食とコスメと優しい暮らしの新オーガニック提案を体験

食とコスメと優しい暮らしの新オーガニック提案を体験


【Fromエディターズ】 オーガニック、ナチュラル…といったワードもアイテムも、5年前は特別なもので、ある一定の人たちが好んで選んでいる傾向が強かったように思います。でも、今は「いいもの」「丁寧なもの」といった代名詞ともいえるほど「オーガニック」が使用、採用され、注目度もかなり高まっています。それはFOODだけでなく、化粧品やライフスタイルに通ずるもの全般に広がっているのではないでしょうか。そういった傾向を実際に体験できるフェスが東武百貨店 池袋本店にて3月29日~4月3日に開催! ひと足早く、潜入してきました。

日本そして世界各国から集められた100店舗以上が出店

まずはFOODエリア。オーガニック、ナチュラルというと最も親しみがあるものですよね。今回のフェスには、日本でなかなか手に入らないもの、催事限定のメニューが多数ラインナップされています。写真は3月に代官山に初上陸したばかりの、全米No.1オーガニックアイスクリーム「Three Twins Ice Cream」。化学調味料を一切使わず、素材の味を生かした濃厚な味が特徴。人気モデル 野崎萌香さんのレコメンドメニュー「レモンクッキー&ストロベリー×フランボワーズトッピング」は通常¥860のところ¥500で楽しめます!

野菜がメインでヘルシー、そして「萌え断」で有名なサンドイッチ専門店『POTASTA』も参加。フェス限定の「菜の花スクランブルエッグ トマトソース」¥600は、ショップ創業以来人気のスクランブルエッグの進化版で、春の恵みを堪能できます。

生活雑貨ブースには、生活習慣を改善してくれるアイテム、ブランドが充実。季節の変わり目のこの季節、なんとなく不調・・・を解消してくれる、安心安全なホームケア商品が一堂にあるので、じっくり比べながら選べます。

そしてGINGERでも登場回数の多いオーガニックコスメ。作り手の思いがギュッと詰まったものが多く、どれを選んだらいいのか難しこともあるはずです。今回はスキンケア、ヘア&ボディケア、メイク、アロマ、フラワーエッセンス、さらにはデリケートゾーンケアまで、世界各国からの逸品がラインナップ。プロからのアドバイスとともに、これぞというアイテムが納得して手に入るはずです。

地方の美味しいもの、珍しいものが集まる百貨店の催事。地方食のセレクトショップ的なラインナップが楽しくて個人的にもよく足を運んでいましたが、今回のフェスもかなり興味深く・・・滞在時間が予定より大幅に伸びてしまいました。 (GINGER編集部 WATANABE)

食とコスメとやさしいくらし「Natural&Organic Fes」 
3月29日(木)~4月3日(火) 
10時~20時(最終日は18時まで) 
東武百貨店 池袋本店 8階催事場

関連キーワード

関連記事