高い美容効果が!ダイエットの味方にもなる「もずく」の効果とは?

高い美容効果が!ダイエットの味方にもなる「もずく」の効果とは?

沖縄では古くから愛されてきた「もずく」。スーパーなどでもよく見かけますよね。海藻なのでカロリーが低く、ダイエットに良さそうなイメージがあると思いますが、その他にも様々な美容・健康効果が期待出来る優れた食材なんです!

ダイエットにも役立てたい!「もずく」にはどんな効果がある?

海藻と言うと、ワカメや昆布・ひじき・めかぶなど、色々な種類がありますが、今回注目したいのが「もずく」です。

もずくは別名「イトモズク」と言い、生産量は沖縄県が最も多く、スーパーで売られているもずくのほとんどが、沖縄県産と言われています。
ヘルシーで栄養価が高い食材として、古くから沖縄県民に愛されてきました。

もずくは、ミネラルなどの栄養素が豊富な上、低カロリーなので、ダイエットに役立つだけでなく、様々な美容効果が期待出来ます。

◎腸内環境を整える
もずくには、海藻のヌメリ成分であり、水溶性食物繊維の一種である「フコイダン」が多く含まれます。
この食物繊維が腸内で善玉菌の栄養源となり、腸内環境を整えてくれます。

◎デトックス効果
「フコイダン」が、腸内で余分な脂肪を吸着し、排出してくれる働きがあるので、デトックス効果が期待出来ます。

◎ダイエット効果
低カロリーなのはもちろんですが、小腸・大腸で水分を吸収すると、何十倍にも膨らむ性質があり、満腹感を得ることが出来るので、ダイエットにも役立ちます。
また、「フコキサンチン」という成分が、脂肪の燃焼を促してくれると言われています。

◎美肌効果
もずくには、ミネラルが豊富に含まれるので、肌の保湿効果を高め、肌のハリつやを保ち、シワを抑える効果が期待出来ます。

健康効果としても、以下の効果が期待出来るとされています。
■免疫力を高める
■生活習慣病予防
■糖尿病予防
■痛風・二日酔い予防 など

食事に加えたい!「もずく」の食べ方と注意点

スーパーなどで売られている「もずく」には、天然のものは少なく、ほとんとが養殖なので、一年中手に入れることが出来ます。
旬は4~6月で、この時期は「生もずく」が店頭に並ぶことも増えてきます。
生もずくは、食感もしっかりしていて、美味しいのでオススメです!

食べ方としてはもずく酢が定番ですが、天ぷらにしたり、スープ・味噌汁・雑炊に加えたりと、アレンジがききます。
調理するのが面倒だという方は、市販のもずくパックを活用してみましょう!

もずくを食べる際は、以下のポイントに気を付けてみてくださいね。
◎食前に食べる
もずくには腸内で膨張する性質があり、食前に食べることで満腹感が増します。ダイエット効果を高めるには、食前に食べるのがオススメです。

◎冷え性の方は要注意
もずくには身体を冷やす作用があると言われているので、冷え性の方や風邪気味の方は注意が必要です。
身体を冷やしたくない場合は、スープなどに入れ、温かくして食べるようにしましょう。

◎食べすぎに注意
海藻類には「ヨウ素」が豊富に含まれるので、食べすぎるとヨードの過剰摂取になり、甲状腺の肥大や甲状腺ホルモンの異常を引き起こす可能性があります。
甲状腺に疾患がある方や、妊娠中の方は注意が必要です。
市販のもずく酢を1日1パック程度であれば問題ありませんので、適度に食べるようにしてください。

ダイエット効果や美肌効果など、様々な美容効果が期待出来る「もずく」を、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事