今日からできる!ツヤ髪を手に入れるドライヤーの簡単テクニック

今日からできる!ツヤ髪を手に入れるドライヤーの簡単テクニック

指通りなめらかでサラサラツヤツヤの髪の毛は女性らしさをぐんとアップさせてくれます。コテやヘアアイロンなどでヘアセットをするのもいいですが、毎日のシャンプー後に欠かせないドライヤーでツヤのある美髪を手に入れてみませんか?

髪に負担をかけやすいドライヤーのNGな使い方

さらツヤ髪を手に入れる前に、ついやってしまいがちなドライヤーの使い方を見ていきましょう。早く乾かそうとして、ドライヤーの熱を髪の毛の近くに当てて乾かしていませんか?ドライヤーを当てるときには、髪の毛に近づけすぎないように10〜20cm以上離すことが大切です。

また、毛先のうねりやハネを直そうとして長い時間ブローしているとドライヤーの熱によって毛先が傷んで余計にまとまりにくくなってしまう場合が。それだけでなく、髪の毛の真横からドライヤーを当てて乾かすと風が一部分にしか当たらずに完全に乾くまで時間がかかってしまうのです。

ツヤ髪を手に入れるお風呂上がりのドライヤーテクニック

ドライヤーを当てるときには、髪の毛から10〜20cmほど離して根元以外は45°の角度で当てていくことが基本だと言われています。

シャンプー後、柔らかいタオルで軽く水分を吸収させてタオルドライをしたら、まずは髪の毛を指でかき上げるように根元から空気を入れ込みつつドライヤーで乾かしていきましょう。

髪の毛の真ん中を乾かすときは、同じ場所に長時間当てすぎないように気をつけつつ、斜め45°を目安に上からドライヤーを当て髪の毛との間に指を入れながら小刻みに細かく動かして乾かしていくことをおすすめします。 

うねりやハネが気になりやすい毛先部分も同じように斜め45°からドライヤーを当てていき、指で毛先をくるんと内側に丸めるようにすると落ち着きやすくなりますよ。

ドライヤーで乾かし終わったら、髪の毛をピンと伸ばしながら冷風を当ててクールダウンさせると髪にツヤが出てきます。仕上げに洗い流さないトリートメントを毛先中心に馴染ませて、手のひらに残ったトリートメントを髪の中心につければ完了です。

毎日のドライヤーでツヤのある美しい髪へ

シャンプーをしたあと欠かせないドライヤーですが何気なく当てるのではなく、丁寧に乾かしていくことでまとまりやすいサラサラの髪が手に入るはず。ダメージを軽減させるためにも、外出前は髪の毛の紫外線対策、夜はトリートメントをしてあげてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事