お疲れ肌にはスキンケアよりインナーケアでのお手入れが大切⁉︎

お疲れ肌にはスキンケアよりインナーケアでのお手入れが大切⁉︎

睡眠不足やストレスなどにより、肌の調子が悪いと悩んでいませんか?スキンケアをしっかりしているのに、肌の調子がなかなか良くならない方は、インナーケアを見直してみることをおすすめします。内側からお手入れをして、健やかな肌を取り戻しましょう!

肌の調子が良くないままなら、インナーケアを見直して!

スキンケアをしっかりしていても肌が乾燥してごわつく、美白ケアをしているのに肌のくすみが気になる…などという方は、スキンケアだけでなくインナーケアにも力を入れていくことをおすすめします。基礎化粧品を新しく買い直す前に、まずは毎日の日常生活を見直していくことからスタートしてみませんか?

お疲れ肌を解消するためのインナーケアって?

食べたものが肌に影響することは、多くの方がご存知ですね。スナック菓子やインスタント食品、ジャンクフードや脂っこい食事をしている場合、まずは栄養バランスの整った食事にシフトしていきましょう。

ヘルシーでビタミンたっぷりの野菜や、良質なタンパク質を取り入れた食事を心がけましょう。揚げ物よりも蒸したり茹でたりする調理法がおすすめです。また、水分は、1日2リットルを目安に体を冷やさない飲み物を飲むといいでしょう。朝は常温のミネラルウォーター、昼はホットコーヒー、夜はリラックス効果の高いハーブティーなど、自分好みの温かい飲み物を飲むとストレスなく水分補給ができますよ。

そして、欠かせないのが質の良い睡眠をたっぷり取ること。睡眠をきちんと取ることで、細胞の修復がスムーズになり、若返り効果が期待できるホルモンの分泌が活発なるため、疲れた肌をサポートしてくれます。アロマを焚いたり、温かいハーブティーを飲んだりして入眠しやすい環境を整えてあげることも大切です。

インナーケアを見直したところで、スキンケアも忘れずに行いましょう。お疲れ肌には、肌に潤いを与えるセラミドやヒアルロン酸、ハリや弾力を与えるコラーゲンやプロテオグリカンなどが含まれた化粧水や美容液を、たっぷり馴染ませてあげるといいですね。週に1〜2回はスペシャルケアとして、シートマスクをするのも効果的。インナーケアとスキンケアを両立させることがお疲れ肌を解消させる近道ですよ!

インナーケアとスキンケアを両立させて上向き肌に

スキンケアだけをしっかりしていても、栄養バランスの偏った食事や睡眠不足などが続いていると、なかなか肌の調子が良くなりません。野菜やタンパク質をたくさん取ることや、質の良い睡眠時間を確保して身体の中からケアをしていきましょう。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事