をしたあとはいつもより念入りに保湿ケアを行い、日常でも乾燥させないようにボディクリームを塗りこむ習慣をつけてくださいね。

裸足になったときや、ストッキングを履くときなどに気になるのがかかとのガサつき。かかとは乾燥しやすく、古い角質がうまく剥がれ落ちずに、体重がかかるため、かかとに角質が蓄積されて硬くなってしまいます。 ボディスクラブを使って定期的に古い角質をオフしてから、尿素入りのクリームを塗り込んでラップパックをすると徐々に改善していきますよ。

また、脚がつるつるで綺麗でも、臭いがあると台無しになってしまいます。脚の指の間や爪先に汚れが溜まりやすいことや、 同じ靴を履いていたり、蒸れた状態が続いていると臭いを発してしまいやすいので気をつけましょう。

毎日お風呂で指の間や指先、爪の周りを丁寧に洗い、重曹を入れたフットバスをするのも効果的。爪はこまめに切っておくといいですね。外出前には、ボディパウダーを指の間にはたいておくのもおすすめです。また、汗をかいたらボディシートで軽く拭き取り、ストッキングや靴下の替えを持ち歩いて、新しいものに履き替えると清潔な状態を保つことができますよ。

今から始めるフットケアで自信のある美脚へ

綺麗な素足になるには、すねやかかと、脚の指などの細かいパーツのケアも抜かりなく行うことがポイントです。外出前には日焼け止めを塗って、脚の日焼けを防ぎましょう。フットケアを今から始めておけば、夏が始まる頃には、自信のある美脚が手に入るはずなので、ぜひ試してくださいね!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事