なぜみんな朝にコーヒーを飲むの?便秘にダイエットなど意外な効果も

なぜみんな朝にコーヒーを飲むの?便秘にダイエットなど意外な効果も

朝食を摂らない人もコーヒーだけは飲む!という人がいるほど、朝のコーヒー習慣はごくあたりまえ。ですがその効果よりも気分という感覚で飲んでいる人がほとんどではないでしょうか。朝にコーヒーを飲むメリットとは、一体何でしょうか?

朝のコーヒーで目覚めも便秘もスッキリ?

まだ眠り足りない朝。体に染み渡る温かいコーヒーは格別ですよね。そんなコーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があることから、スッキリと目を覚ます効果が期待できます。これは朝コーヒーを飲む最大のメリットと言っても過言ではないでしょう。

カフェインであればほかの飲み物でもよいのでは?と思うかもしれませんが、100mlのコーヒーにおよそ50mgのカフェインが含まれていて、覚醒作用を得るにはちょうど良い量なのだとか。

ただし、コーヒーを飲んだ直後に眠気が取れるわけではありません。摂取したカフェインが血流に乗って脳に届くまでには30分程度かかります。ですので家を出る前に飲めば、会社に着く頃にはスッキリしていることでしょう。

また意外と知られていないのが、便秘の解消効果。実はカフェインには胃液の分泌を促す効果もあり、食べ物の消化と栄養の吸収をサポートしてくれます。さらにコーヒーに含まれるオリゴ糖によって腸内環境を整える作用もあるのだそう。

毎朝のコーヒー習慣で、いつのまにか便秘が解消されていた!ということも少なくありません。朝の便通を促す観点からも朝のコーヒー習慣はとても有効なんですね。

朝のコーヒーで1日の代謝を高める!ダイエットにも効果が?

またコーヒーに含まれるカフェインには、ダイエットの効果もあると言われています。脂肪分解を促進したり、エネルギーの消費を高める働きがあることから1日の始まりにコーヒーを飲むことで、1日の代謝を高くすることに役立ちます。

さらにコーヒーには、ストレスを緩和させるリラックス効果もあるので、朝落ち着いた気持ちで1日をスタートさせるのにも適しています。

朝飲むコーヒーにはさまざまなメリットがあることがわかりましたね。健康に、ダイエットに、リラックスに。朝のコーヒー習慣、まだの人はぜひ試してみてください。

関連記事