不調別!女性ホルモンの乱れを整える「お助けレシピ」をご紹介

不調別!女性ホルモンの乱れを整える「お助けレシピ」をご紹介

女性に多い貧血・頭痛などの不調。少し意外かもしれませんが、これらの不調はホルモンバランスの乱れによる血行不良や代謝の低下なども原因として挙げられます。市販のお薬で症状を緩和する前にまずは自宅で気軽に実践できる食事療法からはじめてみましょう。

女性ホルモンの乱れを整えるお助けレシピ〜貧血編〜

カボチャの種にはホルモンバランスの乱れを整える「リグナン」をはじめ、鉄分・カルシウム・タンパク質・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンなどが含まれており、昔から貧血や低血圧の民間療法として使用されています。毎日大さじ1杯を目安に摂取するようにしましょう。

【お助けレシピ〜カボチャの種のオリーブオイル焼き〜】
<材料>
・カボチャの種 1個分
・片栗粉 大さじ1杯半
・オリーブオイル 大さじ1
・塩胡椒 適量

<作り方>
1.カボチャの種を水洗いし、わたを綺麗に取り除きます。
2.ボウルにカボチャの種を入れ、片栗粉・オリーブオイル・塩胡椒を加え、木べらでさっくり混ぜ合わせます。
3.クッキングシートの上に重ならないように2のカボチャの種を並べます。
4.170度に余熱したオーブンで約20分間加熱しましょう。(時々混ぜ、両面満遍なく焦げ目をつけることがポイントです。)

市販のカボチャの種を食べる場合、フライパンで軽く炒った後密閉容器で保存しましょう。冷蔵庫で約1週間ほど日持ちします。

女性ホルモンの乱れを整えるお助けレシピ〜頭痛編〜

生理前後はホルモンバランスの乱れによって新陳代謝が鈍り、体内の水分が過多になるため体が冷え、血流が滞りやすくなります。すると頭部にきちんと血液と酸素が送り込まれず、頭痛が引き起こされやすくなるのです。生理中の頭痛に悩まされている女性は血液をサラサラにする効果が期待できる万能野菜「玉ねぎ」を有効活用していきましょう!

【お助けレシピ〜新玉ねぎとツナマヨ入り高野豆腐サンド〜】
<材料>
・高野豆腐 2枚
・マーガリン 小さじ2
・新玉ねぎ 1/3個
・ツナ缶 1個
・スライスチーズ 2枚
・マヨネーズ 適量
・レモン汁 小さじ1/2

<作り方>
1.高野豆腐を水で戻し、手のひらでぎゅっと水気を絞ります。
2.高野豆腐を包丁で横半分にカットします。
3.フライパンにマーガリンをひき、高野豆腐の両面にこんがり焼き色をつけましょう。
4.ボウルにみじん切りにした新玉ねぎ・ツナ缶・マヨネーズ・レモン汁を加えて混ぜ合わせます。
5.高野豆腐にお好みでマヨネーズを塗り、スライスチーズと4のツナマヨを挟んで完成です。

いかがでしたか?体の不調は1日や2日で簡単に改善するものではありません。是非レシピを参考に早め早めのケアを心がけてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/

関連記事