梅雨までにしておきたい!湿気で髪が広がるのを防ぐヘアケア

梅雨までにしておきたい!湿気で髪が広がるのを防ぐヘアケア

湿度が多い梅雨や、雨が降ると湿気により髪の毛が広がってせっかくヘアセットをしても台無しになってしまいますよね。湿気に負けない健やかな髪の毛になるためにも、毎日行いたいヘアケアのポイントをおさえておきましょう!

湿気で髪の毛が広がるのはダメージが原因!正しいヘアケアを

梅雨の時期や雨が降ったとき、湿気によって髪の毛が広がりどうにもならない…と悩んでいる方も多いはず。そもそも、湿気で髪の毛が広がってしまう大きな原因はダメージによるものだと言われています。

ダメージが加わった髪の毛は、髪の表面を覆うキューティクルが剥がれ落ち、髪の毛に必要な栄養が抜けているため、外部からの刺激を受けやすい状態。雨などの湿気により空気中にある水分が髪の毛の中に入り込んで膨張してしまうことで広がりやすくなるのです。

ダメージを補修するヘアケアで湿気に負けない髪の毛へ

湿気により広がらない髪の毛にするためには、 髪の毛を傷ませないことが最も重要です。かといってダメージが蓄積された髪の毛を完璧に補修するのは難しいですよね… そのため、毎日のヘアケアで髪の毛に潤いを与えていきましょう。

シャンプーをする前にはブラッシングをして髪の毛についたほこりや汚れを落としておき、頭皮を中心にたっぷりの泡で包み込むように洗っていきます。ダメージケアに特化して作られたヘアマスクやトリートメントを毛先にたっぷり塗り込んで、ホットタオルやヘアキャップを付けて浸透力を高めてあげるのも効果的ですよ。

しっかり洗い流したら、タオルでゴシゴシ擦らずに包み込むようにタオルドライをしてドライヤーの前後に洗い流さないトリートメントを付けて熱から守ってあげましょう。ドライヤーで乾かしたあとは冷風を当ててキューティクルをきゅっと閉じることで広がりにくくなりますよ。

ドライヤーやヘアアイロンでヘアセットをするときに髪の毛が絡まったままだとダメージの原因になるため、きちんとブラッシングをして髪の毛の絡まりをよくほどいておくことも大切です。

また梅雨の時期はジメジメして汗をかきやすいため、額の汗が前髪をうねらせてしまいます。柔らかいハンカチやタオルでこまめに汗を拭き取ることを心がけてくださいね。

ダメージをケアすることが湿気に負けない髪の毛になる近道!

ヘアケアのほかにも、外出するときには帽子や日傘、日焼け止めスプレーなどで髪の毛の紫外線対策も忘れずに。日々のヘアケアの積み重ねで湿気に負けない髪の毛を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事