【センスのいい“かわいい”がつくれる!】「進化形オレンジ」でワントーンメイク

【センスのいい“かわいい”がつくれる!】「進化形オレンジ」でワントーンメイク

今春気になるのは、オレンジや春バージョンのモーヴ、涼し気なミントブラウン。絶妙なカラーアイテムを取り入れてオシャレな顔になれる方法を、人気ヘアメイクGeorgeさんが教えてくれました!

センスのいい”可愛い”がつくれるオレンジ

「今春、心をわしづかみにされているのがオレンジ。質感が進化しているので、メイク感がありながらもヌケ感が出るんです。目元、頰、唇、すべてにオレンジを使ったワントーンメイクは大人の可愛さを引き出しながら、柔らかさと大人っぽいオーラも手に入ります」

メイクのポイント♡

アイホールにA①を塗り、A③を二重幅に。「目尻側の二重幅より少し上にA②を。目を開けたときに見える位置だから、全体にオレンジをつけなくてもオレンジがほどよく生きるんです」下まぶたの目頭以外にA②を太めに入れ、目頭にA①を細く。

「リップは指でポンポン塗り。チークは頰にチョンチョンと2ヵ所つけ、指でのばしてからスポンジでさらになじませて」

使ったのはコレ!

「オレンジとカシスブラウン、ハイライトと肌になじむ色だけの構成が優秀!」
トーンアップアイシャドウ 06 ¥580/セザンヌ化粧品

「指で軽く発色させるのが気分」フロスティなマットオレンジ。
ルージュ アリュール インク 164 ¥4200/シャネル

「ナチュラルな血色を。つけすぎには注意して」レンガ色のシルキーなリキッドチーク。
リキッドブラッシュ 5159 ¥3400(限定品)/NARS JAPAN

こちらもチェック!
【イガリ流アラサーメイク】目指すべきは「+2歳」の大人顔!?
【マットブラウン×ツヤブラウン】質感ミックスでホリ深美女に!

撮影/岩谷優一(vale.)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/川﨑加織 モデル/藤野有理 取材・文・構成/鬼木朋子

関連キーワード

関連記事