あなたはどうしてる?お金をかけずに洋服のニオイを消臭する方法!

あなたはどうしてる?お金をかけずに洋服のニオイを消臭する方法!

通勤中、電車の中でついてしまった加齢臭や香水のにおい・下着に染み付いたワキガ臭…!あなたは普段どのようにお手入れしていますか?クリーニングに持っていくことなく解消できるおすすめの消臭方法についてご紹介したいと思います。

気になるニオイを消臭する方法〜洋服編〜

きちんと洗濯しているつもりでも洋服の襟や脇、袖口の汚れは落ちにくく、残ってしまいがち。しかし、そのまま汚れを放置していると「モラクセラ菌」という雑菌が増殖し、きつ〜いニオイが発生してしまうと言われています。

<洋服のニオイを消臭するには?>
洋服につく黒ずみは汗や皮脂が酸化した酸性の汚れなので、アルカリ性の石鹸で手洗いすることをおすすめします。汚れが気になる部分に石鹸をこすりつけ、繊維を傷めない程度にブラシでこすった後洗濯機に入れます。また、すすぎは他の洗濯物と分けて2回まわすのが理想的です。

もしアルカリ性の石鹸が無い場合、クレンジングオイルでもニオイの元となる汚れを落とすことが可能です。その際、50度程度のお湯と一緒につけ洗いすると更に綺麗に落ちやすくなります。

気になるニオイを消臭する方法〜小物編〜

続いて、意外と見落としがちな小物類の消臭法についてチェックしていきましょう。

<靴下・ストッキングの場合>
足の裏は汗腺が密集しており、1日コップ一杯分の汗をかくそう。そのため、靴の中で長時間足が蒸れた状態が続いてしまうと当然ながらきついニオイが発生してしまいます。雑菌が増殖した靴下やストッキングは洗濯前にお酢につけるのがおすすめ!お酢には抗菌作用があるため、つけ置きすることで細菌の繁殖を防ぐ効果が期待できます。お湯で約10〜20倍に薄め、1〜2時間つけるようにしましょう。

<バッグの場合>
なかなか自宅で洗濯できないバッグ(特に革製品)には素材や形関係なく使用できる「炭」がおすすめ。炭にはニオイを吸収する働きがあるので、予防はもちろん、すでに染み付いてしまったニオイも消臭してくれます。

「ニオイ」と聞くとデオドランドスプレー・汗拭きシートなどのアイテムを使用し、身体そのもののケアに注目しがちですが、これからの季節は汗をたっぷりかく分、衣類のニオイケアも侮れません!「もしかして…」と心当たりがある女性は是非参考にしてみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事