女性の約7割が悩んでいる! ピップマグネネック担当者に聞く、首コリの秘密

女性の約7割が悩んでいる! ピップマグネネック担当者に聞く、首コリの秘密

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもち...

商品やサービスを通じてSpark(ときめき&ひらめき)を発信している、働く女性をクローズアップする連載『プロジェクトS 』。“S”はもちろん“Spark yourself!”の頭文字です。商品制作の舞台裏や仕事に対する想いなどをインタビューしていきます。企画や研究開発に携わる同世代の彼女たちから、仕事を楽しむヒントやコツが得られるはず!

 今回はピップ株式会社のプロダクトマーケティング部で、マグネループシリーズを担当する角有沙子さんにインタビュー。ピップ初の首すじ専用設計の磁気治療器、「ピップマグネネック」の誕生秘話から、現代女性が抱える首コリの悩みを紐解いていきます。

 撮影/高橋真人

悩みが多い「首すじ」を直接ケアする

ーまず最初に、製品誕生の経緯を教えてください。

〈角〉2015年あたりから開発を進めました。首すじのコリを感じている方にお話を伺うと、肩コリよりも首すじのコリのほうが頭痛などに繋(つな)がるような、より重い症状が出ていることが分かりました。ですが、湿布だとにおいが気になるし、髪の生え際だからケアしづらいなどという消費者の声を聞き、首すじケアに特化した商品の必要性がみえてきました。そこで貼り物でも塗り物でもない商品開発を手がけることになりました。

ー特にこだわった点はどこですか?

〈角〉シーンを選ばず使える、取り外しがしやすい、使い勝手の良い形状を意識しました。仕事中や家事の間に首にはめているだけでケアできます。なかなか時間をかけてケアできない、忙しい女性にぜひ試していただきたいです。

ー磁気はどのような効果があるのでしょうか?

〈角〉スマホの使用やデスクワークなど、長時間同じ姿勢を続けることで硬くなった首の筋肉は血管を圧迫し、血流が滞ることで老廃物が蓄積します。この老廃物が筋肉の神経を刺激してさらに筋肉が緊張し、コリの悪循環に陥るんです。ピップマグネネックの磁気は体内の細胞に働きかけて、筋肉内の血行を改善して老廃物を流すことでコリをほぐしていく仕組みです。薬剤を使わず血行をよくするので、最近では安心して使えるといったお声もいただくようになりました。

ー開発期間中に苦労したことは何ですか?

〈角〉どんな女性の首にも合う形状でありながら、ずれ落ちないように形の細かい部分を詰めていくのが大変でした。実際にはめてみるとキツすぎたり、逆にゆるすぎたり、知らないうちに床に落ちていることも(笑)。形状記憶材料の検討をしたり、首すじにフィットするように角度を変えたりと、開発担当者と何度もやりとりをして調整していきました。

ー女性向け商品にしたのはなぜですか?

〈角〉実は女性のほうが首がコリやすいといわれています。首は女性のほうが男性より平均5cmほど細く、筋肉量も少ないので、男性に比べると女性のほうが首コリを感じやすいという実態があります。また、20代〜40代の女性にアンケートを取ると、その首コリの原因をスマホの使用と考えている方が年々増えていることがわかりました。私たちはまっすぐな姿勢の時は、約6kgの荷重が頭を支えるために首や肩にかかっているのですが、スマホの使用時は前傾姿勢になりますよね。そうすると、なんとその荷重が通常時の4倍以上、約27kgになるといわれているんです。その重さを長時間、女性は細い首で支えていることになりますから、コリますよね(笑)。今後は男性向け商品も検討したいと思っていますが、まずは仕事でPCをよく使用したり、スマホが手放せない若い女性の悩みに応えたいと進めました。

ーユーザーからはどのような声が上がっていますか?

〈角〉ピップマグネネックは全体から磁気を放射していますが、首すじにあたる部分には180ミリテスラの4粒の大型円錐磁石が入っています。大粒の磁気が直接首すじにあたるので、短時間でも首すじがじんわり温かくなるのを感じていただいています。首コリを放置しておくと、頭痛や腕のしびれ、痛みを引き起こすこともあるので、手軽に始められるケアとしてピップマグネネックのような磁気治療器を取り入れていただきたいです。

ー今後の展開はどのようにお考えですか?

〈角〉マグネループブランドは30〜50代のユーザーが多いのですが、“スマホッ首”に対するアプローチにより若い層からの反応もあるので、これからどんどん取り込んでいきたいと思っています。また首コリに特化したものは少ないので、首コリ=マグネループブランドのイメージが強くなればいいなと思います。


首コリの症状は昔からあるものの、スマホやPCの長時間使用によって20代〜30代の若い女性も首コリを強く認識するようになりました。首コリから頭痛を感じている人は約5割、腕の痛み・だるさを感じている人は2割以上いるという調査結果も出ています。重症化する前に、運動や血行改善に努めながら、まずはツールを使った簡単なケアから始めたいですね。

ピップマグネネック
http://www.magneloop.com/

次回は働く女子の必須アイテム、着圧レッグウェアブランド「スリムウォーク」を徹底解剖します!お楽しみに!

関連キーワード

関連記事