簡単・シンプルな健康法、タオル首枕で正しい姿勢とリラックス!

簡単・シンプルな健康法、タオル首枕で正しい姿勢とリラックス!

PCやスマホを操作する時、首を不自然に突き出したり前かがみになってはいませんか?そのような体制を長時間続けていると、様々な不調を引き起こす原因になってしまうそうです。理想的な姿勢で過ごすには、タオル首枕を使った対策がおすすめです。

今すぐできるリラックス!タオル首枕の作り方

タオル首枕とはスポーツタオルを首に巻き、輪ゴムで止める超・シンプルな健康法。タオルを巻くことで負担のない楽な姿勢をキープできるほか、首周辺の保温によって血液やリンパの流れが良くなり、身体のあらゆるコリや痛み・女性に多い冷えなどの改善が見込めるそうです。

それでは、ここでタオル首枕の正しいやり方についてご紹介しましょう。

【タオル首枕の正しいやり方】
<用意するもの>
・スポーツタオル(首を2周くらい負けるもの。おおよそ長さが90〜130cmくらい)1枚
・家庭用輪ゴム 2本

<やり方>
1.スポーツタオルを広げ、4つ折りにしましょう。
2.タオルに2本の輪ゴムを通します。1本目のゴムはタオルを1周巻いた時に顎のあたりに来るよう、2本目のゴムはタオルの巻き終わりを通せる場所に来るように、通しておきます。
3.耳(左・右どちらでもOK!)の下にタオルの端を合わせ、そのまま前のほうからぐるっと一周し顎前に来る1本目のゴムに通します。
4.2周目は密着感を高めるために指で押さえながら、しっかり巻いていきます。
5.2周目のタオルの巻き終わりを2本目の輪ゴムに通しましょう。

もし輪ゴムがない場合、タオルだけで首枕を作っても良いそうです。外れないよう巻き終わりをしっかり内側部分へ織り込みましょう。

タオル首枕はどんなシーンにおすすめ?

タオル首枕は、首に負担をかける日常生活のあらゆる場面で活用することができるそうです。タオル首枕で理想的で楽な姿勢の気持ちの良さを身体に感じさせましょう!

【タオル首枕はどんなシーンにおすすめ?】

<デスクワーク・PC作業>
デスクワーク中、タオル首枕を使用し首を安定させることで背筋も自然と伸び、姿勢が良くなります。また、パソコン画面を見る時はできるだけ視線の角度が15度下になるように意識しましょう。

<飛行機・電車>
長時間同じ姿勢で過ごす交通機関内は、疲れも溜まりやすく、首の位置も不安定です。飛行機や電車に乗る時は首枕を活用しましょう。首の位置が安定し、ゆっくり眠ることもできますよ!

<運転中>
運転中は前方、左右と常に注意が必要なので前かがみ気味になり、首周辺の緊張も続きます。タオル首枕を使えば疲れを軽減させ、遠方まで運転する場合も負担を和らげてくれるそうです。

「なんだか最近調子が悪いかも…?」そんな風に感じたら、それは首姿勢からくる身体のSOSかもしれません!そんな時は、簡単にすぐできるタオル首枕で、リラックスしてみてはいかがでしょうか。

(※本記事は2018年4月21日に公開したものです。一部内容を変更し、再公開しています)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事