美容好きの数だけ、マイ作法あり!【”私だけの美容術”を1000人調査】

美容好きの数だけ、マイ作法あり!【”私だけの美容術”を1000人調査】

VOCE20周年を記念して、1000人ネット調査で”マイ美容ルール”を探ってみた。涙あり流血あり笑いありの、リアルビューティ白書。

セルフ処置24時

NHKでやっているラジオ体操を始めてみたが、大人になってみると、かなりいい運動。毎日たった7分程度だけど、なまっていた筋肉が鍛えられるので、1年で6.7㎏体重がダウンした。(38歳・デザイナー)

不意打ちで人に会ったら、ひどいアホ毛は、ホッペに手を当てるふりして皮脂を取り、髪をなでつける。(33歳・販売)

無理矢理あくびをしてウルウル瞳で女子力アップ。(27歳・事務)

目を360度全方向に見開き、デカ目演出。(30歳・アルバイト)

宅配便のお兄さんがイケメンだった時、唇をベロベロ舐めて“エセツヤ感”を演出してみた。が、笑顔を振りまいた瞬間、唇割れて流血。(39歳・会社員)

超絶脱力メイクの日、会社の廊下で向こうから社長が!少しでも顔を引き締めて印象をよくしようと横を向いて顔をくしゃくしゃに縮めて顔ヨガをしていたら、そっちの方向に好きな人が立っていた。(26歳・アパレル)

Beauty Addict

★目指すは美容家・君島十和子さま
日に当たりたくないので、用事はできるだけ日が暮れてから。もし、昼間に出かけるなら夏でも絶対に長袖を着用、道を歩く時は常に日陰を選びながら日傘もさし、日焼け止めは2時間おきに塗り直すという生活を高校時代から続けている。(36歳・主婦)

★荒◯静香級
背中の美しさにこだわる友人。髪のトリートメントで背中があれたことがあり、その経験がトラウマになったようで、髪を洗い流す時は、イナバウアーで。(26歳・教員)

★コスメマニアの見解
私が「デコルテまでが顔だと思ってケアしているんだ」と言うと、友人は、「いや、足先まで顔でしょ」と。彼女はハイブランドの顔用コスメフルラインで全身をケアしているそう。負けた!(30歳・会社員)

★美容食フリーク
身体に良い食材はどんどん試してみる。今は、押し麦・玄米・ハト麦・青汁・コラーゲン・ビタミン剤・カスピ海ヨーグルト・納豆・タマネギ納豆・皮付きピーナッツ・ドライイチジク・レーズン・シナモン・生姜・ミューズリー・豆乳・煎り大豆・ヘム鉄……これらを毎日摂取している。書きだしてみて恐ろしいほど多いことに気がついて我ながらビックリです。(34歳・事務)

マイビューティ作法

★マフラー・ストールは禁止
真冬でも巻き物をつけないというのがマイルール。これを始めてからフェイスラインのニキビができなくなった。十数年前、ホルモンバランスのせいだと思ってあれこれ必死にケアしていたけれど、マフラーなどによる摩擦性のニキビだったみたい。クリニックに行ってよかった。(34歳・会社員)

★命がけ
義理の妹は、ミネラルウォーターで顔を洗う。海外旅行に行った時、「水道水で顔なんて洗えない」と、治安がよくない町にもかかわらず、深夜コンビニまで水を買いに行っていた。(29歳・事務)

★若さのためには大工事も辞さない
帰省するたびに母の顔が変わっている。母曰く、整形もアンチエイジングケアの一環だとか。目指すところが、石田ゆり子などの同世代からティーン世代の若い子になっているのが気になる。整形おばけになりませんように。(22歳・学生)

★テスターは必ず!
化粧品は購入前に絶対テスターを使うと決めている。一回使うだけでも肌にドンピシャリで合うと大きな変化が! その証拠にHAKUの乳液、SK-Ⅱと資生堂のアイクリームは、憎きシワを一日でやっつけてくれた。(32歳・フリーター)

★体重計をゴミ箱へ
体重が変わらないからと安心していたらボトムがきつくなったり、体重信仰はあてにならないので卒業! 思い切って体重計を捨てた。その代わり、毎日、お風呂上がりに全裸で鏡の前に立つことで贅肉から目をそらすことができなくなり、食べすぎを回避できるようになった。(33歳・SE)

★夕食抜き美容術
疲れていたり、風邪をひいている時など、体調不良時には夕飯を食べないというのが鉄則。以前は、栄養をつけなければと思っていたけれど、消化にかなりのエネルギーを使うと聞き、体をリセットするには食べないほうがいいという考えたワケで。これが大正解。夕飯を抜くとヨレヨレだった体調が翌日には回復します♪(32歳・デザイナー)

0円美容術

電車では吊り革レスでスタンディング。そのコアトレ効果でお腹がキュッ。パンツのサイズが9号から7号に。(25歳・航空関係)

会社イチの美人は、仕事中、常に口に割り箸を挟んでスマイル。顔の筋肉を鍛えられて若返るそうだが、巻き髪がゴージャスな風貌で割り箸くわえているのは、かなりシュール。(29歳・外資系保険)

キャベツには冷却効果あり!運動後や歩きまわった後にふくらはぎに“キャベツ湿布”するようになって1.8cmも細くなった。(29歳・事務)

タイプの男子とすれ違う時は、マフラーを上げて毛穴パックリの鼻頰エリアとほうれい線を隠して瞬間若返り。(36歳・受付)

野菜の皮や、切り落とした根本などを冷凍保存してある程度たまったらじっくりと煮出し、ベジブロスをつくります。味も美味しく、栄養もたっぷり! 毎日飲むようになったら、肌がキレイになったと大評判♪(25歳・保育士)

飲み会翌日のパンパンなブス顔を回避する方法を発見。それは、お酒を一杯飲むたびに一杯のお水を飲むようにするだけ。翌日のむくみやくすみがなく、二日酔いも回避!(32歳・銀行員)

毎朝、オフィスのある5Fまで階段を使うようになって3ヵ月。遠距離恋愛の彼と久しぶりにあったら「お尻が小さくなってビックリした!」と。(28歳・会社員)

納豆が入っていたパックに少量の水を入れて混ぜ、パックすれば、ツルツル肌に♪臭いは我慢すべし!(26歳・医療事務)

米のとぎ汁でパック!顔形マスクに染み込ませて肌にのせるのが毎日の習慣。透明感がかなり出て、炊きたての”米肌“に☆(30歳・会社員)

スキンケアの後、目と鼻部分に切り目を入れたラップを貼って1分待つだけで保湿力&保水力が10倍くらいに感じる。(20歳・学生)

※あくまでも個人の意見であり、効果を保証するものではありません。

イラスト/五月女ケイ子 デザイン/羽鳥光穂 取材・文/金子優子 協力/千田好美、岡崎邦子(マーケティングジャンクション) 構成/与儀昇平

関連キーワード

関連記事