パスタで痩せる?炭水化物でも食べ方次第でダイエット効果が!

パスタで痩せる?炭水化物でも食べ方次第でダイエット効果が!

パスタはたくさんの食べ方があって、おしゃれ女子の定番メニューですよね。炭水化物を代表するパスタは「太りやすい」イメージが強く、量や頻度を気にする人も多いでしょう。でも実はパスタは食べ方次第で、ダイエット効果もあるのです!

炭水化物のパスタでダイエット?その効果とは?

パスタと言えば炭水化物の代表格。スタイルを気にする女性にとっては、食べた後の代償を考えて敬遠する人も少なくないでしょう。ですが実は意外にもパスタは食べ方次第で、ダイエット効果もあるというのです!

パスタは炭水化物の中でも、血糖値の上昇を抑える低GI食品と言われています。血糖値の上昇は、インスリンの分泌量を増やして脂肪を溜め込んでしまうため、「太る」ことに直結しやすいやっかいなもの。たとえば同じ炭水化物の白米だと、消化のスピードが早いため血糖値が上昇しやすい特徴があります。

またパスタは白米よりも硬いので、噛む回数が多くなります。これは満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ効果もあるのです。

また、意外に思うかもしれませんが、実はパスタには食物繊維が含まれています。なかでも低糖質パスタなどには、より多く含まれているので、腸内環境を整えて便秘解消にも有効と言われています。

パスタダイエットのやり方

パスタのダイエット方法は至って簡単。1日3食のうち、1食をパスタに置き換えるだけ。合わせるソースや具材も豊富なので、飽きにくく、栄養バランスを補いやすいのもメリットです。

パスタのカロリーは1人分の100gあたり、おおよそ365kcalと、お茶碗一杯の白米の約250kcalと比べても高めです。ですが、パスタの満腹中枢を刺激する働きをうまく利用して、半分の量でダイエットする方法もあります。

前述の通りパスタは低GI食品のため、腹持ちも良いとされています。食べ過ぎを防げるのもダイエットに向いていますよね。

また、全粒粉パスタであれば、ビタミンやミネラル、鉄分、さらにマグネシウムなどが普通のパスタよりも多く含まれているため、栄養バランス的にもオススメです。

パスタ好きには嬉しい効果ですが、もちろん食べ過ぎは絶対NGです!パスタでおいしく痩せていきましょう!

(※本記事は2018年4月12日に公開したものです。一部内容を変更し、再公開しています)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事