冬服のクリーニング徹底!肌にやさしい衣類の着心地をキープしよう!

冬服のクリーニング徹底!肌にやさしい衣類の着心地をキープしよう!

春になって気持ちも晴れやか!でも、お世話になった冬服をクローゼットの奥でそのまま1年間放置するつもりじゃありませんよね!次のシーズンに袖を通したときに、なんだか肌ざわりが悪い。また気持ち良く着るためにも冬服のクリーニングを徹底しましょう!

冬服そのまま仕舞ってる?クリーニングしないと肌荒れを起こすかも?

すっかり暖かくなりましたね!1ヶ月前の寒さが嘘だったような季節の変わりようですが、まだ衣替えをしていない人は多いのではないでしょうか。

冬服を夏服と入れ替えようとしている、そこのあなた!
ちょっと待って!その冬服、まさかその状態のまま次シーズンまで仕舞っておく気ですか?それはいくら何でも冬服に失礼です。寒いシーズン、ずっとあなたを包んでくれた冬服を、時期が終わったらクローゼットの奥に追いやってしまうのは、とてもかわいそう。

と、少しオーバーではありますが、実際次シーズンに気持ち良く袖を通すためにも、クリーニングに出すことをオススメします。

冬服はなかなか洗えないので、汗や皮脂が付着しているケースもあり、長期間クローゼットの中に保管されることで、シミになったり臭いが発生したり、肌ざわりが悪くなったりします。

次回着てみたら、肌荒れを起こした!なんてことにならないためにも、この機会にしっかりと衣類のケアをしておきましょう。

クリーニングでいかに清潔に、且つ肌に優しい素材を保てるか。

冬服を全部クリーニングに出したいところですが、量もそれなり、金額もそれなりになります。自身でできるものは自身で洗っても良いでしょう。

セーターなどはケアラベルの選択絵表示を見て、手洗いOKのものはおしゃれ着洗いの洗剤を使用して洗いましょう。裏返してネットに入れて短時間で洗います。お湯は縮みにつながる可能性があるので避けましょう。特にウールは縮みやすいので、大切な洋服はクリーニング店に出すのが確実です。

マフラーなどは洗濯機で洗うと生地のコシが抜けてしまい、質感が失われやすいです。特にカシミヤ素材のものはクリーニング店に任せましょう。

お気に入りや、効果な衣類は安易に自宅の洗濯機で洗わない方が後悔はしないでしょう。

次シーズン、巻いたマフラーがなんだかバサバサ。首がチクチクして肌が荒れた。なんてことにならないように、適切な衣類のケアを心がけたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事