ムダ毛処理後の埋没毛によるチクチク肌をすべすべ肌にするケアとは?

ムダ毛処理後の埋没毛によるチクチク肌をすべすべ肌にするケアとは?

膝や脇などのムダ毛を自己処理していると、皮膚の下で再びムダ毛が生えてきてしまい、埋没毛がチクチクして悩むことはありませんか?厄介な埋没毛をしっかりケアして、なめらかなすべすべの肌を手に入れましょう。今回は埋没毛のケア方法をお伝えします!

ムダ毛ケアをしたあと埋没毛が生えやすい原因って?

そもそも埋没毛とは、埋もれ毛とも呼ばれており、皮膚の下でムダ毛が育つことを指します。時間はかかるものの、埋没毛を放っておけば次第に肌の表面に出てきますが、 ムダ毛が伸びてくる間に刺激やかゆみが起こる可能性があります。

埋没毛は、肌荒れや乾燥などが大きな原因だと言われており、角質が分厚くなって毛穴を塞ぎ、新しく生えてきたムダ毛が表面に出られずに皮膚の下で育ってしまうのです。埋没毛の原因である肌荒れや乾燥を引き起こすそもそもの原因は、肌に負担のかかる方法でのムダ毛処理。正しいお手入れをしてあげることが大切ですよ。

埋没毛をケアしてなめらかなすべすべ肌にする方法

膝や脇などに埋没毛が生えていると、黒っぽくチクチクして見えるのですぐになんとかしたい!と焦ってしまいますが、毛抜きやカミソリなどで無理矢理取ろうとすると、肌に負担がかかって、さらに埋没毛ができやすくなってしまうので要注意。肌や埋没毛に負担をかけるような処理をしていると肌が傷つき、色素沈着やシミ、毛穴の目立ちの原因になる場合があるので気をつけてくださいね。

埋没毛は無理に取るのではなく、まずは、毛穴を塞いでいる古くて硬い角質を取り除くことから始めましょう。お風呂でゆっくり温まり、肌を柔らかくしたあと埋没毛がある部分にスクラブやピーリングをつけてくるくるマッサージをするように角質を取り除いていきます。スクラブやピーリング後は乾燥しやすい状態なので、尿素入りの高保湿クリームなどをたっぷり塗り込んで保湿ケアを行います。尿素は、分厚くなった古い角質を溶かしつつ、肌を柔らかくしてくれるのでとてもおすすめですよ。

普段のムダ毛処理は、カミソリや毛抜きよりも、刃物が肌にダイレクトに触れない電気シェーバーを使うといいでしょう。ムダ毛処理をしたあとは、ボディクリームやワセリンをたっぷり塗って季節を問わず、丁寧な保湿ケアをしてくださいね。

埋没毛のケアをコツコツ続けてつるすべ肌!

厄介な埋没毛は、無理に引っこ抜いたりするのではなく、毛穴を塞いでいる分厚い角質をスクラブやピーリングで柔らかくして、尿素入りのクリームで保湿してあげることがポイントです。これからの季節、ムダ毛処理が欠かせなくなりますが、カミソリや毛抜きよりも、肌に負担をかけにくい電気シェーバーを使ってお手入れをしてあげるといいですね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事