女性の薄毛対策!クリニックで行われている治療方法の種類とは?

女性の薄毛対策!クリニックで行われている治療方法の種類とは?

薄毛の悩みといえば男性に多いイメージがあるかもしれませんが、現在、薄毛で悩む女性はなんと600万人を上回るのだそうです。髪の毛は肌や体型を含め、第一印象を左右する重要な要素の一つ。自分の髪のお悩みを抱えている方は、是非参考にしてくださいね。

薄毛治療の流れについて

基本的に薄毛治療を扱うのは、皮膚科での診察になりますが、最近では女性専用の頭髪外来やクリニックも徐々に増えてきているそうです。ここでは薄毛治療までの流れについてご紹介します。

【薄毛治療の流れ】

1.カウンセリング
診療はカウンセリングからスタートします。病気の有無・服用中の薬・飲酒や喫煙習慣など生活習慣を主に確認していくそうです。なお、妊娠中や授乳中の方は治療を開始することができません。

2.写真撮影
カウンセリングを終えたら、頭頂部・額の生え際など気になる部分を中心に頭髪部分の写真を撮影します。

3.診察
専門医による診察(問診・触診)が始まります。抜け毛の量・頭皮の状態などを確認後、自分自身の症状に合った治療方法が提案されるそうです。

4.検査
血圧測定・血液検査などによって最終チェックが行われます。

5.治療
ようやく治療がスタートします。女性の場合、飲み薬・塗り薬を処方されることが多いそうですが、年齢やライフステージによって治療方法が異なると言われています。

薄毛治療の種類はどんなものがある?

薄毛治療は残念ながら病気としては認めてもらえないため、保険が適用されない自由診療と言われています。ただ、円形脱毛症の場合は、保険診療で行える治療法も用意されているそうです。

【薄毛治療の種類について】

<飲み薬>
ミノキシジルなどの有効成分や、ホルモンバランスを調整するタイプのお薬が処方されるそうです。

<サプリメント>
マルチビタミン・鉄・銅・亜鉛など髪に必要な栄養素をサプリメントによって補うそうです。処方されるサプリメントはドクターズサプリと呼ばれ、市販のものよりも含有成分の濃度が高いと言われています。

<塗り薬>
発毛成分のミノキシジルをメインに使用し、患者さんによって濃度が異なるそうです。

<点滴>
髪の成長に必要なアミノ酸やビタミン・ミネラルが高濃度配合された点滴治療。経口摂取に比べ、吸収率も高く即効性が期待できるそうです。

いかがでしたか?医療機関によっては無料カウンセリングを行っているところもありますので、髪の毛に対する不安をお持ちの方は、一度お近くのクリニックへ足を運んでみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事