お風呂上がりのボディケアで触りたくなるもっちり肌に近づける!

お風呂上がりのボディケアで触りたくなるもっちり肌に近づける!

これから薄着になり肌を出す服装が増えてきますが、ボディが乾燥してザラザラしていませんか?ボディケアは面倒なようでも、お風呂上がりにパパッと済ませる習慣をつければ、もちもちしっとりの艶肌を手に入れることができますよ。

お風呂上がりこそが絶好のボディケアタイム

寝る前にボディケアをしているという方も少なくないはず。ですが、お風呂上がりは体温が一気に下がり、水分が蒸発して急激な乾燥を招いてしまうため、寝る前まで持ち越さずお風呂から出てすぐにボディケアをするといいと言われています。

お風呂上がりにタオルで身体を拭いて、そのまま肌に何もつけないでいるとみるみるうちに乾燥してパリパリの肌になってしまう場合もあるため、お風呂上がりの速攻ボディケアでぷるぷるもちもちの肌をつくっていきましょう!

お風呂上がりのボディケアはとにかく速攻保湿が命!

お風呂から出てひと段落してからボディケアをすると身体が冷えてしまうので、バスルームにお気に入りのボディオイルを持ち込むと良いでしょう。お風呂上がりのボディケアは、できる限り10分以内に終わらせると効果的です。

濡れた肌に適量のオイルを塗り込んでおくことで、ボディローションやボディクリームなどに含まれる美容成分の浸透力が高まります。

オイルを塗ったあとは、顔に使っている化粧水をスプレーボトルに移し替えたものを用意しておき、顔や身体の全身にスプレーしてから手のひらで馴染ませていきましょう。スプレーなら届きにくい背中のケアも簡単にできますよ。

仕上げはボディクリームの油分で潤いに蓋をしつつ、リンパマッサージをしてむくみを取り除きます。太ももの付け根、膝の裏、足首などは特にむくみやすいため念入りにマッサージをするといいでしょう。乾燥してごわつきやすい膝や肘はボディクリームを何度か重ね塗りしてからラップでパックをするとしっとりしておすすめです。

また、身体を洗うときにはたっぷりの泡を立てて摩擦や刺激を与えないように丁寧に洗ったり、保湿力の高い入浴剤を入れたぬるめのお湯に浸かるのも乾燥予防につながりますよ。

継続したボディケアで憧れのぷるぷる艶肌に

オイル→化粧水→ボディクリームの順に肌のお手入れをすることで、次第になめらかでもちもちの肌になっていくはずです。ボディケアがストレスにならないためにも、お気に入りのボディケアアイテムを見つけて、毎日継続して行ってみてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事